スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
男装の麗人たちと6月の読書
2011-07-31 Sun 19:30
今月からNHKBSでドラマ版「テンペスト」の放送が始まりました。
日本の幕末期、中国清に朝貢しながら薩摩藩の支配も受けていた、
琉球王朝での物語です。
仲間由紀恵さん演じる主人公は、父の願いを叶えるため、女でありながら男として国家試験を受け、琉球の官吏になります。そして琉球へ赴任してきた薩摩藩士と出会い、女として心惹かれながらも、男同士として友となって行きます。

今放送中の韓国時代劇「成均館(ソンギュンガン)スキャンダル」でも、ヒロインは男性として朝鮮王朝の官吏養成所「成均館」に入学し、同室となった学友との、男同士の友情と恋愛感情の狭間で心揺れます。韓国ドラマでは他にも時代劇では「風の絵師」「善徳女王」、私は見てないんですが現代物でも「コーヒープリンス1号店」とか、日本リメイク版も放送中の「美男ですね」などヒロインは訳あって男装という設定です。

日本のドラマでも、「花ざかりの君たちへ」など女子が男装して男子校の寮生として生活する話ですよね。現在放送中のは見てませんが、堀北真希さんのは見てました。あと少女漫画ですが、先頃完結した「桜蘭高校ホスト部」も男装女子がヒロインでした。仲間内には女子であることがバレてるところが少し他作品とは違ってますが、学校では男子高生ということになってます。

何か最近男装女子モノが多いなぁと思うんですが、共通してるのは、友情と恋愛感情の狭間で揺れる心でしょうかね。異性愛者の間で男女の友情は成立するのか、というテーマはありますが、男装女子モノ作品では、外見的には純粋に男同士の友情が成立してしまう訳です。ヒロイン達は女性として恋に悩みもしますが、想いを寄せる人も含め、男達と友情を育んでも行きます。これはやっぱり男女の友情とは少し違う気がします。彼女たちは、男の姿で男として生活する事で、純粋な友情も得られたのではないかと思います。

彼女たちは最終的に女に戻る設定なのでしょうが、恋人でもあり親友でもあり時にライバルでもあるという関係が成り立ちそうです。これはまるでBL作品の主人公達のようですね。男装ヒロインとBL受けの共通点は何だろう、などと考える今日この頃です。

そして7月も終わるというのに、今頃6月に読んだ本ですが・・・。

6月の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:6032ページ

大奥 7 (ジェッツコミックス)大奥 7 (ジェッツコミックス)
読了日:06月28日 著者:よしなが ふみ
乙嫁語り(3) (ビームコミックス)乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
読了日:06月28日 著者:森 薫
禽舎の贄 ‾きんしゃのにえ‾ (二見シャレード文庫)禽舎の贄 ‾きんしゃのにえ‾ (二見シャレード文庫)
読了日:06月28日 著者:水原 とほる
二代将軍・徳川秀忠―忍耐する“凡人”の成功哲学 (幻冬舎新書)二代将軍・徳川秀忠―忍耐する“凡人”の成功哲学 (幻冬舎新書)
読了日:06月27日 著者:河合 敦
三蔵法師の大唐見聞録(1) (あさひコミックス)三蔵法師の大唐見聞録(1) (あさひコミックス)
読了日:06月25日 著者:諏訪 緑
小野家の女たち、小町とお通小野家の女たち、小町とお通
読了日:06月22日 著者:笠原 ひさ子
玄奘西域記 (2) (小学館文庫)玄奘西域記 (2) (小学館文庫)
読了日:06月22日 著者:諏訪 緑
玄奘西域記 (1) (小学館文庫)玄奘西域記 (1) (小学館文庫)
読了日:06月21日 著者:諏訪 緑
平台がおまちかね 出版社営業・井辻智紀の業務日誌 (ウィングス・コミックス)平台がおまちかね 出版社営業・井辻智紀の業務日誌 (ウィングス・コミックス)
読了日:06月20日 著者:久世 番子
墨攻 (新潮文庫)墨攻 (新潮文庫)
読了日:06月19日 著者:酒見 賢一
夜、君の隣で夢を見る (kobunsha BLコミックシリーズ)夜、君の隣で夢を見る (kobunsha BLコミックシリーズ)
読了日:06月14日 著者:村上 左知
教科書が教えない歴史―日本と外国、勇気と友情の物語 (扶桑社文庫)教科書が教えない歴史―日本と外国、勇気と友情の物語 (扶桑社文庫)
読了日:06月13日 著者:藤岡 信勝,自由主義史観研究会
王様のベッド (ビーボーイコミックス)王様のベッド (ビーボーイコミックス)
読了日:06月13日 著者:草間 さかえ
よう輝妃 後宮の女帝 高階栄子の生涯 (朝日コミック文庫 い 70-3)よう輝妃 後宮の女帝 高階栄子の生涯 (朝日コミック文庫 い 70-3)
読了日:06月12日 著者:市川 ジュン
オレンジとレモン 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミックス)オレンジとレモン 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミックス)
読了日:06月11日 著者:坂田靖子
ファンタジウム(6) (モーニングKC)ファンタジウム(6) (モーニングKC)
読了日:06月10日 著者:杉本 亜未
ファンタジウム(5) (モーニングKC)ファンタジウム(5) (モーニングKC)
読了日:06月10日 著者:杉本 亜未
世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える (幻冬舎新書)世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える (幻冬舎新書)
読了日:06月09日 著者:香山 リカ
ファンタジウム(4) (モーニングKC)ファンタジウム(4) (モーニングKC)
読了日:06月09日 著者:杉本 亜未
ファンタジウム(3) (モーニングKC)ファンタジウム(3) (モーニングKC)
読了日:06月09日 著者:杉本 亜未
韓国ドラマ時代劇王BOOK 朝鮮王 その虚像と実像      (韓国ドラマ時代劇王BOOK)韓国ドラマ時代劇王BOOK 朝鮮王 その虚像と実像     (韓国ドラマ時代劇王BOOK)
読了日:06月09日 著者:
ファンタジウム(2) (モーニングKC)ファンタジウム(2) (モーニングKC)
良が通級の山村先生に、英明から聞いた「夕暮れ時をマジック・アワーと言う」って話をした場面、「本を読めるようになりたい」と口にした良の横顔に心を打たれた。あらためて杉本亜未さんの作品なんだなぁ、とジーンとさせられた。
読了日:06月07日 著者:杉本 亜未
学校では教えない日本史 (扶桑社文庫)学校では教えない日本史 (扶桑社文庫)
読了日:06月07日 著者:
ファンタジウム(1) (モーニングKC)ファンタジウム(1) (モーニングKC)
読了日:06月05日 著者:杉本 亜未
あたたかい肩 (BEAM COMIX) (ビームコミックス)あたたかい肩 (BEAM COMIX) (ビームコミックス)
読了日:06月05日 著者:雁 須磨子
バクマン。 13 (ジャンプコミックス)バクマン。 13 (ジャンプコミックス)
読了日:06月05日 著者:小畑 健
小野お通―歴史の闇から甦る桃山の華小野お通―歴史の闇から甦る桃山の華
大和和紀さんの「イシュタルの娘」を読んで、桃山時代に小野於通という魅力的な女性がいたことを初めて知った。俄然実在の於通に興味をひかれたが、彼女を扱った本が何とも少ない。その数少ない1冊であり「イシュタルの娘」の巻末参考文献にもあったのが本書。於通の残した書画、その名が記された文献などから、彼女の華麗とも言える足跡を辿っていく。しかし彼女の生涯には不詳な点も多く、状況判断からの著者の推測による所もある。それでも権力に寄ることなく、女流文化人という希有な立場を貫いた於通の生き様は大変興味深く感じた。
読了日:06月05日 著者:小椋 一葉
クリスマス・ラブ―春ちゃんシリーズ (角川ルビー文庫)クリスマス・ラブ―春ちゃんシリーズ (角川ルビー文庫)
読了日:06月03日 著者:湊川 理絵
秋色の女神―春ちゃんシリーズ (角川ルビー文庫)秋色の女神―春ちゃんシリーズ (角川ルビー文庫)
この文庫版に収録されている「Body Special」「最後の女神」を、この春電子書籍化された「ボディ・スペシャル」「囚われの姫君と舌技師」で読みました。「囚われの・・・」は「最後の女神」の内容をタイトルにしたものですが、自分を闇の王にたとえる男に拉致された春ちゃん受難の物語です。男にとっては、力ずくで監禁した憧れの姫君が、受容の女神となる救いであり、春ちゃんは沈着冷静頭脳明晰で、強くて優しいのです。愛する人の遺志を継ぎながら生きる春ちゃんの、柔軟で悲しみを知るからこその情が、何とも切ないです。
読了日:06月02日 著者:湊川 理絵

読書メーター
スポンサーサイト
別窓 | 周辺雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<「へだたり」と7月の読書 | ホーム | 1ヶ月遅れの読書記録>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。