スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
初めて読んだ作家、烏城あきらさん
2006-08-15 Tue 00:07
blogをやってなかった頃は、読んだことの無い作家さんの本に中々手が出ませんでした。でも近頃は書評系blogさんを拝見する様になったので、その感想に惹かれて新規開拓できる事がよくあります。その中で、次に新刊が出たら是非また読みたい、という作家さんに出会えると嬉しくなります。

近い所では『箱の中』『檻の外』の木原音瀬さんが大ヒットでした。他には、『エス』の英田サキさん、『ダブル・ベッド』の吉田ナツさん、それからここにお立ち寄りいただいた方が紹介して下さった『夢の卵』の鷺沼やすなさんも良かったです。

そして先日は、烏城あきらさんの徳間キャラ文庫新刊『スパイは秘書に落とされる』(イラスト羽根田実 2006年7月発行)を読みました。榎田尤利さんの「藤井沢商店街シリーズ」を読んで、仕事に情熱を傾ける人々の話が面白いなと思っていたところ、皆さんが烏城作品に「仕事についてもきっちり読ませる」という感想を寄せていたので、それは読んでみなければと思い立った訳です。

で、皆さんのおっしゃる通り面白かったです! ちょっとしたどんでん返しは予想が付きましたが、そこに描かれる仕事へのプライドと意気込み、受け君の気の強さなんかもひっくるめて、ラストに向かって益々主人公たちが好きになりました。そんな訳で同レーベルの前作『発明家に手を出すな』(イラスト長門サイチ 2005年10月発行)も続けて読んじゃいました。

次は、二見書房シャレード文庫の『許可証をください!』シリーズも読んでみたいかな、と思ったら、書店には第1作だけ置いてなかったんです・・・。仕方ないので、久々にネット注文してしまいました。烏城あきらさんも、これから新刊待ちしちゃいそうです。
スポンサーサイト
別窓 | 烏城あきら | コメント(2) | トラックバック(1) | ↑top
<<未来の記憶・風の行方 | ホーム | キャバレー>>
コメント
■烏城さん
こんにちは、ヒトコさん。
お久しぶりです。
桃です。

烏城さんの名前を見かけたので思わずTBしてしまいました。
よろしくお願いします。
烏城さん、きっちりと仕事場面を書かれる方で、内容もしっかりしていて好きな作家さんです。
「許可書」シリーズもいいですよ。
これからも期待できる作家さんですね。
2006-09-03 20:47 | URL | 桃 #- | [内容変更]
■Re:烏城さん
桃さん、こんにちは。
TBありがとうございます!

すっかりご無沙汰しておりますが、いつも本の感想楽しく読ませていただいてます。
『スパイは秘書に落とされる』も、blogを拝見してなかったら読んでいなかったと思います。

「許可証」シリーズも面白かったです。化学工場での仕事の流れも丁寧に書き込まれていて、仕事と恋愛の狭間で色々と悩む二人が活きいきと描かれていました。

烏城さん、いいですね。新作出たらまた読みたいです。
2006-09-04 23:33 | URL | ヒトコ #- | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
スパイは秘書に落とされる
スパイは秘書に落とされる
スパイは秘書に落とされる烏城あきら著。キャラ文庫。&nbsp;烏城あきらさんは、雑誌シャレードで見かけてから、恋愛だけではなく仕事面もきっちりと書かれる作家さんだなと思っていました。なので作者買いです。&nbsp;雅也は産業スパイ。藤堂精密機械に木村一....
桃の楽園 2006/09/03 20:42
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。