スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
フェイク
2007-05-10 Thu 23:41
剛しいら 著 イラスト かんべあきら
海王社ガッシュ文庫 2007年5月発行
元俳優で大手映画会社社長の高島信敬は、隣国の若手人気俳優を起用して大作映画を製作するにあたり、俳優を日本に招いての様々なプロモーションを企画していた。ところが、来日寸前になってその人気俳優が行方不明になってしまった。マネージャーが当人を探し出すまで偽者を仕立てることになり、以前この俳優のソックリさんとしてTV番組に出たことがある駆け出し俳優の須栗陽平にその依頼をすることになった。

俳優の仕事はほとんどなく、アルバイトで食い繋ぐしかない陽平だったが、ギャラは高くてもこの代役がまともな仕事でないことはよく解っていた。けれど、俳優時代の信敬に憧れを抱いていた陽平は、彼を助ける為に精一杯隣国の人気俳優に成り切ろうと努力した。そんな陽平の様子に好意をもった信敬は、彼を抱き寄せ唇を重ねて来た・・・。
信敬に強く惹かれて行きそうになる陽平は、彼の好意がこの仕事の間だけのものだろうと自分に言い聞かせ、諦めようとするのだが・・・。
近頃ちょっと韓国の某若手俳優さんに心を奪われている私は、この繁国(剛さん命名の架空の隣国^^;)俳優さん周辺のお話が何となく面映かったです。来日を羽田空港で出迎えたり、ミニコンサートに応募したり、繁国語を覚えようとしたり、そんなファンの皆さんの描写を読んでいると何だか他人事とは思えません(笑) ただし、韓国の人気俳優さんたちは、この話のハン・イムソルみたいに傲慢で性格も態度もセンスも悪いなんて事はありません。韓国の皆さんの芸能人を見る目は厳しく、今の時代は些細な事でもネットで批判されるので、人気スターの皆さんもかなり自覚を持って芸能活動をされいるようにお見受けします。 

剛さんも気を使われて、あとがきに「決してあなたの好きな、某俳優さんをモデルにしてはおりません」と書かれてますが(笑)、イムソルは何時の世のスターだよという傍若無人さで、素行も悪く品のない人物として描かれています。それだけに、容姿は似通っているけれど真面目で思いやりのある陽平の好感度が際立ちます。でも単にそれだけではないところが、陽平くんのほんとうの魅力です。同じような顔立ちなのに、人格的に問題のあるイムソルがスターの座を射止めて、自分が駄目なのは何故なのか。劣等感にマイナス思考へ傾くのではなくて、ある種反感を持ちながら観ていいたイムソルのビデオから、俳優としての自分に足りないモノに気付くという、真摯なプラス思考の持ち主でもあるのです。

物語全体としては、二人きりで寝食も共にしなければならない状況で惹かれあって行き、一度は離れ離れになるが受け君の窮地に攻めが現れハッピーエンド・・・。ありがちな展開ではあるんですが、それでも中々面白く読ませていただきました。たまに「アレ?」っていう作品があって、うっかり作家買いできない剛作品なんですが、これは良かったです。俳優さんが主人公ということで、『顔のない男』シリーズを思い出しました。陽平くんもまだこれからの俳優なので、この続編も見てみたい様な気がしてきました。
スポンサーサイト
別窓 | 剛しいら | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<漢字バトン | ホーム | 艶めく指先>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。