スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
仕事帰りの書店にて・・・。
2007-06-19 Tue 22:21
先週末の仕事帰り、いつもの様に職場近くの書店に寄って、『のだめカンタービレ』18巻と、BBN新刊の英田サキさん『いつわりの薔薇に抱かれて』を買いました。今、リブレ1周年記念フェアとして「キャラ名刺プレゼント」というのを実施しているんですね。そんな事ちっとも知らなかったので、書店のカウンターでいきなり「どれか1枚お選び下さい」と名刺を広げられ、動揺して思わず「いりません・・・」と速攻でお断りしてしまいました(笑) どんなキャラの名刺があったのか見る余裕さえありませんでしたので、後でこちらで確認しました。読んだ事あるの山田ユギさん「誰にも愛されない」と鈴木ツタさん「この世、異聞」だけでしたが、日下の名刺ならちょっと欲しかったかも・・・。

しかし今ではだいぶ慣れたとはいえ、BL本を書店のレジカウンターに出すだけでも結構緊張するのに、ビックリしましたわ(^^;) そして、リブレさんにビビらせられたのはこれだけはありません。いつもおじゃましてるblogさんでも話題になってましたが、アンソロジー「エロとじ」・・・。発売予定の情報が出たとき、英田さん、榎田さん、木原さんと、気になる作家さんが名を連ねていたので、タイトルはアレだけどちょっと楽しみにしていました。が、BBN新刊の近くに平積みされた現物って・・・。これを、これをレジに持って行けと言うんですか、リブレさん!? これは何か、その勇気がある読者だけに読む事を許す、という踏み絵の様なものでしょうか、リブレさん(笑) ごめんなさい。思わず後退りしそうになった私に、読む資格はありません・・・。

コミックコーナーに「エロほん」も平積みされてましたけど、「エロとじ」を見た後だったので衝撃度はさほどでもなかったです。まあ、手に取る事は出来ませんが・・・。でも、昨日またこの書店に寄ったら、「エロとじ」の平積み低くなっていました。我が地元にもつわものはいるのですね。

で、昨日は何を買ったかというと角川の雑誌「The Ruby VOL.2」です。これってVOL.1が出たの昨年秋でしたが、季刊にしても半端だし、不定期刊行なのか、年2回なのか、どうなんでしょうね。まあ、それはさておき、何故これを買ってしまったのかというと、「映画化決定!!『タクミくんシリーズ』」という表紙を見てつい(^^;) だってそう言われたら気になりますよね、やはり。だから買ったのに「くわしい情報は、ルビー文庫の挟み込みチラシ、雑誌CIELなどでお知らせしていますので、チェックしてね!」って、表紙に書いといて、その仕打ちは何なんですか、角川さん(怒)

それにしても、映画化するんですね。実写なんでしょうね・・・。この夏には『そして春風にささやいて』が毎年恒例"夏の百冊"として表紙も新たになって発売されるそうです。シリーズ最初のこのお話が高校2年の新学期で、「The Ruby VOL.2」掲載のお話で、やっと3年生の長い夏休みも終わって2学期に突入しました。この作品が小説JUNEで発表されてから20年くらい経つんですが、当時はここまで長く続く(物語時間1年半が)とも、映画化される日が来ようとも思わなかったでしょうね。

この日はもう1冊、今市子さんの『夜と星のむこう』1巻(少年画報社)も買いました。まだ読んでないんですが、BLじゃないのかな。でも楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
<<木原さんの積読本がまた増えた。 | ホーム | 腐女子マンガ大系>>
コメント
初めまして。
私もThe Rubyを買いました。
どのタイミングで出るのか分かりませんよね…
待ち遠しかったです。
2007-06-20 19:16 | URL | 刹那 #- | [内容変更]
刹那さん、はじめまして。
お立ち寄り下さって、ありがとうございます。「The Ruby」ってやはり不定期刊行なのでしょうか? 創刊号が出てからだいぶ経つので、今回が2冊目だった事に驚きました(^^;)


2007-06-22 01:03 | URL | ヒトコ #hHr8eLEw | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。