スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
「小説道場」投稿作品リスト、完了。
2008-11-27 Thu 02:36
ここのところ、投稿リストを書きだすために「小説道場」を拾い読みしていました。
うっかりすると、道場主中島梓先生の熱意に引込まれて熟読してしまい、作業が進まないのが難点でした(^^;)  「小説道場」については以前も書いていますが、あらためて読んでみると、JUNE小説が隆盛にともなって変容していく過渡期を、追体験しているような気になってきました。

中島梓道場主による薫陶により、門弟たちの作品がJUNE誌で人気を得て、さらに単行本や文庫本を出す人気JUNE作家を輩出することになりました。1992年頃までは、それをとても喜んでいたいた様子の梓先生でしたが、JUNE1994年2月号で次のようなお話をされています。
第六十一回 年頭のご挨拶より。

去年は角川ルビー文庫の創刊(注:92年12月だが…)をはじめ、JUNE小説、「新耽美小説」などがたいへん市民権をひろげてきたように見える年であった。この小説道場の門弟からもずいぶん、プロの作家として作品が刊行されるものがあいついだし、またそれがなかなかの売れ行きを示したりと、世の中が大きく変わりつつある印象があった。

今年1994年がどのような年になるかはわからないが、いったんこちらに向かって動き始めたものは何の理由もなく別の方向に向かってゆくことはないだろう。これから先JUNE小説を書いてゆく人々、また小説道場に投稿してくれる人々にとっては、JUNEというジャンルは私がただ一人「真夜中の天使」を出版してありとあらゆる「ヘンタイ」の評判をとっていた当時とは存在の仕方がまったく違っている。

それがいいことであるのか、デメリットである部分もあるのか、それはあまりに複雑な要素を持った問題で簡単にはわかりようがないが、ともあれこの一年が去年よりもJUNE小説を書く人々にとっても、読む人々にとってもよりよい年であるように個人的には道場主としても期待したいところであります。
94年初頭というと、まだボーイズラブという呼称が一般化する前だと思いますが、そういう時代に向かって行きそうな予感に、戸惑っておられますね。この後しだいに道場主の投稿作品への違和感が見え隠れしはじめて、95年に入ると「小説道場」存在意義に疑問を持つようになります。結局その年末には梓先生による「小説道場」は終了してしまいました。

私が小説JUNEを読み始めたのは1998年。ちょうど、小説JUNE1号からのJUNE作家であった榊原史保美さんが「やおい幻論」を出された年でした。前年に発行された「新版・小説道場4巻」には、中島梓先生が「やおいゲリラ宣言」を書かれてましたね。私の知ってるJUNEは、既にボーイズラブの時代のJUNEだったんだなぁ、とあらためて思ったりしました。
それについては、また別の機会に書こうと思います。

そんな訳でJUNE「小説道場」投稿作品リスト何とか最終71回まで終わりました。我ながら暇人だと思いますが、年末に向かってやらねばならぬ家の事など色々考えると、つい逃避行動にでる悪い癖が…。ついでに、JUNEリストの方も少し追記しました。
スポンサーサイト
別窓 | JUNE・やおい・BL | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
<<JUNE誌の履歴書 | ホーム | 「私説三国志 天の華・地の風」 完全版>>
コメント
■はじめまして
yoriと申します。JUNE時代を全く知らない私にとって、昨年刊行された『サミア』(須和雪里)は本当に衝撃でした。その頃の作品をもっと読みたいと思ってもなかなか難しいのが現状ですが、ヒトコさんのブログを拝見して、「知りたい」という気持ちがかなり満たされました。ありがとうございます。またお邪魔させていただきます。
2009-02-17 01:22 | URL | yori #- | [内容変更]
yoriさん
お立ち寄りくださって、ありがとうございます。

復刻「サミア」私も読みました。以前ルビー版を読んで良い作品だと思ったので、懐かしかったです。私もこの作品がJUNEに掲載された頃の事は知りませんが、10年位前にはルビー文庫に須和さんはじめJUNE掲載作品も多く出ていたので、何とか読むことができました。

今は古書店か図書館探すしかないですが、一昨年は野村史子さんの「テイク・ラブ」や吉原理恵子さんの「銀のレクイエム」も復刻されましたが、あの頃の名作が他にもまた復刻されると良いですね。
2009-02-18 21:19 | URL | ヒトコ #- | [内容変更]
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。