スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
年末、孔明さんにハマる
2008-12-31 Wed 01:16
「私説三国志」6巻に突入した処で、プチ三国志ブームから孔明さんブームにシフトして、孔明本を色々拾い読みしてます。なので只今、本編読書は少々停滞中です。

諸葛亮孔明、江森さんの作品を読むまでは、三国志で一番印象に残る人物ではあっても、深く興味を持つ程の魅力を感じない人でした。何かやけに優等生なイメージを受けるのに、天才軍師といっても後半あんまり勝ってないし、その策も凄いんだか卑怯なんだかよく解らなかったし(^^;)、結局何だか中途半端なまま五丈原だし…。
でも「私説三国志」を読んだら何故だかハマりました、孔明さんに。

そして、面白そうだと図書館で借りた「泣き虫弱虫諸葛孔明」(酒見賢一著 文芸春秋刊)では、「何故この男が稀代の軍略家と讃えられるのかさっぱり分からない」とか、「おとなげない男」とかいう序章部分の孔明評に、妙に共感しました(笑) 本編はまだ詳しく読んでないですが、酒見さんの孔明は我が道を行く奇人変人さんです。江森さんの孔明とは全く違って、自分の存在に対する悩み葛藤は一切なくて幸せそうですし、全体的にコメディーです。
おかげで「私説三国志」10巻を読んだ衝撃から復活することができました。

他に図書館で借りているのは
「三国志演義」(羅貫中著 井波律子訳 ちくま文庫)全7巻のうち6・7巻
「正史三国志」(陳寿著 裴松之注 井波律子訳 ちくま学芸文庫)全8巻のうち5巻「蜀書」
私たちが俗に三国志と言うのは、劉備玄徳の蜀漢を中心に描かれた「三国志演義」で、吉川英治版はこれにそった物語でした。著者の羅貫中は三国志の時代から1100年程後の明代初期の人だそうです。

「正史三国志」は、あの邪馬台国の記述がある「魏志倭人伝(正式には魏書東夷伝倭人条)」も書かれている歴史書です。著者の陳寿は孔明の亡くなる前年(233年)の生まれで、最初は孔明のいた蜀漢の役人だったそうで、蜀が魏に降伏した後、魏の役人を経て晋の時代に「正史三国志」を書いたようです。なので三国志とは言っても、全65巻の内30巻が「魏書」で「蜀書」は15巻だけ、しかも孔明の為政者としての資質は認めながら、軍事面については批判的です。

その陳寿三国志に注釈を付けたのが裴松之(372年生)で、様々な文献から関連記事を引用しています。裴松之自身は「作り話が多い」と評しながら引用している「蜀記」というのがあるんですが、ここでは孔明さん大絶賛されています。「三国志演義」の孔明も、こんな裴松之の注釈を下敷きに生まれたものと思われます。

今読んでいるのは、孔明小説としては正統派なのかなと思われる陳舜臣さんの「諸葛孔明」(中公文庫) です。陳舜臣さんは他に三国志本も書かれてますが(未読)、その上でまた孔明を書いていることに興味を持ちました。季刊「中央公論文芸特集」に1985年秋から1990秋まで連載されていたというので、雑誌連載開始が江森さんの「私説三国志」と同じ時期なんですね。ちょっとビックリ。

それから「劉備くん赤壁オリンピック」(白井恵理子著 メディアファクトリー2008年11月刊)
みなさんあいかわらず可愛らしくお間抜けでした。
帯に「誰も死なない三国志」とあったのが印象的です…。
続きはYAHOO!コミックで読むことが出来ます。

こんな訳で、他のBL本は近頃あまり読んでないんですが、ホワイトハートから柏枝真郷さんの新刊「ホーリー・アップル」が出ていたので買いました。「硝子の街にて」以来、久しぶりのパープル版です。

今年もあまり本の感想を書かずに一年が終わりましたが、来年もまたマイペースでやっていこうと思います。皆様一年間お世話になりました。よいお年を。
スポンサーサイト
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<子連れオオカミ | ホーム | 「私説三国志 天の華・地の風」完全版 10巻!>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。