スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
いつわりの薔薇に抱かれて
2007-06-26 Tue 22:42
英田サキ 著 / イラスト 石原理
リブレ出版ビーボーイノベルズ 2007年6月発行

『エス』や『夜』シリーズを連想させる「極道系×刑事」モノですが、
前シリーズとはちょっと違う趣向の物語です。
一流ホテルの最高級スイートルームに宿泊する香港の青年実業家、アレックス・ウォン。部屋には専属のバトラー(執事)がついているのだが、他人に周りをうろつかれたくないとサービスを断ろうする。だがアレックスの部屋を担当するバトラー高峰は、何としても担当を外される事なく執事として彼の側にいる必要があった。高峰は、香港マフィアのトップであろうと目されるアレックスを監視する為、ホテルの従業員として潜入している現役の刑事だったのだ。

アレックスから難題を言いつけられる事に苛立ちながらも、執事としての自分を試されいるのだと平静を装って仕事に勤しもうとする高峰に、指導役のベテランバトラーは、刑事である事を忘れ「ウォンさまを大切な恋人だと思って接して下さい」と諭す。職務遂行のため、その忠告を実行しようと覚悟を決めた高峰だったが、アレックスが安眠のために協力してくれと言い出した事とは・・・。
アレックスから信頼を得ていくに従い、高峰の彼への感情は職務とは別のものに変化していく・・・。
香港マフィアの若きトップというと、『夜が蘇る』に登場した息子を誘拐されたママの兄を思い出します。でも、このお話では、アレックスがどの位凄いマフィアで、本国や日本のその筋にどれ程の影響力を持っているのか、今ひとつよくわかりません。舞台の殆どがホテルのスイートルームという私的で優雅な空間であるからなのでしょう。同じように、バトラーに徹しようと覚悟した後の高峰からも刑事らしさが感じられなくなります。中盤までは、ある種の大きな権力を持ちながら暗い影を背負い寂しさをまとうご主人様と、優しく誠実な執事とのラブストーリーです。

しかしその二人がマフィアと刑事として向き合わなければならくなる時、蜜月の時間は終わりを告げます。それでも高峰は刑事としてアレックスの為に出来る事に全力を尽くそうとします。ハッピーエンドではないのかもしれませんが、互いの立場を理解した上で、二人はその想いを共有出来たのではないでしょうか。

「何日君再来」いつの日、君また帰る・・・。父に捨てられ辛い子ども時代を送ったアレックスが、母親から聴かされていた歌。その話を聞いた高峰が口ずさむ場面で、思わず私も一緒に歌っちゃいました。昭和10年代、日中戦争下の「リリーマルレーン」と言われたというこの歌は、アレックスへの想いとともに高峰にとっても大切な歌になりましたが、英田さんもお好きだったんですね。実は、物語よりもこの歌のエピソードが印象の残っちゃいました。

春に放送されたドラマ『李香蘭』で上戸彩さんも歌ってましたが、私はその昔のドラマ化で李香蘭役だった沢口靖子さんの歌で初めて聴き、好きになりました。今では、テレサ・テンさんの中国語のアルバム『夜来香』に入っているのを聴いています。『いつわりの薔薇に抱かれて』とは直接関係ありませんが、この歌については、中薗英助さんの「何日君再来物語」に詳しく書かれています。
スポンサーサイト
別窓 | 英田サキ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
木原さんの積読本がまた増えた。
2007-06-22 Fri 02:02
またまた仕事帰りにいつもの書店に寄ってみました。そういえば『あふれそうなプール』の2巻ってまだ出ないのかしら、と思って探したんですが1巻があるのみ・・・。帯にしっかり2巻発売6月10日と書いてあるのに、見当たりません。時間に余裕があったので、ひょっとして売り切れてるのかと少し離れた書店にも寄ってみることにしました。

結局2巻はこちらにも無く、仕方ないので色々物色していたら、新刊でもないのに『TOKYO Otome Road- 東京おでかけガイド』(山本文子著 マッグガーデン2006年7月発行)が平積みされてました。「池袋・秋葉原・新宿・渋谷・中野を中心に、乙女が通うステキショップをご案内」という内容なんですが、何かやっぱりブームなんでしょうか、腐女子とかって・・・。

で、それは別に買わなかったんですが、木原音瀬さんの『脱がない男』(リブレBBN)が上下揃って置いてあったので、迷った末に買ってしまいました。何となく木原さんの本が読めないでいるので、この作品も今までは下巻しか見かけないのを理由にスルーしてたんですが、並んで平積みされてるのを見て思わず手に取ってしまいました。

それにしても、昨年末に出た蒼竜社ホリーノベルズ『吸血鬼と愉快な仲間たち』以来、買っても読んでない木原作品・・・。ネット買いした『HOME』(2003年5月オークラ出版)、古書店で見つけた『Don't Worry Mama』(2005年3月ビブロスBBN)と『FLOEWR』(1999年2月ビブロスBBN)、それからリブレ復刊『WEED』(2007年5月)と新刊で買った『秘密』(2007年4月蒼竜社ホリーノベルズ)と積読のままなのに、また買ってしまいました。

そしてホリーノベルズは新刊が出るようです。明日23日発売予定の『牛泥棒』。続いて8月には『吸血鬼と愉快な仲間たち2』(仮)発売予定だそうです。たぶん読み始めたら次々読んじゃうんだろうと思うんですが、何故だか読み始められない(^^;) 次の新刊に期待か(何を?) 我ながら意味不明のまま、とりあえず買ってしまう木原作品でした。

で、『脱がない男』ってリブレさんなんです。そうです、キャラ名刺プレゼント中なんですよ。ここの書店はA4用紙にコピーした見本を出してくれました。今日は覚悟が出来てたので、冷静でした(笑) 思いきって、山田ユギさんの日下の名刺をいただいちゃいました。やっぱりちょっと恥ずかしくてドキドキしちゃいましたが・・・。そもそもBL本かってる事自体ドキドキものなんでしたが、慣れとはおそろしいですね。

当初の目的の『あふれそうなプール』2巻は、帰ってからこちらで確認したところ、7月に発売が延期になったようです。なーんだ。

別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
仕事帰りの書店にて・・・。
2007-06-19 Tue 22:21
先週末の仕事帰り、いつもの様に職場近くの書店に寄って、『のだめカンタービレ』18巻と、BBN新刊の英田サキさん『いつわりの薔薇に抱かれて』を買いました。今、リブレ1周年記念フェアとして「キャラ名刺プレゼント」というのを実施しているんですね。そんな事ちっとも知らなかったので、書店のカウンターでいきなり「どれか1枚お選び下さい」と名刺を広げられ、動揺して思わず「いりません・・・」と速攻でお断りしてしまいました(笑) どんなキャラの名刺があったのか見る余裕さえありませんでしたので、後でこちらで確認しました。読んだ事あるの山田ユギさん「誰にも愛されない」と鈴木ツタさん「この世、異聞」だけでしたが、日下の名刺ならちょっと欲しかったかも・・・。

しかし今ではだいぶ慣れたとはいえ、BL本を書店のレジカウンターに出すだけでも結構緊張するのに、ビックリしましたわ(^^;) そして、リブレさんにビビらせられたのはこれだけはありません。いつもおじゃましてるblogさんでも話題になってましたが、アンソロジー「エロとじ」・・・。発売予定の情報が出たとき、英田さん、榎田さん、木原さんと、気になる作家さんが名を連ねていたので、タイトルはアレだけどちょっと楽しみにしていました。が、BBN新刊の近くに平積みされた現物って・・・。これを、これをレジに持って行けと言うんですか、リブレさん!? これは何か、その勇気がある読者だけに読む事を許す、という踏み絵の様なものでしょうか、リブレさん(笑) ごめんなさい。思わず後退りしそうになった私に、読む資格はありません・・・。

コミックコーナーに「エロほん」も平積みされてましたけど、「エロとじ」を見た後だったので衝撃度はさほどでもなかったです。まあ、手に取る事は出来ませんが・・・。でも、昨日またこの書店に寄ったら、「エロとじ」の平積み低くなっていました。我が地元にもつわものはいるのですね。

で、昨日は何を買ったかというと角川の雑誌「The Ruby VOL.2」です。これってVOL.1が出たの昨年秋でしたが、季刊にしても半端だし、不定期刊行なのか、年2回なのか、どうなんでしょうね。まあ、それはさておき、何故これを買ってしまったのかというと、「映画化決定!!『タクミくんシリーズ』」という表紙を見てつい(^^;) だってそう言われたら気になりますよね、やはり。だから買ったのに「くわしい情報は、ルビー文庫の挟み込みチラシ、雑誌CIELなどでお知らせしていますので、チェックしてね!」って、表紙に書いといて、その仕打ちは何なんですか、角川さん(怒)

それにしても、映画化するんですね。実写なんでしょうね・・・。この夏には『そして春風にささやいて』が毎年恒例"夏の百冊"として表紙も新たになって発売されるそうです。シリーズ最初のこのお話が高校2年の新学期で、「The Ruby VOL.2」掲載のお話で、やっと3年生の長い夏休みも終わって2学期に突入しました。この作品が小説JUNEで発表されてから20年くらい経つんですが、当時はここまで長く続く(物語時間1年半が)とも、映画化される日が来ようとも思わなかったでしょうね。

この日はもう1冊、今市子さんの『夜と星のむこう』1巻(少年画報社)も買いました。まだ読んでないんですが、BLじゃないのかな。でも楽しみです。
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
腐女子マンガ大系
2007-06-13 Wed 22:58
ユリイカ6月臨時増刊号(青土社)

たいまつさんの「一日一やおい」で紹介されていて知りました。ユリイカで腐女子特集というのが中々面白そうだなぁと思いまして、さっそく発売日の昨日買って来ました。未だざっと見ただけで全部は読んでないんですが、多彩な執筆陣で読むのが楽しみ、読み応えがありそうです。詳しくは「青土社」のサイトで紹介されますので、ご覧になってみて下さい。表紙のイラストは草間さかえさんです。

たいまつさんも「男もすなるボーズラブ」というタイトルで書かれています。今までもこのジャンルについて論じている男性はおられましたが、ご自身も読者という当事者によって、しかも男性読者について書かれているのは初めて読んだような気がします。男性読者がBLを楽しむためには「腐女子眼鏡」を手に入れる必要がある、というお話に「なるほど!」と思いました。他にも女性読者とは少し違う視点で色々と語られているのが興味深かったです。

上野千鶴子さんは、お名前を見てちょっと驚いて思わず最初に読んじゃいました。ご自身が当事者ではないので、何か違うよなぁと感じる部分も多々あるのですが、「(BL愛好者を)他の女子文化と区別するのは異性の視線を意に介さないナルシシズムであろう」と言われてハッとしました。異性の視線はともかく、BLを読むことがある種の自己愛かもと感じる事はあるので・・・。

同世代という事もあり、その発言には割りと注目している香山リカさん。上野さんよりはサブカルに親しんでると思われますが、BLに関しては彼女も当事者ではないのでやっぱり納得いかない部分もありました。「(男同士の物語の中で"私を消して")関係性の病から解放されている、とも言える」というのは逆じゃないかとも思いました。私自身は、問題としている関係性を架空の物語の中に投影することで満たしている部分がありますもの。

いつも寄らせていただいてる「la aqua vita」のtatsukiさんが、全体にわたる詳しい感想を書かれてます。いつもながらの鋭さに感心しつつ興味深く読ませていただきました。
別窓 | BL関連本の話題 | コメント(6) | トラックバック(2) | ↑top
ドキドキレンアイ
2007-06-07 Thu 02:55
山本小鉄子 著 
大洋図書ミリオンコミックス2007年6月発行
CRAFT26(2005年)~31(2007年)連載

『晴れてボクたちは』の続編です。連載期間からしても全く間を置かずに掲載された続きなんですが、サブタイトルにもどこにも『晴れてボクたちは』が入ってなかったので、続きである事にしばらく気が付きませんでした(^^;)
ちひろも圭吾を好きな自分の気持ちを受け入れ、晴れてつきあうことになった二人。しかし「晴れて」といっても、ひとつ屋根の下の隣室に暮らし、一緒に登下校し、休みにデートと称して二人で出かけても、いったい今までと何が違うのか。ウキウキ気分で幸せそうな圭吾とは逆に、ちひろは何とも釈然としない思いを抱いていた。

そして常に二人で行動していても、相変わらず圭吾は女の子に告白されまくる・・・。誰にも男同士の二人が恋人同士だとは思われない事にも、ちひろは辛さを感じていた。おまけに、部屋で恋人同士らしいムードになったかと思うと必ず家族の邪魔が入るというジレンマも(笑) そこに突然、ゲイであることをカムアウトしているちひろ姉の仕事仲間が現れ、圭吾を気に入ってつきあってくれと迫ってきた・・・。
それにしても『晴れてボクたちは』続編なのに、どうしてタイトルが全く違うんでしょ。ちょっとよく見れば表紙の絵も「圭吾&ちひろ」なんですが、何だか前編と雰囲気が違っていたので、書店で隣同士に平積みされたのに気がつかず、最初『晴れてボクたちは』だけを買って読み、とりあえず恋人同士になったので、この話はそこで完結してるもんだと思って納得してました。ただ、てっきり新刊本だと思ったら2年前の発行なのに何で平積み?、とは思ったんですが。数日後に同じ書店に行って、初めて隣にあったこの続編の存在に気付きました(笑)

それはさておき、物語は前編で二人が気持ちを確かめ合った翌朝から始まっています。恋人としてつきあうといっても、前夜にロマンチックな時間を過ごした訳でもなく、家族に告白した訳でもなく、特にちひろにとってはいつもと変わらぬ登校時間がやって来ただけの朝です。幸せオーラを発する圭吾とは対照的に、素直に恋愛モードに入って行けずに悩み始めるちひろ・・・。キスは一度したけど、家族と一緒のひとつ屋根の下はその先へ進む機会にも恵まれず、そういう事に至らないと今まで何か違うのか疑問なちひろ・・・。

レンアイの成就は、告白を受け入れる事じゃなくて、そこから先が大切で大変というお話です。恋敵登場はお約束な展開という気もしますが、姉の知人というところが家族に知られたらのドキドキにもつながるのかな。怖いけど、咄嗟の機転で女の子に迫られる圭吾を助けたり、かと思うとふたりの関係に中々気付かぬ鈍さもある、ちひろ姉もいいです。

クールで格好良い系なのかと思ったら、意外にワンコ系な圭吾くんも可愛いです。ちひろが素直になったら、結局この二人はただのバカップルなのか(笑) 高校生モノはホノボノ系がいいですね。
別窓 | 山本小鉄子 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
晴れてボクたちは
2007-06-03 Sun 23:58
山本小鉄子 著 
大洋図書ミリオンコミックス2005年12月発行
CRAFT20(2004年)~25(2005年)連載

同じ高校生モノでも『あふれそうなプール』とは打って変わり、ほのぼのムードが漂う表紙の絵柄に思わず手が伸びた一冊です。山本小鉄子さん初読みなんですが、書店で平積みされていたのでてっきり新刊本かと思ったら、続編が出たので前作も仕入れたんですね。ちなみに新刊の続編は『ドキドキレンアイ』。題名も全然違うし、表紙の絵柄の雰囲気も違うので、あらすじ読むまで続編とは気が付きませんでした(^^;)
高校生の桜田ちひろは、海外に単身赴任中の父の意向で、幼馴染の蒲生圭吾と同居することになった。赴任先で蒲生家と再会した父は、圭吾が日本恋しさに現地でひきこもり状態にあるのを知り、日本の自宅で預かろうと考えたのだった。小学生の頃は小柄で泣き虫でちひろに庇われていた圭吾だったが、帰国した彼はちひろより長身で女の子にもモテるイケメンに成長していた。そして圭吾が恋しがっていたのは、日本ではなくちひろだった。

突然「ちひろが好きなんだよ。恋してるんだ。」と言う圭吾に、男同士で「どないせえっちゅうねん」と戸惑い「望みはないと思ってくれ」と答えるちひろだったが、告白してくる女の子を片っ端から振る圭吾に接しているうちに、複雑な心境になって行く。そして、自分が振られた雪野と圭吾が仲良くしている所を見たちひろは、どちらに嫉妬しているのかわからなくなる・・・。

そんな折、見知らぬ下級生から告白されたちひろは、圭吾たち友人を誘ってのグループデートを思いつく。だが、自分の気持ちを知りながらそんな提案をするちひろに怒った圭吾は・・・。
親が転勤族な圭吾は標準語ですが、物語の舞台は関西です。小柄で元気がよくて関西弁バリバリのちひろは、何だか『ラブ・コン』の大谷くんを彷彿とさせて可愛いです。小柄で可愛いためか、男の子なのに通学電車で痴漢に遭ってしまうという災難にみまわれますが、そこは元気なちひろ、反撃にでたら過剰防衛で駅員に捕まる羽目に(笑) 通学電車内の出来事では、ちひろと密着した圭吾が・・・、という告白につながるエピソードもあるんですが、それが駅のトイレだったりして、切実なのに笑えます。

友人としての圭吾は好きでも、恋愛対象としての気持ちを受け入れられないちひろは、それなりに色々悩んで、時に圭吾を傷つけたりもします。でも最終的にはタイトル通りの結末に向かう訳で、全体的に肩の凝らないほのぼのしたお話です。晴れて恋人同士になってからのお話は、続編の『ドキドキレンアイ』で、という事になってます。
別窓 | 山本小鉄子 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。