スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
BLの何に惹かれたのか
2006-09-27 Wed 01:14
いつもおじゃましている『ゲイ&腐男子のBL読書ブログ』の「BLに求めているもの」を読ませていただき、私もちょっと考えてみました。

そもそもBL系作品を読むきっかけになったのは、女性作家が女性読者を想定して書く「エロ」とはどういうものなのか、に興味を持ったからなんです。それまでに、男女を描いた一般的な官能小説は読んだことがありましたが、どうも好きになれませんでした。男性にとって都合の良い女を書いてるとしか感じられなくて、物語に入り込めなかったのです。そんな時、秋月こおさんファンの方に『フジミ』を紹介されました。たいへん不純な動機ですが、そういう場面を読んでみたくて手にしました。

そんな理由だったので、そういう場面が書かれていない話では意味がないと思い、あえて『寒冷前線コンダクター』は外して、二人の関係が確実にそこまで進展しているだろうと『リサイタル狂騒曲』を買いました。そして、みごとにハマりました『フジミ』に。肝心の(?)「エロ」がどうこうより、心の底から泣けてしまったんです。

その後、最初から順を追って読んで『寒冷前線コンダクター』の展開に驚いた訳ですが(笑)、悠季くんが女性という物語だったら、「あれを許しちゃう神経が解らん?有り得ん!」で終わってたと思います。他のお話でもそうなんですが、そういう場面を女性で描いていたものだとすると、色々とリアルな諸問題が頭を過ぎってしまうんですよ。物語と現実は違う、と冷めてしまいます。そんな異性愛者の女である自分にとって、男同士の恋愛だからこそ、有り得ない程ラブラブだったとしても、物語として受け入れられたんだと思います。だから「エロ」も楽しめた。

『フジミ』に始まって色々なBL作品を読むようになりましたが、物語の中に描かれているのは、「エロス」の愛だけではなくて、その語源である古典ギリシア語で言うなら、友愛に代表される「ピリアー」の愛と、肉親の情愛の様な「アガペー」の愛、すべてが含まれた愛なんです。時には無二の親友の様に、時には子を思う親の様に、そして何より唯一の恋人として、ひとりの人を愛する。現実には中々有り得ない理想の関係です。そんなファンタジックな愛のかたちが、自分の中にある無条件に認められ愛されたい欲望や対幻想を満足させてくれるんですね。

心の底から泣けてしまったのは、大人になって見ない様にしてたり諦めていたりした、本当の孤独とか愛されたい欲求とかに気付かされたからかもしれません。そしてそれを認めて泣けた事で、ちょっと癒されたんだとも思っています。

現実には、孤独というのは、恋人が出来たり結婚したりしたからといって解消されるものでもありません。逆に大勢の人間の中で感じるより深い、二人で向き合っている時の孤独感というものもあります。それは子どもに恵まれても同じ事であり、血を分けた親子であっても、別々の人間であるという意味では絶対的な他者である事実に変わりはありません。 

考えてみれば、BLの主人公達というのは、二人で一人の人間であるかの様に、必要不可欠の存在としてお互いを思い合っている時がありますよね。現実ではそこまで有り得ない様な、伴侶であると同時に親友でもあり親子のようでもあるような、常に相手を思いやり相手の望む気遣いをし、その想いを感謝を持って受けられるような、深い愛情関係がそこにはあります。これってある意味究極の自己愛なのかもしれない、と思うこともあります。

世間からは、現実逃避だと批判される事もありますが、家族も含めた他者に対し過度の愛情を求めずに、時に物語の二人の相手を思う純粋さに自分を省みて、現実と向き合う努力をするためにも、BLの力を借りているんじゃないだろうか、とも思っています。
スポンサーサイト
別窓 | JUNE・やおい・BL | コメント(4) | トラックバック(2) | ↑top
<<暁を待つまで(タクミくんシリーズ) | ホーム | 『コンプレックス』文庫化!>>
コメント
■はじめまして
はじめまして!夏生と申します。BL大好きな腐女子&主婦です(苦笑)
リンクブログさんから飛んできました。
私もBLが何よりも好きです!男女の恋愛にはない『強い絆』のようなものに惹かれている気がします。こちらの記事にTBさせて頂きましたが、BL分析&布教、これからも頑張りたいと思っています!

それと、勝手ながらリンクさせて頂きました。何かあればご連絡ください。

それではまた遊びにきますね。よろしくお願いいたします!
2006-09-28 13:31 | URL | 夏生 #ZxXOt7Ek | [内容変更]
■TBありがとうございます
夏生さん、はじめまして。
TB&コメント、ありがとうございます。
私もBL大好き腐女子主婦ですので、お立寄りいただけてとても嬉しいです。

BL作品から感じる男女の恋愛にはない『強い絆』への、憧れのような嫉妬のような気持ちってありますね。そういう所を上手く描いてる作品には、特に惹かれます。夏生さんがblogで書かれていた、普通の小説から感じるBL的要素の魅力も気になります。ぜひぜひ、BL分析&布教、頑張って下さい。楽しみに読ませていただきます。

こちらからもTBとリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします!
2006-09-28 19:10 | URL | ヒトコ #- | [内容変更]
■愛の形ですか…
こんばんは、遅ればせながら、TB返しに参りました。
なるほど~、私が愛欲の一言で済ませてしまった中にも、
様々な愛の形の要素があって、それがひとつになってるから…ですか。
その辺は全然考えていなかったところなので、すごく興味深い考え方です。
言われてみればそうかも…BLは多角的に楽しめる、と
コメントで意見を頂きましたが、そのためなのかもしれませんね…
ためになりました。

それではまたお邪魔します~、
2006-09-28 22:16 | URL | aya-me #xlO/wHwY | [内容変更]
■多角的に楽しみたいです!
aya-meさん、TBありがとうございます。
「BLに求めているもの」を読ませていただいて、
あらためてBLについて考えてみる事が出来ました。
普段いつも頭をよぎってはいるんですが、
中々まとまらなくて・・・。

aya-meさんの書かれる記事には、いつも色々と
心動かされ楽しませていただいております。
また何かと参考にさせていただき、
みなさんのご意見にあったように
多角的にBLを楽しみたいと思いますので、
よろしくお願いいたします!
2006-09-29 21:44 | URL | ヒトコ #hHr8eLEw | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
~BLへの道~ 3.「やおい」「JUNE」「BL」とは?
~BLへの道~ 3.「やおい」「JUNE」「BL」とは?
~BLへの道~3.「やおい」「BL」に嵌る女達 (1) まずは簡単に言葉の意味から。■やおい「やおい」とは、やまなし・おちなし・いみなしの頭文字をとって出来た言葉だが、現在では、そういう意味で使われることはほとんどない。元々は、アニメ・コミックのキャラを使っ
silly days 2006/09/28 13:06
BLに求めているもの
BLに求めているもの
リンクさせてもらった、『30半ばにしてやおいにハマる』の「求めるのはエロだけ?」(リンク先に飛びます)と言う記事を読んでぜひともコメントしたくなったのですが、帰結までがめちゃくちゃ長くなったので記事にしました。読まない人から見たらBL=『エロ』、と思うのかもし
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ 2006/09/28 22:15
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。