スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
許可証を下さい!
2006-12-05 Tue 23:07
烏城あきら 著 / イラスト 文月あつよ
二見書房シャレード文庫 2003年11月発行

許可証シリーズ第1作です。『君にもわかるISO』を読んでいたら、今はしっかり愛を確かめ合ってるこのふたりも、馴初めは何だか意外と唐突だったよなぁ、と気になって、1作目を読み返してしてみました。確かに、唐突と言えば唐突でしたね、職場の仮眠室でいきなりキスしてるし・・・。その印象が強かったので、細かい事を忘れてましたが、そこに至るまでの阿久っちゃんが何だか乙女でしたわ。彼らと同じ25歳の頃の自分は、仕事に対しても恋愛に対してもっと荒んだ気持ちでいたので、ちょっと心を洗われるような新鮮さを感じました。
表題作の他、書下ろしを含む2作品を所収。
「許可証を下さい!」シャレード2002年7月号掲載
中小化学薬品製造会社喜美津化学に入社して3年、工場勤務社員としては初の理系大学卒業者として会社発展への貢献を期待されている阿久津弘は、ちょっとした難題に直面していた。今後、所属している品質保証部の仕事にも必要になるので、フォークリフトの免許を取るようにというのだ。自動車とは勝手が違う乗物に苦労する弘に、製造部の組長前原健一郎が指導係をつとめることになった。練習の他、講習への送迎にも弘に手を貸す前原だったが、そんな折り製品への異物混入というトラブルが発生し、昼夜を問わない作業が続いていた。一方で、苦手意識を持っていた前原に親しく接するうち、弘の中に前原への新たな感情が芽生えていく。そして前原も以前から弘には注目していた様子。疲労がピークに達するなかでふたりは・・・。

「クレーム受けます!」シャレード2003年3・5月号掲載
異物混入トラブルは、製品の出荷を未然に防いで解決したが、今度は納入先のメーカーから異物混入のクレームが・・・。複数の業者から原料を仕入れているメーカーに対し、自社製品には異物混入が無い事を証明しなければならい立場の弘は、最強のクレーマーと呼ばれるメーカーの担当者と対峙することになるのだが・・・。

「消火訓練デー」書下ろし
前原を嫌いな訳ではないのに、男同士の関係に戸惑いを払拭出来ない弘は、どうしても前原を避けてしまう。そんな時、工場では消火訓練を行うことになった。そこには消火の専門家でもある大先輩辻本も参加することになるのだが・・・。
オーバーワーク・ハイの勢いで、いきなりそういう関係に雪崩れ込んだのかと思ったふたりですが、阿久っちゃんは中々往生際が悪かったんですね。前原父が「別れろ」と言い出した理由でもある「世間の常識」と、押さえ切れない「自分の気持ち」の間で、揺れていました。こんな時期に前原父が現われていたら、ISOのふたりには会えなかったかもしれません。でもその後、自分の気持ちを自覚し認めた阿久っちゃんは意志強固でした。愛の力ですね。

それにしても、ISOでは前原に対して一歩も引かない勢いの阿久っちゃんですが、最初はこんなに前原が苦手だったんですね。同い年でも職歴では先輩なので敬語でしゃべってるし、その視線や言動にやけに動揺してるし、何か見ていて初々しいです。よく考えたら単に意識し過ぎだった訳で、それは恋の始まり。25歳男子にして乙女でした。

そんな阿久っちゃんと前原の恋の行方もさることながら、このシリーズにグッと惹きつけられるのは、仕事内容や職場の様子の描かれ方です。実は私も安全靴とヘルメットを支給される様なガテンな職場にいた事があるんですが、そんな職場が懐かしくなる程リアルな描写がこの作品の魅力です。私は鉄工所の生産事務だったんですが、次に出荷したい製品を検品にまわしたり、その後で荷札付けてまとめたりするのに、自分でもフォークリフト動かせたら便利だよなぁ、と度々思いました。そんな訳で、突然フォークリフトを運転する事になった阿久っちゃんにも近親感をもちました。パレットという名称なんかもとても懐かしく、「あれって一般的にパレットで通じるんだ」とちょっと嬉くなったりしました。

小ぶりの製品だったら、安全靴に軍手して自分でカラのパレットを所定の位置に運んでそこに荷札を付けた製品を並べておき、出荷担当の男性に次の便のトラックに積んでもらうように頼むんですが、それだって自分でフォーク使ってトラックに積んでおけたら、出荷漏れの心配ないですものね。大きい製品だったり、奥地に置かれちゃった製品だったら、三宅さんみたいな人に最初からフォーク頼まなくちゃいけなかったので、大変でした。阿久っちゃんも苦労したけど、許可証もらえて便利になったと思いますよ、ほんとに。
スポンサーサイト
別窓 | 烏城あきら | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<僕は君の鳥になりたい。 | ホーム | 君にもわかるISO ~許可証を下さい!5~>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。