スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
逡巡という名のカノン
2007-04-30 Mon 13:26
秋月こお 著  イラスト 後藤星
角川ルビー文庫 2007年5月1日発行

書下ろしの表題作の他、昨年11月発行の雑誌「The Ruby」掲載『過去と未来のロンド ハ長調』を所収した、富士見二丁目交響楽団シリーズ第6部新刊です。5月1日発行になってますが、地元書店で4月27に購入できました。前作『嵐の予感』に引続き、フジミ定演前の夏の物語です。
圭の日記を見てしまった悠季は、新進気鋭の指揮者として世界的活動を始めた圭の悩みを知る。契約しているエージェントの商業主義的方針と、自身の目指す音楽活動との隔たり。その不本意な音楽活動が、愛する悠季との生活から自分を引離していく不満。その一方で、自分の成功を喜んでくれている悠季の期待に応えたい思い。その間で逡巡する圭の葛藤を知った悠季は、圭を救いたい思うのだが・・・。

学生オケの夏合宿に引率者として駆り出された新人講師悠季の苦労話、定演に向けてメンバーの一致団結を図るフジミのガーデンパーティ、エミリオ先生のレッスンなどの話を織り交ぜた、フジミ定演終了までを描いた物語。

そして『過去と未来のロンド ハ長調』は、圭の思い出のアルバムに偶然写ってた悠季の姿をめぐる、二人のほのぼのタイムを描いた短編です。
以前の感想で、このシリーズはもはやBLでなくてもいいのではと思えると書いたのですが、この作品を読みながら、やはり私にとってフジミシリーズはBL的心の故郷なかもしれない、とあらためて思いました。読み始めた頃と違って、二人の恋愛関係をめぐる緊張感はあまりもう感じませんが、二人の伴侶としての在り方や、彼らを中心に繰り広げられるフジミワールドの人々が描き出す人間関係は、何か初心に帰るような思いと、温かさを感じさせてくれます。それはまたBLにハマった頃の混沌とした気持ちを思い起こさせてくれるものでした。

私が初めてフジミと出会ってから10年、その時すでに小説JUNE連載開始から5年が経っていました。今回物語の中で、圭は27歳の誕生日を迎えていますが、24歳の誕生日プレゼントとして悠季が故郷新潟へ圭を連れていて行ってから丸3年です。あの時、両親の墓前で生涯の伴侶となる事を誓い合ったんですよね。圭と悠季の時間は3年しか経っていなくても、読者である私には10年という時間が流れているので、物語の流れ以上に二人はすっかり年季の入ったカップルに思えてしまいます。でも3年くらいじゃ、実はまだまだ新婚さんみたいなもんだったんですね(笑) 長く続いてるシリーズって、そこらあたりの時間の把握が出来なくなってきますね。・・・タクミ君の20年近くでたった1年半は、物語が進んでいるというより、既に「サザエさん」や「こち亀」の領域に近いです(^^;)

ところで今回は、合宿でまたまた発揮させた世話焼き悠季の「親方」復活が楽しかったです。こういう裏方体質でソロの音楽家として大成するのだろうか、と少々心配な部分もあるんですが、悠季のこいうテキパキ働く姿がわりと好きです。

ところで、web KADOKAWAの新刊紹介では何故か
イタリアでのエミリオ先生との再会に気持ちを新たにした悠季は、定期演奏会でのソロ演奏にむけて邁進し始める。しかし、迎えた定期演奏会で、悠季の成功をねたむ評論家から悪意にみちた批評を受けて…!?
となってますが、今回のお話は定演終了までですので、これは夏頃になるという次回作の内容なのでは、とも思います。あとがきによると、秋月先生のご希望で前作『嵐の予感』に書ききれなかた部分を今回の作品にしたそうです。当初の予定にはなかったようですので、こうなってしまったのかもしれません。
スポンサーサイト
別窓 | 秋月こお | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<艶めく指先 | ホーム | 夜に咲き誇る>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。