スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
「きょうの出来事」でBLが!?
2006-06-17 Sat 15:59
だいぶご無沙汰しておりましたが、その間に新聞(我家は読売ですが)で「ボーイズラブ」「やおい」という単語を目にして、「そんなに一般的な話題になって来たのかこのジャンル!」とちょっと驚いておりました。そしら何と、15日の日本TV深夜ニュースで特集として扱われたじゃありませんか! ちょうど家族3人揃ってTVを見てたんですが、ダンナと高校生の息子の反応に、何とコメントしてよいのかわからなかったです(汗)

特集のタイトルは「恋愛ゲームにはまる女性達」だったんですが、「アンジェリーク」とか「遥かなる時空の中で」とかのネオロマンス系ゲームのイベントに多くの女性達が集まった、という導入から、話の流れはBL系にひかれる女性達へ。そして、まんだらけの店内の映像なども流れて、扱われてる本にBLが多いという事や、平日のお客様には会社帰りのOLさんも多く、BL本で仕事の疲れを癒されるのでは、という店員さんのコメントもありました。

池袋乙女ロード(行ったことないですが、どの辺なんだろう)の紹介では、BLファンの女性が取材に応じてらっしゃるのだけれど、「ひょっとしてヤラセ?」と思いたくなる様ないかにもオタクな服装の方を選んでいる所に、ちょっと疑問を感じました。

その後、熟年男性コメンテーターの方が「もっと現実を直視した方が良い」というような話をされたけど、「あなたこそ女性の置かれている現実を直視してないでしょ?」と言いたくなりました。結婚されいる方だとすれば、大人の女性の本分(仕事・家事・育児など)をしっかりなさってる奥様をお持ちなんでしょうけれど、そういう女性達が心底それだけで満足しているのか、思いやった事もないのでしょうね。

ダンナは、趣味にも熱中しつつそのパワーを糧に現実に立ち向かう、という意味でオタク(男性の)肯定派なので、女性だってそうなんじゃないか、とわりと理解を示してました。私がBL本を読んでる事は、前にチラッと話した事あるんですが、これほど熱中してるとは思ってないみたいですが・・・。

自分がblogサボっている間にもよくROMらせていただいてる
「或る編集者のオケラ日記」さんや、「ボーイズラブを読む!」さんでも話題にされてました。
スポンサーサイト
別窓 | JUNE・やおい・BL | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<プリ・プリ、ホスト部、そしてNANA | ホーム | ソルフェージュ>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。