スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
夜に咲き誇る
2007-04-16 Mon 23:13
英田サキ 著 イラスト 山田ユギ
プランタン出版プラチナ文庫 2007年4月発行
『夜が蘇る』(2005年8月発行)、『夜に赦される』(2006年9月発行)の続編です。
前作までのあらすじ
探偵事務所で働いている秋津には、かつて警視でありながら羽生という極道の情人がおり、彼が殺された事でキャリア警察官の道を捨てた過去があった。亡くなった羽生を忘れられずにいる秋津に近づいてきたのは、組の幹部である極道の久我だった。久我の想いにほだされ、次第に惹かれていく秋津だったが、羽生の死についての衝撃に事実を知る。それでも事情を理解し、ついに秋津は極道として頂点を目指す久我ととも生きる事を決心をする・・・。

そして『夜に咲き誇る』は、自身が極道になるのではないものの、久我と生きる為に極道の世界に足を踏み入れた秋津の葛藤の物語。
秋津と暮らす事に喜びを感じ、組長にも紹介する程でありながら、実は秋津に危険な極道の世界へ深く関わって欲しくないと思っている久我。一方、全てをかけて極道である久我をサポートすると決意した秋津は、恋人としてだけではなく、極道世界を共に生きるパートナーとしても、久我に認められ受け入れられる事を望んでいた。

折りしも、跡目相続の時期が迫っているなか、最有力候補である久我に対し、年少の成上がり者と快く思わぬ古参幹部もおり、その立場は微妙なものがあった。強引に我が道を突き進もうとする久我を心配した秋津は、独断で対立する幹部のもとを訪ねた。極道として筋を通せと迫られた秋津の取った行動は・・・。秋津の思いは久我に届くのか・・・。
著者の英田さんは、極妻(?)となった秋津を「いつかまた書いてみたい」と前作のあとがきに書いておられましたが、とりあえず完結なのかなと思っていたので、続編か出たのはちょっと驚きでした。前作でも、過去を吹っ切れり覚悟を決めた秋津は格好良かったですが、更に男前な行動する秋津を見せていただきました。誰にも変えられなかった久我の態度を体を張って改めさせ、揺ぎ無き次期組長への道をつけさせた秋津。さすが姉さん女房、と言いたいところですが、女じゃないから出来た事ですよね。これぞBLの真髄だと思いました。

それはさておき、最近の加齢による記憶力悪化のせいか、どうも久我・秋津と『エス』シリーズの宗近・椎葉が時折ゴッチャになってしまって困る今日この頃です。特にそれぞれ初めて、秋津が久我の、椎葉が宗近の、マンションを訪れた場面。去年『エス』既刊3冊の後に『夜が蘇る』を読んだ時ははっきり区別出来てたはずなのに、『夜に赦される』の時点で「色事師の槙が出てきたのはこっちの話だっけ?」と怪しくなり、『エス・残光』で再び「どっちだっけ?」と思ったものでした。それから5ヶ月、酒場で槙に再会した場面で、またまた「それは、こっちだったんだ」と再確認する始末・・・。そもそも、羽生と秋津の関係を知って久我が秋津に興味を持った事を思い出せば、何故そこに槙が登場する必要があったのかも思い出せるハズなんです。が、椎葉も秋津と同様に仕事絡みの情報が欲しくて、相手が極道だと百も承知の上でやって来る、という似たシチュエーションなのでどうも記憶があやふやになるようです。

でも秋津と椎葉は結構タイプが違いますよね。現役警察官だけど、椎葉の方が何だか危うい雰囲気があってハラハラさせられたし、何だか乙女でした。考えたら年も大分上のせいか、暗い過去に傷つきながらも秋津は中々しっかり者でしたね。勇み足で危険な目にも遭ってるけど、精神的にドツボに嵌らない強さがあって、久我を甘えさせる度量もあるわけですから、大したものです。久我は秋津のお陰で極道の世界で上を目指せそうですが、宗近は足洗って正解でしたね。
スポンサーサイト
別窓 | 英田サキ | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
<<逡巡という名のカノン | ホーム | 春に嵐-本屋さんでGO!2>>
コメント
こんにちは~ご無沙汰してます。
私も購入しましたがまだ放置中(笑)早くよまねば。
他のサイトさんの感想も読みおなかいっぱい幸せ気分です(*^_^*)
私もついエスとダブったりしちゃいますね。英田さんはほんとに色っぽくかくのが巧い作家さんですよね。
このシリーズ終わってしまうのは残念です。是非とも未来編を読みたいですね(^_^)v
2007-04-17 15:34 | URL | 美緒 #eDwyEylU | [内容変更]
美緒さん、ご無沙汰しておりました。
春休みからやっと復帰しつつあるところです。

英田さんの本は買ってすぐ読んだのですが、
私も積読本が(昨年からのも・・・)色々あって、
早く読まなくちゃと思いながらも中々追いつきません。
そのくせ目に付くと新刊を買ってしまうので悪循環です(^^;)

夜シリーズ、美緒さんもエスとダブっちゃうんですか。
よかった、私だけじゃなくて。
でも秋津も椎葉もそれぞれに色っぽく書かれてますよね。
組長久我を陰で操るこれからの秋津も見てみたいです。
2007-04-18 01:53 | URL | ヒトコ #hHr8eLEw | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。