スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
BREATHLESS -ブレスレス-
2006-11-26 Sun 16:39
たけうちりうと 著 / イラスト ビリー高橋
講談社X文庫ホワイトハート 1995年7月発行

『INTENSITY』から1年、司くんと出会った花屋の了くんの視点で書かれた物語です。この作品も書店では見つからなくて、図書館で借りて読みました。未だに古書店でも出会っていませんので、感想を書くために今再び図書館から借出中です。
リツさん、あれから1年以上経つよ。
あなたの生命をもらって、ここに一人残された僕は・・・。
『花々』で働く了は、注文の花を届けに行った先で、勝気なカメラマンと出会う。
心の奥に癒しきれない痛みを抱えながらも、優しいまなざしをなくさない彼を見ているうち、了の心にある感情が芽生え・・・。
『INTENSITY』の司、その後の物語!
この作品を読んでいて感じたのは、このカバーの紹介文にもあるように、『INTENSITY』の続編ではなく、あくまでもその後の司の物語なんだなぁ、ということでした。

たけうちさんは、1994年7月発行の『INTENSITY』でデビューした後、WHから『風の祭』(1994年11月発行) 、『海をわたるトンボ』(1995年3月発行)を出していて、『BREATHLESS』は4冊目になります。前2冊同様、イラストはビリー高橋さんで、表紙は花に囲まれた司のアップです。ビリー高橋さんのイラストも漫画も好きなんですが、この司は、私が『INTENSITY』から受けたイメージとは違う感じがして、ちょっと馴染めませんでした。何か思ったより線が細過ぎる感じがして。
『INTENSITY』は登場人物のイラストがなかったので、私の司くん像は、優しげな風貌の中にも、もっと凛とした気の強さがあるイメージだったんです。でも『BREATHLESS』の司くんは、きっと了くんビジョンだから、どこか行暮れて頼りなそうな感じなのでしょうね。だからやっぱり『INTENSITY』の続編ではないんです。

高校を卒業して写真の専門学校で勉強している司は、『INTENSITY』にも登場したリツの友人ミノさんの紹介で、カメラマンとしてライブハウスにやってきて、そこへ花を届けに来た了と知り合いました。ふたりは友情を育むように接近していくように見えるけれど、了が司という人間にいだく興味というのは、最初からもう一歩踏み込んだもののように感じられます。読み手の私が最初から意識してしまっているからかもしれませんが、この作品はBL小説として書かれているのだなぁ、と思いました。

『INTENSITY』はそうではなくて、普通の青春小説としても読める印象があったので、その点でも、やっぱり続編ではないように感じたんです。それが良いとか悪いとかの問題ではなくて、BLとそれ以外の恋愛小説・青春小説の違いって何だろう、と考えてしまいました。

明確な答えは出ないんですが、ひとつ思ったのは、主人公の孤独をどう扱うのか、という事です。突き詰めれば孤独な存在である人間を、孤独なまま放置しないで何らかの具体的救済策を講じているのがBLのような気がします。そういう意味ではJUNEとBLも別物です。
でもやっぱり、司が誰かと共にある幸せを再び感じてくれることを願わずにはいられませんが・・・。

『BREATHLESS』は、作品中に登場するCDのタイトルです。了が世話になっている花屋のお婆さんは、時々亡くなったご亭主を偲んでサックスのCDを聴いていました。そんなお婆さんも一緒に聴けるだろうと司が買ってきたのが、サックス奏者ケリー・Gのこのタイトルのアルバムでした。恋人を亡くしている司は、夫を偲んでサックスの音色に耳を傾ける老婦人に共感するところがあったのでしょうね。

家に偶然ケリー・GのCDがあったので、今それを聴きながらこれを書いています。以前ダンナが買ってきたものなんですが、『BREATHLESS』じゃなかったのがちょっと残念です。
スポンサーサイト
別窓 | たけうちりうと | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<君にもわかるISO ~許可証を下さい!5~ | ホーム | INTENSITY>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。