スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
『非実在青少年』規制を考える-その2-
2010-03-16 Tue 04:57
今回の東京都による青少年健全育成条例改正案で最も大きな問題点だと感じたのは、この案件を広く都民に知らせて合意を得よう、という姿勢が全く見られないことです。今回のイベント代表者である藤本由香里さんも、ネットでちらほら「非実在青少年」という言葉を目にした時は、「これはネタだろう」と思ったくらいだそうですし、竹宮恵子さんも今月8日に初めて知り、あわてて学部長を勤める大学の教授会で取り上げた、という経緯があるそうです。

実際には1月にまとめられた「東京都青少年問題協議会 答申」を受けて、2月中に今回の改正案が都議会に提出されたようです。私もまだ読んでませんが、詳しい経緯は
「第28期東京都青少年問題協議会議事録」
「東京都青少年健全育成審議会 会議資料・議事録」
を参考にしてください。

今回、都庁議事堂会議室でのイベント実施に尽力くださった、民主党都議会議員吉田康一郎さんのお話。上記答申は大変問題のある意見で、提出された条例改正案では多少修正されたが、まだまだ多くの問題を含んだ内容になっている。しかし改正案の目的が「児童が性的に搾取される事態を防止する為」という大義名分を全面に出しているので、非常に反対し難い状況にある。だが、児童を守る目的であっても、その手段には大いに問題がある。そしてこの現状を一般の人々に知ってもらう機会も少なく、改正案反対は現在まだ大変厳しい状況にある、とのことです。

また、前衆議院議員の社民党保阪のぶとさんは、国会でも児童ポルノ規制について議論はされるが、国の法律である表現の自由を規制することには対しては慎重であるのに、今回の都条例改正案では表現の自由にまで規制対象の範囲を広げていることに対し、大変な疑問を感じる、とおっしゃってました。

山口貴士弁護士は、表現の自由は一度規制されしまうと、復活出来難くなってしまう事を懸念しておられ、議会は多数決によるが、多数決が必ずしも正しいとは限らず、一度決まると取り返しのつかない事に対し安易に多数決で決めてはいけない、とくに表現の自由のという曖昧な部分を含む事柄について、多数決で決めてよいのか、と疑問を呈しておられました。
そして、保阪さんがおっしゃった様に、国会では難しい表現の自由への規制、これを都政レベルの条例から行おうとする展開は、警戒すべき流れである、ということなのです。

こうした状況の中で、議員の方々が参加して下さっているのは、リスクを伴うことである、という事を皆が良く考えて理解し、改正案に反対する議員の方々を孤立無援で闘わせてはいけない。反対する方も(一般の人を含め)高いリテラシーを必要としているのだと、という指摘もありました。

規制に反対するにも、自主規制を行うにしても、それぞれが必要な知識を持つ努力をし政治リテラシーを持って、ちゃんと自分の意見を言えるだけの事はしておかなければいけない、と呉智英さんも言っておられました。

最後に、規制派にはもし今回ダメでも再度改正案を提出できる機会があるので、負けはない。しかし反対派は一度負けたらそのままになってしまう。たとえ今回改正案反対が通ったとしても、繰り返し同じ状況は巡って来るので、我々は普段から常に問題意識をもって考えていなくてはいけない。というのが山口さんの締めくくりのご意見でした。

昨夜8:45のNHKニュースで改正案反対の記者会見の模様が放送されましたが、合わせて都小学校PTA連絡協議会の条例案可決請求も報道されました。しかしPTA会員である都内小学校の保護者の皆さんの総意とは思えない。というか中高も含め、保護者の皆さん今回の事態を知らないと思います。私も地元青少協に関わっていますが、市青少年問題協議会の「青少年健全育成委員会報告」には、今回の条例改正案提出については、何も書かれていませんでした。都青少協の動きは、我々のような末端の市青少協地区委員には伝わってこないのです。自分でアンテナを張ってないとダメですね。

他のパネリストの方々のお話は、また次回書き込めたらな、と思います。

小寺信良さんの「コデラノブログ4」に皆さんのお話がUPされています。
スポンサーサイト
別窓 | 都条例について | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
<<『非実在青少年』規制を考える-その3- | ホーム | 『非実在青少年』規制を考える -その1->>
コメント
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-16 08:50 | | # | [内容変更]
コメントありがとうございました。
反対意見はメールよりハガキなどの方が有効ということでしたが、メールもしてみました。
2010-03-17 12:36 | URL | ヒトコ #- | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。