スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
牛泥棒
2007-07-19 Thu 03:46
木原音瀬 著 イラスト 依田沙江美
蒼竜社ホリーノベルズ2007年7月発行

昨年10月の『リベット』以来、やっと木原さんの作品を読む事が出来ました。これまで読んだ木原作品とは随分と趣の違う、明治時代の主従モノです。
地方の造り酒屋の長男である佐竹亮一郎は、上京して帝国大学で植物学を修め、家業は継がずに大学で助手をしていた。東京の住まいには、女中の他に乳母の息子である徳馬を実家から連れて来ていた。亮一郎より少し年長の徳馬は、ある事情から口がきけなかったが、幼い時から亮一郎の側にいて、使用人ではあっても共に学校へも通ったのでそれなりの学問も身につけていた。自分の生活習慣や性格を理解し、大学の仕事の手伝いも出来る有能な使用人。しかし、徳馬を伴って上京した本当の理由は別にあった。亮一郎は密かに徳馬に想いを寄せおり、常に側に置いておきたかったのだ。

そんな云うにいわれぬ想いを抱きつつ東京で暮らす亮一郎に、実家の火災による家族の死という思わぬ災難が襲いかかった。そして、実家で働いていた母をこの火災で亡くした徳馬から、東京には戻れないと暇を願い出られ、亮一郎は想いを隠せなくなった。そんな折、地元の祭事に使う牛を徳馬が盗んだという疑いをかけられるのだが、それには徳馬だけが知る深い事情があった・・・。
それにしてもこのタイトル、そのものズバリである意味わかりやすいですが、何ともBLにあるまじきとも云えるタイトルですので、返ってどんなお話なんだろうと興味を引きました。そして明治モノに加えて、冒頭からいきなり異界の者が登場したりする百鬼夜行抄的な雰囲気も、これまで読んだ木原作品と全く違っていて、それがかえって個人的には色んな先入観を取払って物語りに入り込めて助かりました。木原さんの作品は、やっぱり小説として面白いです。おかげで『リベット』ショックが吹っ切れたようで、積読木原作品も順次読めそうです。

木原さんがよく作品の中に描く、相手を追い詰める様な人間のエゴイスッテクな部分。この作品では、亮一郎の我が儘な性格に多少は現されていますが、人間たちよりもアヤカシとなったものの情念として描かれている方が印象にのこるので、全体的にはわりと軽めに感じます。

ひたすら亮一郎に従っているような徳馬が、時には嫉妬心から彼を疑ってしまう事もありますが、亮一郎は徳馬を信じています。それを知って自分の猜疑心を省みる事が出来る徳馬も、基本的には真直ぐな性格です。色々災難は降りかかりますが、ハッピーエンドなお話です。

でも、亮一郎の気難しさや徳馬への執着、それに対する徳馬の自己犠牲的な献身というのは、明治モノだからこそ有り得る主従関係と妖魔の存在する世界を通して見るとすんなり受け入れられるけれど、よく考えたら結構怖いところもあるのかもしれません。
スポンサーサイト
別窓 | 木原音瀬 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<逃避行動としてのBL読書 | ホーム | いつわりの薔薇に抱かれて>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。