スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
お疲れ様、ありがとうございました。
2009-05-29 Fri 22:26
栗本薫さんの訃報を27日の夕刊で知り、驚きました。
まだ56歳、はやすぎますよね。ショックです…。

前にも書きましたが、小説家「栗本薫」の名前を知ったのは、角川映画「キャバレー」の原作者としてでした。映画の予告編の大まかなストーリーから、「薫」さんという原作者は男性なのだろうと思い込んでいて、その後テレビで見た中島梓さんと同一人物と知ってビックリしました。

そして栗本作品に再会したのは、パソ通仲間から紹介されたフジミにハマった後。JUNE小説といえば「栗本薫」でしょう、とその仲間たちが紹介しくれたのが、「終わりのないラブソング」と「真夜中の天使」でした。「真夜中の天使」の、あの肩に力が入りまくったあとがきに、先駆者として、清水の舞台から飛び降りるような思いであの作品を世に問うた思いの一端を知らされました。それとは別に、ちょうどその頃(1997~98年)の最新作、ルビー文庫で発表されていた「レクイエム・イン・ブルー」シリーズを読んだのも印象に残っています。

けれど、最も心に残っているのは、小説より中島梓名義で書かれた「小説道場」の道場主としての言葉の数々です。JUNEに小説を投稿してくる門弟たちを叱咤激励する熱い語り口。そして「ヤオイよ、JUNE小説よ、アナーキーであれ!」と訴え続ける姿勢でした。道場主の批評に導かれて、色々な投稿作品を読ませていただき、益々このジャンルの小説にハマっていき、また自分が何故ハマっていくのか考えるヒントに、「タナトスの子供たち」や「コミュニケーション不全症候群」も読ませていただきました。

このジャンルの作品にハマり、そして考え、多少なりとも自分自身を振り返り、おかげで救われた事もあったこと、作家栗本薫さんに、道場主中島梓さんに、今は感謝したい思いでいっぱいです。ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | JUNE・やおい・BL | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<あの一冊からの蔵書整理完了。 | ホーム | 1Kアパ→トの恋 >>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。