スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
藤井沢商店街シリーズ(?) 
2006-07-30 Sun 23:54
『ゆっくり走ろう』イラスト やまかみ梨由
徳間書店キャラ文庫2004年8月発行
表題作(小説キャラ2003年7月増刊号掲載)の他、
書き下ろし『これは大人の恋だから』を所収。

『歯科医の憂鬱』イラスト 高久尚子
徳間書店キャラ文庫2005年8月発行
表題作(小説キャラ2005年1月増刊号掲載)の他、
書き下ろし『歯科医の秘密』『THE SPECIAL GIFT』を所収。

正式にはこんなシリーズ名は付いてないのですが、上の2作品はどちらも同じ藤井沢商店街が舞台になっています。それぞれの主人公もイラストの方も違うので、同じ商店街を舞台にした連作という方がいいのかもしれませんが、1作目の主役が2作目にちょっと出てきたり、同じ小料理屋が登場したりするので、私は勝手に「藤井沢商店街シリーズ」と呼んでいます。あらすじは下記のとおりです。
『ゆっくり走ろう』
自動車メーカーの販売計画推進室に勤める里見廣之は、営業指導のため販売店出向を命じられた。あまり仕事熱心とは言えない社員が多いその販売店で、地元商店街のアイドルと呼ばれるほど顧客に浸透するサービスをする立浪寛一は、社内でも屈指の営業成績を上げていた。
そんな実力派営業社員がいることもあり、販売店社員は本社からの営業指導に反発を感じていた。所長以下全員が里見に非協力的な態度を見せる中、当の立浪だけが里見の提案する営業改善に乗り気だった。それは立浪が、里見の自社製品に対する愛情からくる仕事熱心さに共感したからだった。仕事を通して信頼感を深めていくふたりの間に、やがて別の感情が芽生えてゆく・・・。

『これは大人の恋だから』
恋人同士になったものの、予定より早く本社に戻された里見と土日は休めない立浪は、中々ふたりの時間を持つのも難しい状況にあった。そんな時、里見は本社内での移動で、やりがいはあるがより忙しい部署に移り、ますます会う機会は減って行った。里見の能力を買ってその部署に引抜いたチーフの羽賀は、以前から立浪も知っている要注意人物だった。立浪の危惧するように、羽賀は私生活でも里見に興味を持ち近づいてくるのだが・・・。

『歯科医の憂鬱』
仕事の出来では評判の板金塗装屋2代目新城穂高は、後輩の面倒見は良いが仕事には厳しく、気性も荒くて腕っ節も強かったが、歯医者は大の苦手。そんな新城が行った歯科医院で治療にあたったのは、腕は良いが患者には厳しい歯科医の三和悠紀生だった。ところが、街で出会った三和は、マスクをした歯医者の姿しか知らない新城には本人と判らないほど、別人の様に物腰が柔らかく弱気な人物だった。そんな二面性を持つに三和に興味を持つようになった新城は、ある日偶然、旧友からの度重なる借金の申し出を断らない三和の姿を見て、苛立ちと不安を覚える・・・。

『歯科医の秘密』『THE SPECIAL GIFT』
車雑誌に記事を載せたいと、新城に強引な取材を申し込んできた東郷は、学生時代に三和が付き合っていた元恋人だった。新城と三和が親しいと知った東郷は、昔のよしみで新城への口利きをしてほしいと三和に頼み込んでくるのだが・・・。それから、誕生日プレゼントをめぐる気持ちの行き違いあったりと、恋人同士にはなったけれど、まだまだぎこちない新城と三和。様々なトラブルを経て、ふたりの距離が縮まるまでを描いています。
どちらの作品も、自分の仕事に誇りと情熱をもっている人達のお話で、恋愛話だけではなく仕事の話も面白く読ませていただきました。特に『ゆっくり走ろう』で里見が語る自社製品への思い入れと愛社精神には、思わず読んでいる自分まで胸を熱くしてしまいました。立浪が惚れ込む気持ち、よくわかります。

社会人として、それぞれの業種で優秀な人材として認められている反面、里見のように極端に方向音痴だったり、三和の様に白衣を脱ぐと感情を殺して怒れない人間になったりと、男なのに何だか庇護欲をそそる人物になっている所は、BLらしい設定です。

でも、立浪や新城が相手に惹かれていくのは、そんな部分だけではありません。仕事に対する生真面目さ、真摯に生きようとする姿勢、そいうところに共感を覚え、一緒に生きたいと思うからです。それは、かれら自身がそういう生き方をしているからでもあります。それぞれが、魅力的で気持ちの良い人物として描かれています。

榎田さんのキャラ文庫での次回作は、8月発売予定の『ギャルソンの躾け方』(イラスト 宮本佳野)ですが、「藤井沢商店街シリーズ」3作目ではなかろうかと密かに楽しみにしています。
スポンサーサイト
別窓 | 榎田尤利 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<古都の紅・古都の紫陽花 | ホーム | 読売新聞に「ヤオイ」と「性」に関する記事が>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。