スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
少年ジャンプの女性読者って…。
2009-03-30 Mon 02:07
ジャンプ編集部が登場する漫画「BAKUMAN」(原作:大場つぐみ/漫画:小畑健)2巻、前の書込みをした時には、未だ全部読んでいなかったんですが、実は最後の方のエピソードで女性読者について触れていました。ジャンプでは、アンケートの人気投票の順位が、作品の掲載に大きな影響を与えている、というのはよく知られている事です。「BAKUMAN」の中で、主人公たちの担当編集者が語るには、「今はアンケートを送ってくるのは、30%は女の子だから」女の子に支持されない作品は厳しいという事でした。

この物語はフィクションですが、ジャンプ編集部を舞台にしているからには、この数字は全くのデタラメという訳ではないのでしょう。ネットで検索していたら、「少年ジャンプの読者の4割は女性」などという書込みも見かけましたが、さすがにそんなに多くはないでしょう。何となくアンケートに回答する率は女性の方が多そうな気がするので、女性読者の割合自体はもうちょっと少ないのでは、と思います。それでもほんとに結構多いんですね…。

2005年というからもう4年も前ですが、「少年ジャンプの読者層の変化・女性読者の影響 」というのブログ書込みを見つけました。この記事内で紹介されいた他の方の書込み「人気投票結果への「反響」について思うこと」でも触れいましたが、女性読者の反応がジャンプに与える影響が随分前から話題になっていたんですね。

2005年頃なら、「デスノート」や「ヒカルの碁」のほったゆみさん原作(漫画:河野慶)「ユート」も連載されいたので、私もまだ毎週ジャンプを買っていました。上の書き込みで問題になっていた「銀魂」だって読んでましたが、女性読者と人気投票のことがそんな問題になっているとは、ちっとも知りませんでした(^^;) 何度も書くようですが、自分も読んでいたくせに「銀魂」が女性受けする作品だという認識がありませんでした。

でも、それは別にしても、女性読者がキャラ人気投票に走る気持ちは解ります。パソ通時代に「ドラゴンボール」ファンの書き込みで感じたのは、女性ファンには登場人物への思い入れの深さから作品を語る人が多いのに比べ、男性ファンは物語論とか表現の意味などから作品を語る人が多かった事です。女性ファン同士だと「〇〇というキャラが好き」という話で盛り上がってしまうんですが、男性ファンが作ってる会議室などでは、そういうキャラ萌的発言は嫌がられる場合もありましたね…。同じ作品のファンでも、女性ファン的な読み方と男性ファン的な読み方があるのかなぁ、と思ったものです。

歴女の話でも思いましたが、女性ファンの多くは、登場人物とかその関係性にハマるのあって、作品論的なものや時代背景的な事柄への関心は二の次(もちろん関連情報として関心はあるんですが)になってる場合が多いということですね。そのあたりがどうも、同じ作品、同じ人物や時代に思い入れがあっても、男性的関心を持つファンとは微妙に違いが生じるところです。この違いって何処から来るものなのでしょうか。これが「やおい」を読み解くひとつのカギだと思うんですが、何故の答えを明快に答えるのは難しいです…。
スポンサーサイト
別窓 | JUNE・やおい・BL | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<源平紅雪綺譚 | ホーム | 漫画化されるジャンプ編集部>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。