スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
純情 1
2007-02-28 Wed 17:13
富士山ひょうた 著
フロンティアワークス ダリアコミックス 2007年1月発行
「Daria」2006年4月号~12月号掲載+描下ろし

小説JUNEで挿絵を拝見してから、ちょっと気になっていた漫画家さんでした。一冊完結ということで読んでみた『1Kアパ→トの恋 』が中々良くて、要チェックの方だったんですが、そのわりには最近読んでなかったと、思わず購入した一冊です。
フリーライターの戸崎圭祐は、取材相手として現れた初恋の人倉田将成と再会した。彼とは高校1年の時クラスメイトだったが、戸崎が一方的に陸上部員として走る倉田の姿を眺めているだけの片思いで、さして親しくもならないうちに倉田が転校して、それきり会ってはいなかった。戸崎はすっかり忘れられているだろうと思ったが、倉田は覚えていた。それどころか、あの頃戸崎が自分をよく見ていた事や、その意味にも気が付いていた倉田は「抱かせてくれるなら」と、戸崎を誘ってきた。戸惑いながらも、断って逃げ出すのも悔しいと思った戸崎は、倉田に抱かれてしまう。しかも、一夜限りの事と割切ろうとする戸崎の複雑な思いをよそに、倉田の方から訪ねて来て二人の関係は続くのだが・・・。倉田の真意がわからず心乱れる戸崎と、戸崎のはっきりしない態度や元彼の存在に複雑な思いを抱き苛つく倉田。そこにまた戸崎の先輩も現れて、二人の関係の行方は・・・。
再会したその日に結ばれちゃってはいるんですけれど、それは体だけの事であって、互いに想い合っているようなのにギクシャクする二人。ありがちな話のように見えて、何か新鮮なトキメキを感じさせてくれるお話です。体だけは重ねあっているのに中々ひとつになれない心の襞を、高校時代の回想や周りの人間の同行を交えながら、時に切なく時にハラハラさせながら描いています。最終的には上手く行くんでしょうが、どういう道程をたどるのか、今から続きが楽しみな作品です。
スポンサーサイト
別窓 | 富士山ひょうた | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<BLアワード2006決定 | ホーム | 顔のない男>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。