スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
「私説三国志 天の華・地の風」 書誌情報など
2009-04-15 Wed 01:03
先日「レッドクリフII」を観てきました。なかなか見応えがあって、面白かったです。
「Ⅰ」では戦闘シーンでちょっと睡魔に襲われましたが、今回は眠くなる間もない展開でした。孔明さんと周瑜との関係は、最後まで「三国志演義」とも、もちろん「私説三国志」とも違っていましたが、この映画単独で見たら、多くの犠牲の果てに辿り着いた、きれいな終わり方で良かったのかもしれません…。

「II」の公開直前に、登録してる復刊ドットコムから「私説三国志」ご紹介メールが来ました。「I」公開の時は、BL系本の復刊リクエストしてなかったからか、こんなに三国志で盛り上がると予想されなかったからか、お知らせありませんでした。でも映画観てすっかり三国志マイブームなったおかげで、全巻買ってしまいましたけれど。

そんな訳で、最近三国志マイブーム仲間になられた方の参考までに、改めて書誌情報など書き出してみました。

「私説三国志 天の華・地の風」完全版
江森備 著 ブッキング発行 全10巻(旧版 光風社出版 全9巻)

1巻 2007年7月発行(旧版1986年12月初版)
  第一話「わが天空の龍は淵にひそみて」(小説JUNE1985年6・8月初出)
    赤壁の戦いに向け周瑜との駆け引きから、呉よりの脱出まで。
  第二話「沫雪は千重に降り敷け」(小説JUNE1985年10・12月初出)
    赤壁の戦いから、周瑜の死まで。

2巻 2007年7月発行(旧版1987年1月初版)
  第三話「上邪 我れ君と相知り」(小説JUNE1986年4月~10月初出)
    呉との対立から、蜀へ向かうまで。

3巻 2007年9月発行(旧版1990年12月初版)
  第四話「彼の蒼なるものの名は(一)」(小説JUNE1989年6月~90年2月初出)
    関羽が荊州で窮地に陥るまでと、魏延との関わりなど孔明の回想。

4巻 2007年12月発行(旧版1990年12月初版)
  第四話「彼の蒼なるものの名は(二)」(小説JUNE1990年4月~6月初出)
    関羽敗走から劉備の死までと、孔明の回想。

5巻 2007年12月発行(旧版1993年6月初版)
  第五話「明き星天狼を見よ」(小説JUNE1992年4月~93年1月初出)
    南蛮夷との攻防。

6巻 2008年1月発行(旧版1998年5月初版)
  第六話「ゆけ黄金の翼(一)」(旧版初出)
    北伐。出師から馬謖の事まで。

7巻 2008年2月発行(旧版1998年7月初版)
  第六話「ゆけ黄金の翼(二)」(旧版初出)
    第二次北伐に向け、反対勢力との対立など。

8巻 2008年3月発行(旧版1998年9月初版)
  第六話「ゆけ黄金の翼(三)」(旧版初出)
    北伐の最中、劉禅周辺からの疑念、司馬仲達の動向など。

9巻 2008年4月発行(旧版1998年11月初版)
  第六話「ゆけ黄金の翼(四)」(旧版初出)
    後継者とすべき姜維の思惑、そして最後の北伐へ。

10巻 2008年4月発行(旧版1998年11月初版9巻)
  第六話「ゆけ黄金の翼(五)」(旧版9巻初出)
    五丈原へ…。
  外伝「死者たちの昏き迷宮」
    (角川書店1995年6月発行「妖花―ルビーアンソロジー」所収)
    あの世での孔明弾劾裁判? の話。
  外伝「桃始笑」(マガジン・マガジン1995年11月発行「JUNE全集10巻」所収)
    三顧の礼直後の劉備との話。

以上、すごく簡単に内容も紹介してみました。
三国志全体の流れは、白井恵理子さんの「超ウルトラダイジェスト版『三国志』あらすじ」など参考にいかがでしょうか。本当に超簡潔ですが、結局そういうことよね、と納得です。

白井さんの「劉備くん」といえば、孔明さんの呉の兄上が、弟にコンプレックス持っていてすぐにイジイジするキャラとして登場するんですが、「レッドクリフ」では存在さえ匂わせる事もなく、全く登場しませんでした。無視された兄上は地中深く穴を掘って埋まっていることでしょう(笑) 

「演義」では長身で不美人な上に発明好きの変わった女性ということになってる孔明の奥様も、映画には出てきませんでしたね。「二喬」と言われた美人姉妹だったのに、小喬のお姉さんの大喬も出てきません。孔明夫人も大喬も「劉備くん」には出てくるのに…。

そん訳で色々と「演義」とは違っている所も多かった「レッドクリフ」ですが、上手にエピソードを拾っている所もありました。「苦肉の計」とか実際には行われないんだけど、それがこの映画での周瑜さんの株を上げてました。

逆に映画オリジナルなエピソードでは、兵法といえば孫子なのは解りますが、「風林火山」の話は日本人が見たらまず甲斐の武田軍団思い浮かべちゃうのが、ちょっとなぁと思いました。三国志の方が本家本元の中国な上に、武田信玄より千年以上も古いんですけどね…。

それにしても、周瑜の孔明への感情というのは、「レッドクリフ」みたいな爽やかなものではなくて、「演義」のような狭量とも違って、 「私説三国志」にあるような情愛と嫉妬と憎悪とに満ちた複雑なものである方が、グッときますね。
スポンサーサイト
別窓 | 江森備 | コメント(2) | トラックバック(1) | ↑top
<<劉備くん 青天の赤壁 | ホーム | 映像化される漫画作品>>
コメント
わたしもようやく見ました、「レッドクリフ2」。そしてレビューをアップしたので、トラバもさせていただきました。

>多くの犠牲の果てに辿り着いた、きれいな終わり方で良かったのかも
そうかもですね。映画では、曹操は悪役っぽく描かれていたけど、最後は戦いの虚しさが表現されていて、「悪役を倒した」カタルシスとは違う雰囲気でしたしね。

私も、周喩の孔明への気持ちは複雑な方が、グッときます・笑
2009-04-24 02:41 | URL | lucinda #- | [内容変更]
lucindaさん、トラバありがとうございました!
blogのレビュー、とても楽しく読ませていただきました。
あらめて色々な場面(特に突っ込み処)が思い出されて、
思わずニンマリしてしまいました(^-^)

>最後は戦いの虚しさが表現されていて、
>「悪役を倒した」カタルシスとは違う雰囲気でしたしね。

戦いの結末は知ってる訳ですが、なるほどそういう終わり方なのね、と思いました。
「三国志」の最終結末もつまり、そういうことですものね。

周喩と孔明が、先々の事を匂わせながらもあんな風に別れたのは、
それはそれで、国を背負って戦うことの虚しさでもあるのでしょうか。
でもつい、個人として互いを思う気持ちの方を考えてしまったりして…。

こちらからは、別エントリーからトラバさせていただきますね。
2009-04-25 17:29 | URL | ヒトコ #hHr8eLEw | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
レッドクリフ Part2
レッドクリフ Part2
もうすごく楽しみで、公開を指折り数えていた「レッドクリフ Part2」。Part1を一緒に見たKさんと、ワクワクしながら日にちを決めて、新宿に向か...
30半ばにしてやおいにハマる 2009/04/24 02:05
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。