スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
あふれそうなプール(1) 
2007-05-23 Wed 20:40
石原理 著 飛鳥新社Hug文庫2007年5月発行

マガジンBE-BOYに1996年6月号から連載され、
BE-BOYコミックスで全6巻刊行(97年5月~2001年4月)された作品の文庫化1巻目。
コミックス2巻までと描き下ろしの短編を所収。2巻は6月発行予定。
中学まで対人恐怖症気味だった入谷は、卒業を機に自分を変えようと、私立進学校への受験を避けて公立校へ入学した。すっかり開き直って別人になれたと思っていたが、そんな自分に興味を持って注視する木津と出会い、入谷の心は乱れた。執拗に近づいてくる木津に反発を感じながらも、心の奥を見透かすようなその視線を無視できない入谷。やがて自分の逃げを間違いと感じた入谷は、編入試験を受け私立進学校に移った。そこには自分が対峙さなければいけない人間花田がいたが、彼は木津の知り合いでもあった。学校は違っても何かと関わりが絶えない木津と入谷は、反目しながらも次第に惹かれ合っていくのだが・・・。
常々絶版になったままじゃ惜しいと思っていた作品なので、文庫で復活してくれて嬉しいです。連載中コミックス読みしてたので6巻全部持ってるんですが、描き下ろしもあるというのでこの文庫版も買っちゃいました。

読み直してみたら、細かいところをすっかり忘れているものだなぁ、と思いました。BLなんだけどラブじゃない印象だったんですが、ラブはラブだったんですね一応・・・。

木津に惹かれていきながらも、近づくのを恐れていた入谷。その心乱される痛々しさが妙に心に残る作品だったので、根底にある恋心というものの重要性が薄れてしまったんでしょうか。あらためて読んでみると、恋愛方面では入谷君が意外とお堅くて乙女だったことも一因かなとも思いました。やっぱり男の子なので、それ以前に男としてのプライドが邪魔して、木津に素直になれないということもあります。それが何だか恋愛問題じゃない様に、私には感じられてしまったんですね。

最終的に、男と男としてどう向き合えるのか、二人の間にあるその緊張感がいいんです。そしてそこにハラハラさせられた。入谷の内にあるプールの水があふれ出しそうになると、読者の心も波立つ。とても読み応えがあったんだけど、読み直すのは結構キツい作品かもと思ってたんですが、そうでもなかったです。今回は木津も入谷も何だか可愛いと感じました。文庫化のおかげで読み直せて良かったです。

描き下ろしは、大人になった二人をちょっとだけ見られます。
スポンサーサイト
別窓 | 石原理 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
<<晴れてボクたちは | ホーム | 漢字バトン>>
コメント
これ、気になってる作品です。6月に2巻が出たら一気に買って読もうかな…と画策中なんですが、レビューを読んで、読みたくなってきました(笑)。

同じ作品でも、時間を置いて読むと、受け取り方や感じ方が違ったりすること、わりとありますよね…。
2007-05-25 00:44 | URL | lucinda #- | [内容変更]
>lucindaさん
今まで読み直した事は無かったんですが、ずっと心の何処かに残っていた作品でした。1巻目でひと山越えて何となく一段落しているんですが、これから先どうなるんだったっけなぁと、一度読んだくせにちょっと忘れがちなので先が楽しみです。6月10日に2巻発売だそうなので、続きを待つにも程よい頃合かもしれませんよ(^o^)

ほんとうに、時間を置いて読み直すと、感じ方が違うことありますよね。この作品は、わりとBLにハマって間もない頃に読み始めたので、特にそう思う部分があるのかもしれません。
2007-05-25 21:55 | URL | ヒトコ #hHr8eLEw | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。