スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
再読・そして春風にささやいて
2007-07-22 Sun 18:54
ごとう しのぶ 著 イラスト おおや和美
角川ルビー文庫 1992年4月発行 (2007年5月 29刷)

1992年12月の角川ルビー文庫創刊以前分はスニーカー文庫より発行。
小説JUNE1987年2月号掲載の表題作の他「若きギイくんへの悩み」(小説JUNE87年4月号掲載)、「June Pride」(小説JUNE87年6月号掲載)、「それらすべて愛しき日々」(小説JUNE88年6月号掲載)、「BROWN」(89年12月同人誌掲載)を所収。

去年書いたように小説JUNE10号(1984年12月)に「季節はずれのカイダン」(ルビー文庫「FAREWELL」(1993年)に改訂版所収)が掲載されてから20年以上続いているタクミくんシリーズの文庫版第1巻です。私が持っていたのは、古書店で買ったスニーカー版なんですが、この夏、角川文庫夏の100冊として限定カバーで発売になったので、ついまた買ってしまいました。
人里離れた奥地にある全寮制男子校私立祠堂学院の生徒である葉山託生(タクミ)は、高校2年の新学期を迎え、クラスメイトでもあるギイこと崎義一と寮で同室となった。ギイいわく“人間接触嫌悪症”という通り対人関係が苦手で自分の殻に閉じ籠っているタクミとは反対に、学校中の人気者であるギイは人望を集める人柄で級長も務めていた。

そんなギイとタクミが接近する事を快く思わない高林泉とその取巻きは、何かとタクミに突っかかって来た。その挙句、タクミとギイは取巻きたちに今は使われていない音楽堂に閉じ込められてしまう。人との接触を避けたいタクミだが、この非常事態にギイと二人で脱出するために協力し合わなければならない。おまけにギイから思わぬ告白をされ、動揺するタクミだったが・・・。
この表題作ではキス止まりですが、親兄弟からも愛された実感がなかったタクミくんが、半信半疑ながらギイの想いを受け入れる事で、他者との関係への一歩を踏み出すお話です。このジャンルに「ボーイズラブ」という名前が付く以前の作品ですが、JUNE誌に掲載されながら、古典的JUNE作品とは一線を隔す、というか「ボーイズラブ」への分岐点となった代表的な作品ではなかろうか、と個人的には思っています。

最近の大人が主人公のBLを読んだ後だと、何とも面映いような昔の乙女チック少女漫画を彷彿とさせるような気恥ずかしささえ感じますが、携帯が無かった時代の高校生活や恋の初めの緊張感が懐かしくもあります。

「June Pride」で主人公二人は一応めでたく結ばれ、その事がきっかけになって、タクミくんを“人間接触嫌悪症”に追い込んでいた亡き兄への思いも吹っ切れていきます。ギイはタクミくんにとって、閉ざされていた心の扉をこじ開けてくれた救世主でもありました。他者への想いが、破滅に向かう執着ではなくて、希望や成長につながる深い情愛として描かれることは、人間関係、特に恋愛関係において、時に理想的過ぎてファンタジーの領域なのかもしれません。でも、あえてそれを描くのが「ボーイズラブ」なのだと思っているので、このタクミくんシリーズ1巻はBLの原点をきっちり押さえた作品ということになります。そんな所が、古典的JUNE作品との違いかな、と思っています。

角川タクミくんシリーズHPでも紹介されますが、珍しく画像を置いてみました。
下の左がスニーカー文庫以来のカバーで、右がこの夏の限定カバーです。15年経っていると、おおや和美さんの絵もだいぶ変わってますね。二人とも可愛らしくなってる感じです。特にギイ、若返ってます。

sosite1 ssosite2

しかし角川文庫夏の100冊、何故にルビー文庫からもチョイスしてるの? 映画化されるというのもビックリでしたが、商売の為とはいえBLを何処へ導いて行く気なのでしょうか角川書店・・・。ルビー文庫にも「角川文庫発刊に際して」が載ってますが、草葉の陰の角川源義さんはどう思っておられるでしょうね。まあ、すっかり乗せられて限定カバー本まで買ってる奴が何を言っても始まりませんが(^^;)
スポンサーサイト
別窓 | ごとうしのぶ | コメント(2) | トラックバック(1) | ↑top
<<DEADLOCK | ホーム | 逃避行動としてのBL読書>>
コメント
こんにちは~♪

>何とも面映いような昔の乙女チック少女漫画を彷彿とさせるような気恥ずかしささえ感じますが、携帯が無かった時代の高校生活や恋の初めの緊張感が懐かしくもあります。

すっごくわかります!!
この緊張感に、乙女は胸をドキドキさせるんですよね~♪
夏の、の方の表紙絵を見ると、また買いそうになってしまうんですよね。
あぶないあぶない(笑)
2007-07-28 16:51 | URL | 霜月うまれ #mQop/nM. | [内容変更]
霜月うまれさん、こんばんは!
この乙女な緊張感を、近頃はもっぱらBLでしか味わえなくなっているので、
こういう作品も貴重です。
「夏の百冊」各書店では目立つ所に平積みしているので、ついついタクミくんを探してしまいます。私も最初は買うつもりじゃなかったんですが、限定とか言われたらつい(笑)
しかし集英社の「ナツイチ」にはコバルトからのラインナップはなかったと思いますが・・・。
でもナツイチ『人間失格』のカバー絵が小畑健さんでした。あれはどう見ても黒髪詰襟のライト君です。
2007-07-29 02:25 | URL | ヒトコ #hHr8eLEw | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
檻の外 (Holly Novels)
檻の外 (Holly Novels)
喜多川の愛は、まるで母親の後を必死に付いて回る雛鳥のように無垢で、それゆえに痛々しい。だけどその痛々しさが、堂野を惹きつけてやまなかったのでしょう。この本のラストほど、幸せに溢れたBLは読んだことがありません。悲しいのに、痛いのに、嬉しくて涙が止まりませ
さくらの日記 2007/10/04 06:06
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。