スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
映画「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」
2009-04-28 Tue 02:21
監督・脚本 ミン・ギュドン(韓国公開2008年11月)
よしながふみさんの同名漫画を原作とする韓国の実写映画で、日本では今月18日から公開されています。

よしなが作品の映画化ということで公開を楽しみにしていました。そのうちレディースデイにでもと思っていたんですが、ちょうど休みだったので、急遽観に行ってきました。日曜からのニュースでお聞き及びと思いますが、主演俳優さんが麻薬使用で書類送検されるというショッキングな出来事があり、上映打切りになる可能性もあるのかな、と思いまして…。

そんな残念な状況ではありますが、映画は中々良かったです。日本でTVドラマ化された作品より原作に忠実な物語で、ドラマでは単なる女性恐怖症みたいな扱いになっていた天才パティシエも、ちゃんと魔性のゲイという設定になってました。
あらすじ ( )内は原作での名前

良家の子息として育ったジニョク(橘)は、ある日突然勤めていた会社を辞め、洋菓子店を経営すると家族に宣言した。パティシエとして雇ったソヌ(小野)は、ジニョクとは高校時代のクラスメイトで、卒業式の日に告白してきたゲイだった。女嫌いのソヌのせいで、他の従業員も男性のみを募集する羽目になってしまったが、そこに応募してきたのが元ボクサーのギボム(神田)だった。彼はソヌの作るケーキの味に惚れ込み、ソヌを先生と仰いでパティシエ見習として働く事になった。

開店から間もなく、サングラスの怪しい男が店に現れた。彼はジニョクを「若」と慕う使用人の息子スヨン(千影)、しかも仕事の邪魔にしかならない不器用な男だった。この4人が働く「アンティーク」は、天才パティシエソヌのケーキとオーナージニョクの接客で軌道に乗り始めるのだが…。
原作通り、ソヌ(小野)の告白にジニョク(橘)が酷い言葉を返すところから映画は始まります。そして開店後は、少年の誘拐事件やら、天才パティシエ引抜き騒動やらが起こりますが、ギボム(神田)のボクサー時代の話やスヨン(千影)の娘の話などは端折りつつ、この店を出した理由でもあるジニョクの子ども時代に起きた事件の確信に迫って行きます。途中、映画「嫌われ松子」だかクドカンだかと思うようなミュージカルな演出が何でしたが、原作の物語を2時間弱に上手く纏めていると思いました。

本当に大変な事になって残念ですが、映画の上映はこのまま続行されるといいのになぁ、と思います。とりあえず現時点では打切りのアナウンスは無いみたいですが…。

P.S.
シネカノン有楽町公式サイトのお知らせによりますと、当初予定通りの期日まで上映されるようです。東京では、シネカノン有楽町1丁目が5月22日まで、恵比寿ガーデンシネマが5月15日まで、の予定だそうです。
スポンサーサイト
別窓 | BL周辺の作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<本の山、あの一冊が見つからず。 | ホーム | 劉備くん 青天の赤壁 >>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。