スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
念願の「DESPERADO」読めました!
2011-02-06 Sun 02:43
柏枝真郷さんの「DESPERADO」シリーズ、昨年末に同人誌として2冊が発行されました。JUNEの小説道場に投稿されたあと、雑誌掲載も書籍化もないまま幻の作品となっていた、第1話「DESPERADO」と第2話「TWEHTY YEARS AGO」です。

「DESPERADO」が小説道場で取り上げられたのは、(大)JUNE1989年1月号掲載と思われる第30回、「TWEHTY YEARS AGO」は同5月号掲載と思われる第32回でした。続いて投稿され道場第34回に登場のシリーズ3話「500MILES」は、小説JUNE39・40号(89年10・12月号)に前後編で掲載され、後に「June全集5」(95年9月刊行)に収められました。

その後投稿の「DESPERADO」シリーズ作品は、何故だかJUNE誌に掲載されることはありませんでしたが、91年9月刊行の「時が過ぎゆきても」から順次単行本化され、物語は単行本書下ろしの第2部へと続いていきました。

既刊本については 前にも書きましたが、主人公二人の出会いを含めた最初の2話だけは、これまで22年間も未発表のままでした。この度柏枝さんが、この2作を改稿され同人誌として発表してくださったおかげで、念願だったデスとトニーの出会いの物語をやっと読むことが出来ました。
マンハッタンを思わせる架空の街、イーストリバー市ユアランド。その裏街ミラクルロードで暮らす私立探偵のクラーク(デス)は、亡妻の父で弁護士のジェロームにある殺人事件の調査を頼まれる。

弁護士にその仕事を依頼した被害者である大学教授の母は、亡くなった息子の助手アンソニー(トニー)に、探偵の案内役を頼んでいた。

トニーとともに大学教授の身辺を調査するうち、デスはトニーの過去を知り、その孤独な生き方に、しだいに共感と情愛を覚えるようになるが・・・。
おお、なるほど、そうやって出会ったんですね! 既刊本でトニーの実母と養母の話を読んでいるので、この事件でトニーがどんなに辛い思いをしたか、更によくわかるような気がしました。それぞれ家族を失った二人が、孤独と恐れを乗り越えながら、再び誰かと共に生きようとする物語です。その道は中々に険しい面もあるけれど、あたたかい想いを育ててもいきます。

ところで、「June全集5」所収の「500MILES」以外、このシリーズの投稿作品が全くJUNE誌に掲載されていなかったこと、今回初めて気がつきました。その後投稿の「厄介な連中」シリーズとかは掲載されいるんですが、「DESPERADO」シリーズだけは、JUNE誌掲載なしで単行本化されたんですね。

何故かはわかりませんが、たぶん中島梓先生のお考えだったのではなかろうか、
と思います。あらためて、今は亡き中島梓道場主の、JUNE投稿作品と投稿者への深い思いを考えさせれました。

小説道場第38回(1990年JUNE5月号掲載と思われる)、「WIll YOU LOVE ME TOMORROW」(「時が過ぎゆきても」所収)で初段となった柏枝真郷さんへ、
中島梓道場主は次のような激励を送っています。
書かれる人間が本物になった時、読むものもまた書く方のでなく
書かれたものの人生に感応する。
いま君の書いている愛は確かにほんものだ、という気が私はする。
だから私も一読者になって、どうかこの二人が幸せになってほしいと祈りもするのである。
---- 中略 ----
もちろん二人が幸せになるかどうかなんてだれが知るだろう。自分のことだって幸せになりたいと思いつつちがう方向へゆきつづけるのかもしれないのだから。
---- 中略 ----
柏枝初段お目出とう。
二人を幸せにしてやってよ。もしもできることなら。
「DESPERADO」シリーズを知ったあと初めてこれを読んだ時、泣けてしまいました。そして益々このデスとトニーの二人が愛おしくなりました。

このシリーズ、「オールド・フレイム」で終わったのかと思ってましたが、この度全作を読み直したところ、あとがきに「続く」ということが書かれているのを確認しました。終わってないんですね、まだ続くんですね!「オールド・フレイム」から既に8年が過ぎようとしておりますが、柏枝真郷さま是非続編をお願いいたします!

そしてみなさま、既刊本は只今絶版状態ですので復刊リクエストもよろしくお願いします!
スポンサーサイト
別窓 | 柏枝真郷 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。