スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
本屋さんでGO!
2007-03-21 Wed 15:15
角田緑 著 
㈱マガジン・マガジン ジュネコミックス2003年11月発行
「小説JUNE」1999年4月~2002年12月掲載の本編に書下ろしと同人誌からの再録、
小J1998年11月掲載の「GO STRAIGHT」を所収。

小説JUNEを愛読していた頃読んでいた、とっても懐かしい漫画です。単行本になったのは知っていたんですが、当時は雑誌で読んだから単行本いいかなと流していたんですが、先日古書店で見つけて懐かしくて買っちゃいました。
中堅出版社PPC出版の営業マン高橋は、担当エリアにある某大型書店の美形だがタカビーな係長佐藤さん(もちろん♂)にムカつきながらも、気がつけば恋心を感じてしまっていた。いつも無表情な佐藤さんの色々な顔を知りたくて、休日まで書店を徘徊する高橋だったが、成行きでその思いを態度で示した時の佐藤さんの反応に希望を持ったのも束の間、佐藤さんはいつも通りの佐藤さんだった・・・。ブラコンを越える想い寄せる佐藤さんの双子の弟による妨害、高橋の転勤による遠恋(?)、様々な障害にもめげず高橋の佐藤さんLOVEな日々は続く・・・。
おバカ犬高橋とツンデレ佐藤さんのラブコメディーです。重めで濃い絵柄の作品もあるJUNE掲載漫画の中で、爽やか系の絵柄と惹かれあっているのに片思いな話運びで、楽しませていただいた作品でした。書店に現れる時はいつも無駄にハイテンションな高橋と、それを冷たくあしらう佐藤さんの遣り取りが笑いを誘います。

佐藤さんの「PPC高橋!」に飼い犬の様に反応する高橋、その健気な忠犬ぶりに彼の思いが報われる日を願わずにはいられません(笑) 仕事で高橋に対する時は理不尽な位タカビーなのに、ひとりになるとふと寂しそうな表情をみせる佐藤さんに、早く素直になっちゃいなさいよ、と言ってやりたくなります。見た目は佐藤さんにそっくりなのに、対照的に人当たりの良い双子の弟も、なんか二面性のありそうな感じで気になる存在です。

小説JUNEが休刊になってから、続編はシャレードに掲載されていたそうなんですが、続きが気になりながらもちっとも知りませんでした。このふたりが結ばれる日は来るのか、続編も楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | 角田緑 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<春に嵐-本屋さんでGO!2 | ホーム | BL求めて書店を歩く>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。