スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ルビー文庫の思い出
2006-10-16 Mon 18:55
先日、角川書店から『The Ruby(ザ・ルビー)』という雑誌が発行されました。その名の通りルビー文庫関連雑誌です。ルビー文庫はBL系としては老舗ですし、かつては小説道場出身者のデビューの場でもあったりと、わりと思い入れがありました。そんなルビー文庫から初めての雑誌という事で買ってみました。

「フジミ」と「タクミくん」の短い新作小説が載っていましたが、あと知ってるのは近頃読んでない吉原理恵子さんの『子供の領分』だけでした。中村春菊さん原作で藤崎都さんが書いてる人気作『純愛ロマンチカ』も読んだことなかったです。思えばいつの間にか「フジミ」と「タクミくん」の新刊位しか買わなくなったルビー文庫ですが、以前は随分読ませていただきました。

私は「フジミ」でBLにハマったので、初めて読んだBL本もルビー文庫です。その当時(98年頃)のルビーというと、「フジミ」「タクミくん」以外には、尾鮭あさみさんが「ダダ&一也」シリーズの他に「雷&冥」シリーズを書いていたり、斑鳩サハラさんの「悪魔さんにお願い」シリーズや、吉原理恵子さんの学園モノ作品や、須和雪里さんのトンデモ学園系シリーズ(?)があったり、そうかと思うと白金みるくさんの『プラスチィクの卵』シリーズや柏枝真郷さんの社内恋愛系のシリーズもあったりと、と中々個性あふれるラインナップでした。

それと、中島梓さんの『小説道場』を参考にした事もあって、JUNE掲載作品が多かったルビー文庫は、古書店でも探してずいぶん読みました。92年の創刊当時、すでに角川スニーカー文庫から出ていた作品もルビーに移ったのですが、古書店で見つけたそんなスニーカー作品は下記の通り。

栗本薫『終わりのないラブソング』91年
原田千尋『いつもキラキラしていた…』90年 『北点抄』91年
三田菱子『鼓ヶ淵』90年
野村史子『レザナンス・コネクション』90年『テイク・ラブ』91年
ごとうしのぶ『そして春風にささやいて』タクミくんシリーズ 92年

その他、ルビー文庫で思い出深い作品といえば、

吉原理恵子『銀のレクイエム』93年 『影の館』94年
須和雪里『タブー』『サミア』93年
尾鮭あさみ『ミスティ・サークル』ダダ&一也シリーズ 93年
森内景生『夜の館』94年 『花鳥風月』シリーズ 94年
秋月こお『寒冷前線コンダクター』フジミシリーズ 94年
神崎春子『家族の肖像』シリーズ 96年 
白金みるく『プラスチィクの卵』シリーズ 97年
金丸マキ『絶対服従』97年(95年小説JUNE掲載「夕暮れのバス」所収)
剛しいら『帰宅』97年
柏枝真郷『雨かもしれない』厄介な連中シリーズ 96年
湊川理絵『春いちばん』春ちゃんシリーズ 99年

などなどです。上の話とダブってる作品もありますが、ざっと思いつくだけでもこんな感じです。訳も解らずハマって行った頃に読んだので、特に思い入れがあるのだと思います。後から解ったのですが、98年頃というとBL系の文庫が次々創刊された時代で、今思えば地元書店の売り場もかなりにぎやかでした。それでも、何となく明るい雰囲気のそれらの文庫より、当時はJUNE系のルビー文庫が好きでした。

でも何時の間にかルビー文庫の執筆人も代わって、気が付いたら「フジミ」と「タクミくん」しか読む作品がなくなっていました・・・。ルビー文庫自体は、『純愛ロマンチカ』などの人気作品を出すなど、90年代後半とは少し違う路線で健闘しているようですね。そして、より若い読者を想定したティーンズルビー文庫が枝分かれして、その流れをくむビーンズ文庫も創刊され、「まるマ」シリーズや「彩雲国物語」みたいな人気作品も生まれてますね。何といっても、あのNHK教育TVでアニメ化されているんですから、世の中の流れは大変な事になっているなぁ、と思います。
スポンサーサイト
別窓 | BL小説の話題 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<1990年代のBL系文庫 その1 | ホーム | 腐女子化する世界>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。