スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
健全育成条例と権利条約
2010-12-18 Sat 01:20
12月15日「東京都青少年健全育成条例」の一部改正が都議会本会議にて可決されてしまいました。今回のおかしな規制強化には納得がいかず反対でしたので、非常に残念です。

この改正には弁護士山口貴士さんのblogでもその問題点を指摘されている「第7条第2号」の改正(改悪)があります。これは、現行条例でも「図書類又は映画等の内容」に対する性表現規制があるにも関わらず、「漫画・アニメーションその他の画像(実写を除く)」を対象とする性表現規制だけを強調したものです。しかも改正案にも「映画等の」と書かれているのに(実写を除く)っていうのは矛盾があります。

性表現に対する規制もある程度は必要でしょうが、法的な規制は最小限であって欲しいのです。知事が会見の度におっしゃる酷い漫画なら、「図書類」という事で現行条例での規制が可能なのではないでしょうか。書店やコンビニで販売される漫画も図書類に含まれるとしか理解できない私は、根本的に大間違いなのでしょうか・・・。

そして15日の可決を受けてのTV番組などが、あたかも今回初めて都条例に「性表現に対する規制」が出来たかの様な印象を持たせる報道だったのは、大きな誤解を招くのでやめて欲しかったです。現行条例で既に性表現規制はされています。にも関わらず更なる(しかも曖昧な)規制強化をしようとしている事に対して反対しているのです。

そもそも石原知事の会見での発言からして、今回の改正で初めて「性表現に対する規制」を盛り込めたかの様な言い方で、さらに改正反対派に対し「無闇に一切の規制に反対している子どもの敵」という印象を与える様な発言をし、人権意識が皆無としか思われない言葉を連発しているのには怒りを感じます。その前に、すでに性表現規制がある現行条例に今回の改正がなぜ必要なのか、納得のいく説明をしてもらいたいです。

「子どもを守る」為の条例という事になっているので、改正反対派は子どもの事を考えていない、という言う人もいますが、それは全く逆です。子どもの事を考えるからこそ、規制には慎重になって欲しいのです。規制ばかりに頼る事によって、子ども自身の判断力を育てる事の重要性を忘れてもらっては困ります。

特に性に関す問題は、生きていく上でとても重要なことです。子どもが自身を守るためにも、性の自己決定が出来るような教育も必要です。規制強化より先に、家庭や学校で、自他の人権問題も含めて「性と生」について子ども達に教えられるような支援をこそして欲しいのです。

「子どもを守る」といえば、日本は1994年に国連「子どもの権利条約」(日本では「児童の権利に関する条約」)に批准していますが、この条約の目的は「子どもにとって最善の利益を考慮する」ことです。

人権を大人の側からだけ見た場合、子どもはどうしても保護しなければならない対象としてのみ考えられがちです。保護する事は大切な事ですが、その場合の「保護」は、大人にだけに都合のいい方法に成ってしまう可能性があります。一見大切にされているようでも、そのかわりに全て大人の指示通りに行動しなくてはならなかったり、自分の考えを言う事も許されなかったら、子どもにとって幸せな事といえるでしょうか。

健全育成条例による様々な規制は、子どもを保護する上で有効な場面もあるでしょうが、行き過ぎれば大人にだけ都合のいい保護になってしまうのでは、という懸念があります。今回の改正案に、ちょっと待った!と言いたくなったのも、そういう心配が頭を過ぎったからです。特に性表現規制については、これによって子ども達が見る漫画やアニメからそういう表現が一切なくなるような方向へむかうとしたら、昔の純潔教育みたいな事になってしまうのでは、と嫌な気持ちになりました。

「児童の権利に関する条約」に関して、実は批准以来様々な逆風が吹いております。小学校の教科書に載っているのに先生方は内心眉をひそめ、地域の年配者が「権利ばかり主張して我がままになる」「紛争地域の子の為の条約であり、平和な日本の子には当てはまらない」と言うのを私自身実際に見聞きしています。

そしてこれは全国各地の自治体で「子どもの権利条例」を制定しようとする時に、反対派の方々から上がる意見と同じなのです。この方々の主張というのは、どこか健全育成条例推進派方々の意見と似ているなぁ、と思います。これは各地で「権利条例」VS「健全育成条例」な展開が頻発しているのではないか、と想像されます。東京でも「子ども権利条例」をつくる活動がされていますけれど、現知事のもとでは難しそうです。

しかし「児童の権利に関する条約」は、やたらに子どもの権利のみを主張するものではなく、他者の権利や公共性を考慮した一定の制限を課しながら、その中で最善の利益を受けられるようにというものです。たとえば義務教育は、子どもが教育を受けられる権利を保障するものであって、子どもの義務ではなく、保護者や社会が子どもに教育を受けさせる義務です。権利条約も同じように、子どもにとっての最善を大人が考える義務あるということを示しています。

それは子どもの言いなりなる事とは全く違います。子どもが成長する過程で必要な様々な知識を、その最善の利益を考慮して教える義務があるということです。子どもの主張にも耳を傾けながら、必要があれば、時に厳しく他者の権利や公共性について教えることも、その中に含まれると理解しています。

そして国は、子どもの養育及び発達には父母が共同に責任を有することを認めることとしています。法的な規制より先に、親が子どもの判断力を育てることに責任を持つということです。国や自治体はそこにまず留意し、我々親も上からの規制に頼らず、自分の価値観をしっかり持って、子どもと向き合わなくてはいけないということです。

性表現につてもある程度の規制は必要でしょうが、今回の様に漫画やアニメのみを対象として強調し、しかもその線引き判断が曖昧な規制というのは、子どもにとっての最善の利益とは思いません。そして親が子どもに見せたくないと思う性表現に出会った時、その理由を条令による規制に委ねるは間違えです。何故見せたくないのかは、親自身の責任判断と言葉で、ちゃんと伝えて欲しいのです。

子どもと情報・表現の自由については、下記の様な条文があります。「児童の福祉に有害な情報及び資料から児童を保護するための適当な指針を発展させることを奨励する」という文言もありますが、それには「第13条及び次条の規定に留意」することが求められています。
「児童の権利に関する条約」より

第13条
1 児童は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。

2 1の権利の行使については、一定の制限を課することができる。ただし、その制限は、法律によって定められ、かつ、次の目的のために必要とされるものに限る。

(a) 他の者の権利又は信用の尊重
(b) 国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護

第17条
 締約国は、大衆媒体(マス・メディア)の果たす重要な機能を認め、児童が国の内外の多様な情報源からの情報及び資料、特に児童の社会面、精神面及び道徳面の福祉並びに心身の健康の促進を目的とした情報及び資料を利用することができることを確保する。このため、締約国は、

(a) 児童にとって社会面及び文化面において有益であり、かつ、第29条の精神に沿う情報及び資料を大衆媒体(マス・メディア)が普及させるよう奨励する。
(b) 国の内外の多様な情報源(文化的にも多様な情報源を含む。)からの情報及び資料の作成、交換及び普及における国際協力を奨励する。
(c) 児童用書籍の作成及び普及を奨励する。
(d) 少数集団に属し又は原住民である児童の言語上の必要性について大衆媒体(マス・メディア)が特に考慮するよう奨励する。
(e) 第13条及び次条の規定に留意して、児童の福祉に有害な情報及び資料から児童を保護するための適当な指針を発展させることを奨励する。

第18条
1 締約国は、児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有するという原則についての認識を確保するために最善の努力を払う。父母又は場合により法定保護者は、児童の養育及び発達についての第一義的な責任を有する。児童の最善の利益は、これらの者の基本的な関心事項となるものとする
「児童の権利に関する条約」全文は外務省サイト内に掲示されていますので、参考にしてください。うちの母屋のサイトにも「子どもの権利条約」についての備忘録的コーナーがあります。
スポンサーサイト
別窓 | 都条例について | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
11月30日、都議会傍聴&懇談会
2010-12-05 Sun 17:19
11月30日午後1時からの都議会本会議を傍聴してきました。
12時から傍聴券配布で、開催20分前には東京都交響楽団による弦楽四重奏の演奏がありました。こんなのあるんだ、とちょっとビックリ。都が作った財団法人なので、文化振興の意味があるのでしょうね。

曲目は、
モーツアルト:ディヴェルティメント 第1番 ニ長調
佐藤直樹:「龍馬伝」オープニングテーマ
ブラームス:ハンガリー舞曲第6番

さて本会議、議員表彰や海外調査団報告など諸々ありましたが、
この日のメインは石原知事の所信表明。
青少年健全育成条例改正について下記のように触れていました。
犯罪に巻き込まれかねないインターネットの上の有害情報から子ども達を大人の責任で守る必要があります。また子ども達の目に決して触れさせてはならない漫画が通常の書籍と並んで店頭に置かれている状況を改善する取り組みにこれ以上の猶予は許されないと思います。これまでの議会などでの議論を踏まえあらたな「青少年健全育成条例」の改正をお願いします。
長い所信表明なかで「一言触れた」くらいの事でした。
東京都他にも問題山積なんです。
不必要な条例改正に時間を割かなくてもよいのでは・・・、と思いました。
石原知事所信表明、全編の映像はこちらから
(青少年条例について触れてるのは20分25秒頃です)
石原さんこんなに滑舌悪かったかなぁ、という感じでした。お疲れなんでしょうか。

11月に出された改正案の内容については、
下記の弁護士山口貴士さんのblogを参考にしてください。
「第7条第2号から見える「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」の問題点」
「第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」の条文の検討」


本会議傍聴の後、3時から委員会室で行われた下記懇談会に参加。

『青少年条例「改正」案に関する議員と都民の懇談会』
主催:「有害」コミック問題を考える会2010

お話をしてくださったのは下記の皆さま。
弁護士:田中隆さん
日本雑誌協会:西谷隆行さん、高沼英樹さん
前衆議院議員:保坂展人さん
都議会議員:吉田信夫さん、西崎光子さん、福士敬子さん

田中さん
「青少年条例・12月改正案をめぐって」
(PDFをアップしてくださった方いたのでリンクさせていただきました。)
という自作資料を配布、それに沿って問題点を話してくださいました。

西谷さん
現行条例も良いとは思わないが、
今回の改正案で都がしようとする規制は、現行条例で可能ではないか。
東京都では他府県にはない「個別指定制度」も導入している。(参考:個別指定
出版社だけでなく、取次ぎや書店の方々と議論する場がある事が重要。

高沼さん
8月4日・30日に
「青少年健全育成のための図書類の販売等のあり方に関する関係者意見交換会」

が行われた。条例改正案は、規定が曖昧である。出版界としては作品に細かい規制をすることは自らの首をしめることになると思う。
11月29日の漫画家さんの記者会見で、新聞社の方から
「売り場の規制は表現規制にならないのでは?」
という質問があったが、売り場の規制は表現規制のうちで最もやりやすい方法である。
BPOに対してもっと強い規制をかけるという圧力がある。
(BPOってこちらのことですよね)

保坂さん
今回の改正案は、一部を規制したいが為に、大きな風呂敷をかけてしまおうという様な考え方。1999年に「児童ポルノ法」を作るとき、漫画アニメも今後の規制対象となるかという話もあったが、人権の尊重という考えでは、実際の被害者がいない問題であることから、取り上げられなかった。にもかかわらず都の条例に、という問題になっている。
青少年が性的な事柄に好奇心を抱かないという社会はあり得ない。それは正しく抱かなければならないだろうが、それがどういうものなのか規定するのは難しい。検閲社会にならないよう、都議の皆さんには頑張ってもらいたい。

吉田さん
条例改正には反対。撤回をのぞみ否決を目指す。
一定のルールを作ることを否定はしないが、最小限であるべき。業界の自主規制を尊重し、青少年の自己決定能力を高めることが必要。
石原都政になってから、治安対策一本槍になっている。知事は、条例改正をこれ以上猶予できないといっているが、学問的知見は見出せず、立法事実を明確に出来ない。

西崎さん
子どもの問題に関わっている弁護士の方などとも話をしている。「子どもを守りたい」という議員の方々は、規制でほんとうに守れると思っているのだろうか。規制に賛成する理由がない。今回の条例改正に反対する。

福士さん
最初から規制には反対。青少年が、性的な作品に触れたからといって、性犯罪に走るのだろうか? 自己判断が出来るようになることが大切。きちんと自分で考えることの出来る教育をしないで、規制ばかりしている。子どもを無菌状態で育てるのは危険。


お話くださった皆様、どうもお疲れ様でした。ありがとうございます。
皆さまのお話の後参加者からの質問もあったのですが、
今回はここまでにしておきます。
(一般の参加者は120名くらいだったそうです。)

議員の皆さんへの規制反対意見のメールやFAXで、非公開のアドレスへの大量メールなど、ご迷惑だったケースもあるようです。
規制反対の活動も節度を持って行わないと、と思いました。
なのに、司会の女性がメールや議員さんへの訪問を奨励していたのには疑問が・・・。

私も春にはメール送ったりしましたが、その後のツイッターなどでの一般反対者の様子に少々違和感があったり、実際に動いて時間を割いて頑張っていらっしゃる作家の皆さんに申し訳なく思ったり、色々とこの問題への自分の立ち位置が解らなくなっていました。

でも私が条例改正の問題を聞いて最初に感じた、上からいきなり規制される気持ち悪さ、それを忘れてはいけないんだと思いました。そして実際に親として感じた、性教育バッシング傾向や、子どもの権利に眉をひそめる様な姿勢の大人がいることへの疑問。今回参加くださった都議の皆さんのお話にもありましたが、行政も規制ではなく、自己決定や判断力を身につける教育に力を入れ、子どもの権利を重視した立場で子どもを守る事を考えてほしいのです。

出版関係でも表現者でもない私にとっては、表現規制の問題点は、そこのところだったんです。今回都庁に行って、何も出来ないから諦めよう、とは思わないようにしよう、と改めて考えました。
別窓 | 都条例について | コメント(2) | トラックバック(1) | ↑top
都議会傍聴と読書記録
2010-12-02 Thu 20:51
春からずっと懸案事項だった「東京都青少年健全育成条例」改正問題、6月に否決されたにも関わらず、今開催中の都議会に改訂改正案再び提出さ審議される事態になっています。現行条例のままでは何故ダメなのか、私にはさっぱり解らない・・・。

そんなわけで、石原都知事の所信表明あるという11月30日の本会議を傍聴してきました。映像はこちらから。青少年条例について触れてるのはは20分25秒頃、ほんの少しだけでした。改正案の内容や、30日都議会あとの懇談会のことなど、詳しくはまた別に書きたいと思います。

とりあえず今日はまた、11月の読書記録を書いておきます。

11月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:2203ページ

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
読了日:11月30日 著者:佐々木 俊尚
知らない顔 (ビーボーイコミックス)知らない顔 (ビーボーイコミックス)
読了日:11月30日 著者:日高 ショーコ
足りない時間 (花音コミックス)足りない時間 (花音コミックス)
読了日:11月28日 著者:日高 ショーコ
夜、あなたの甘い声 (kobunsha BLコミックシリーズ)夜、あなたの甘い声 (kobunsha BLコミックシリーズ)
読了日:11月27日 著者:村上 左知
リスク  タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)リスク タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)
読了日:11月23日 著者:ごとう しのぶ
ジンと猫は呼ぶと来ない (花音コミックス)ジンと猫は呼ぶと来ない (花音コミックス)
読了日:11月21日 著者:SHOOWA
NON Tea Room (花音コミックス)NON Tea Room (花音コミックス)
読了日:11月21日 著者:SHOOWA
絶対内定2012―自己分析とキャリアデザインの描き方絶対内定2012―自己分析とキャリアデザインの描き方
息子の本、ナナメ読み。就活本なんだれど、一昔前に流行った「自分探し本」に少し似ている印象。結局就職活動は、自分が何を求め、どう生きたいか、をちゃんと認識して初めて前に進める、って事が言いたいのね。納得。ワークシート付きで厚みの割に取っ付きやすい感じなのは良い。
読了日:11月20日 著者:杉村 太郎
今宵おまえと 1章 (ミリオンコミックス  Hertz Series 89)今宵おまえと 1章 (ミリオンコミックス Hertz Series 89)
読了日:11月20日 著者:木下 けい子
さらい屋五葉 8 (IKKI COMIX)さらい屋五葉 8 (IKKI COMIX)
読了日:11月18日 著者:オノ・ナツメ
幾千の夜 第2夜 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 41)幾千の夜 第2夜 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 41)
読了日:11月18日 著者:木下 けい子
名探偵音野順の事件簿 2 (バーズコミックス)名探偵音野順の事件簿 2 (バーズコミックス)
読了日:11月14日 著者:北山 猛邦
名探偵音野順の事件簿 1 (バーズコミックス)名探偵音野順の事件簿 1 (バーズコミックス)
読了日:11月14日 著者:北山 猛邦
歎異抄の謎 (祥伝社新書 188)歎異抄の謎 (祥伝社新書 188)
読了日:11月11日 著者:五木 寛之
発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)
読了日:11月09日 著者:星野仁彦
千-長夜の契 (HANAMARU COMICS PREMIUM)千-長夜の契 (HANAMARU COMICS PREMIUM)
読了日:11月06日 著者:岡田屋 鉄蔵
世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)
読了日:11月06日 著者:高遠 琉加
日本橋心中 (ミリオンコミックス  Hertz Series 88)日本橋心中 (ミリオンコミックス Hertz Series 88)
読了日:11月03日 著者:日の出ハイム
よろめき番長 (花音コミックス)よろめき番長 (花音コミックス)
読了日:11月02日 著者:依田紗江美

読書メーター
別窓 | 周辺雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。