スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
DEADLOCK
2007-07-28 Sat 01:12
英田サキ 著 イラスト 高階佑  徳間キャラ文庫
『DEADLOCK』 2006年9月発行
『DEADHEAT』DEADLOCK2 2007年2月発行
『DEADSHOT』DEADLOCK3 2007年6月発行

角川さんの限定カバー作戦に乗ってしまった『そして春風にささやいて』に続いて、徳間さんの小冊子作戦でもう一冊買ってしまったのがこのシリーズ最初の『DEADLOCK』。いつも通ってる書店さんで、平積み最後の一冊だったのを見たら誘惑に勝てずについ(笑)
ニューヨークで麻薬捜査官をしていたユウト・レニックスは、ある日突然同僚殺しの容疑で捕らえられた。冤罪を訴えるが認めらず、15年の実刑を受ける事になったユウトに、FBIが接触して来た。刑務所に潜伏しているテロリストを探し出せば、交換条件として刑務所から出してやると言うのだ。

様々な罪状で収監されている様々な人種の受刑者達。黒人グループのリーダーで暴力的なBB、刑務所内で商売をする気さくなミッキー、思いやりのあるネトと弟のトーニャ、落着いて理知的なネイサン、そして無愛想だが腕が立って皆の信頼も得ているユウトの同室者ディック・・・。偽名を使って受刑者になっているコルブスなるテロリストは、背中に火傷の跡があるという。果たしてユウトはコルブスを探し出すと事が出来るのか。

BBに目を付けられ度々災難に遭うユウトを気にかけてくれるディック。ユウトは次第に彼に惹かれていくのだが、彼の背中には火傷の跡が・・・。そして刑務所内の人種対立が暴動に発展する中で、ユウトはネイサンとディックの秘密を知る事になる。CIAの密命を受け、自らも偽名を使ってコルブスであるネイサンを追っていたディック。FBIの側であるユウトとは対立関係になるが、それと知りつつも二人はお互いの想いを確かめ合う。だがそれが二人の別れの時でもあった・・・。

暴動に乗じて脱獄したコルブスと、彼を追って行ったディック。一方、真犯人逮捕で刑務所を出られたユウトは、刑務所で接触したコルブスの情報を持つことでFBIの捜査官に採用される事になった。本名も知らぬまま別れたディックとも、コルブスを追っていれば必ず会えるはず。そして、ディックを殺人者にさせない為にも、彼より先にコルブスを見つけ出し捕らえなければならない。その想いを胸に、ユウトのコルブスを追う新たな闘いが始まった・・・。
ここまでが『DEADLOCK』のあらすじ。そして2巻以降は、FBIの捜査官として犯罪学者のロブという協力者と共にコルブスを追うユウトと、過去に仲間を殺された復讐を胸にCIAの人間としてコルブスを狙うディック、そして二人に挑戦するようにテロを企てるコルブスとの、ある種三角関係の様な緊迫した物語が繰り広げられて行きます。

昨年初めて『DEADLOCK』を読んだ時は、途中までBLであることをすっかり忘れて読みふけってしまいました。この物語、ユウトとディックがBLな関係ではなくて、ライバル意識の中に友情とシンパシーを感じる関係に留まっていたとしても、充分に面白いのではないでしょうか。BLキャラとしてはユウトより椎葉の方が魅力的だけれど、お話としては『エス』より好きかも知れません。

それに『DEADSHOT』で敵役のコルブスの生い立ちを謎解きのように入れたことで、彼の存在の切なさが描かれたのも良かったです。コルブスという名さえ本名ではなかった彼が、本当の自分をユウトに知って欲しかったのではないか、という事。そしてユウトも、ディックを殺人者にさせない為だけでなく、コルブス自身の為にも彼を助けたかったのではないかという事。そして、追う者追われる者として、互いを必要としていたかのようなディックとコルブスの関係の中にも一種の情愛を感じました。ラスト、ユウトが問いかけるディックへの言葉、私はコルブスの為に泣きました。

ところで、最初に書いた『DEADLOCK』の小冊子は、懲罰房から帰ったユウトから麻薬捜査官だった事を告げられた直後のディックの気持ちを綴ったお話です。物語の結末を読んだ後だと、何だか懐かしいような気持ちになります。それにしても、あのシェルガー刑務所って、殺人犯とかも収監してる刑務所なのに、学生寮みたいですよね。アメリカの刑務所ってあんなに囚人任せの自治なんでしょうか? あれじゃユウトやマシューが簡単にレイプされり、殺人や暴動が起きても仕方ないような気が(^^;)
スポンサーサイト
別窓 | 英田サキ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<久々の初読み作家さん | ホーム | 再読・そして春風にささやいて>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。