スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
「日コン」また見そびれました・・・。
2006-12-24 Sun 23:32
毎日新聞社とNHKの共催で行われている日本音楽コンクール(日コン)、今年で75回目を迎えたそうです。毎年10月に行われる本選の様子がNHK教育TVで放送されるのですが、今年はこの16日(土曜)だったようです。2年連続でまた見そびれてしまいました(涙) BSではこれから各部門別の放送があるらしいんですが、うちは地上波しか見られないので、教育TVの放送けっこう楽しみにしてたのに、残念です。

クラッシックに詳しい訳ではないんですが、時々CDは聴いてましたし、N饗アワーなどを見たりもしてました。でも以前はコンクールなんてあまり興味なかったんです。それが一昨年、偶然TVで日コン本選の放送を目にして、認識をあらたにしました。そう、日コン本選と言えば、フジミの守村さんですよね。「なるほど、実際に放送されているんだ!」と、単にBL的興味本位で見始めたんですが、これが実に見応えというか聴き応えがあったんです。もちろんプロではないので、まだまだ完璧な演奏ではない部分もあるでしょうが、本選ともなれば皆さんそれなりに上手いです。それに加えて、初々しい一所懸命さや緊張感が伝わってきて、何とも言えない感動を与えられました。見終わってから、来年は本選を生で見たい、と思ったくらいです。

まず注目したのは守村さんと同じバイオリン部門だったんですが、オーボエも中々良かったです。そしてそれ以上に印象に残ったのはピアノ部門でした。何と言っても、優勝したこの方の演奏が素晴らしかったんです。ピアノってこんなに饒舌な楽器だったんだ、と感動してしまいました。演奏を終えた時の会心の笑顔も素敵でした。他の方のお名前は忘れてしまったんですが、この方だけはしっかりインプットされました。現在は大学院に在籍しながら演奏家としての活動もされているようで、年明け1月にはデビューCDが出るそうです。そして3月にはサントリーホールでデビューリサイタルがあります。実はチケット予約しちゃいました。今からとっても楽しみです。

日コン本選、再び素敵な演奏家さんに出会えるんじゃないか、という期待があって、本気で本選見に行こうかとも思ったんですが、中々予定が合いません。せめてTVで見ようと思ったのに、毎年見そびれてます・・・。来年こそ見るぞ!

上の方のことは現実のお話ですが、フジミでも守村さんの演奏はTVで放送されているので、何処かで密かなファンが生の演奏を聴ける機会を待っているかもしれません。いずれフジミの物語の中で守村さんのリサイタルを聴くことも出来るでしょう。それも読者として楽しみにしています。しかし、実際の日コン本選は、ほんとに学生さんばっかりでした。音大生がほとんどですが、フジミにも登場したように高校生もいました。でも福山先生もおっしゃった通り、守村さんのように音大を卒業して何年か経つ方など皆無でした。

それにしても、フジミを知らなかったら「日コン」に興味を持つ事もなくて、素晴らしい演奏に出会う事もなかったでしょうね。フジミのお陰で生活に潤いが出来たのかも。BLに感謝!

P.S.
これを書いた後、第73回日本音楽コンクールについて検索してみましたら、管楽器はクラリネットではなくオーボエでしたので、書き直しておきました。クラリネットは今年だったんですね。失礼しました。
それから「日コン」って、一般的にもそう言うのかと思ったら、「毎コン」と書いてらっしゃる方が多い・・・。もともとは毎日新聞単独主催だった経緯があるらしく、その頃からの通称が使われているらしいです。「日コン」とは言わないのでしょうか? (12/28追記)
スポンサーサイト
別窓 | 周辺雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<花屋の二階で(1) | ホーム | 師走なのにBL漫画な日々。>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。