スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ソルフェージュ
2006-03-06 Mon 11:33
よしながふみ 著
芳文社 花音コミックス 1998/3/15 発行 
雑誌「花音」1996年6・12月号、1997年2・8・12月号 掲載
(白泉社コミック文庫版 2004年11月発行版)

よしながさんは、1994年「花音」10月号掲載『月とサンダル』でデビュー。一般的な代表作は、2001年10月フジTVの月9ドラマの原作にもなった『西洋骨董洋菓子店』でしょうか。昨年は、男女逆転パラレル江戸時代が舞台の『大奥』(メロディ連載)単行本1巻が発売され結構話題になりました。少女漫画、BL漫画ともに、心にしみる作品を描く方です。

「ソルフェージュ」とは、読譜や聴音などを中心とした音楽家の基礎教育の事だそうですが、この作品を読んで初めて知りました。そういえば、クラッシックものである富士見シリーズにも『フジミ・ソルフェージュ』(角川ルビー文庫)というのがありましたね。

やる気のない小学校教師久我山は、教師としての自覚はあまりないものの、合唱部の指導には力を入れていて、毎年コンクールで優秀な成績を収めていました。そんな久我山を頼って、音楽高校を目指す合唱部OB田中吾妻が、ソルフェージュを受けに来ます。「先生に合唱を教わっていた時が一番楽しかった」から声楽をやりたい、という田中にほだされて、自費で知人の声楽家にレッスンまで受けさせる久我山。やがて、母親の入院で進学を諦めようとする田中を、自宅で面倒見ることになります。ふたりの間に流れる思いは、師弟愛のなのか、恋愛なのか・・・。

レッスンをサボった事を心配して田中を訪ねた久我山は、いきなり抱きつかれた驚きで、彼を突き放してしまいます。ゲイである久我山にとって、教え子の中学生ではあっても、自分よりガタイの良い田中のそういう行為は、動揺に値するものでした。でもそれが、母の病気や生活への不安で、誰かに頼りたい気持ちからだったと知り、今度は自分から優しく抱きしめてやります。

母の入院中同居する事になって、デカイ図体で甘えてくる田中に辟易としながらも、久我山の中にもある情愛が生れて来ます。それが影響してか、彼のゲイライフは中々上手く行きません。そんな久我山の苛立ちも知らず、彼を頼りに慕ってくる田中。ふたりは終に子弟の関係を越えてしまうのですが、ラブラブの恋人同士になる訳ではありません。

このふたりの間にあるのは、親子関係の情愛に似たものがあり、特に田中にとっては必要なものだったのでしょう。それだけに、いずれは卒業して行かなくてならないものでした。ソルフェージュは、大人になって行くための基礎教育だったのでしょうか。恋愛関係が親子関係の再構築というのは、BLではよくあるテーマのような気がしますが、それをユーモアを交えなたら情感豊かに描いています。とってもハートウォーミングな作品です。
スポンサーサイト
別窓 | よしながふみ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
BL作品の読者層
2006-03-02 Thu 00:47
このあいだ読んだ『ライトノベルズ完全読本 Vol.3 』(日経BP出版センター 2005年12月発行)のBL特集に、ビブロスの編集者へのインタビュー記事が載っていました。BL雑誌『b-BOY』を1991年に創刊して15年、「読者層に変化はありますか?」という質問に対しては、
「最初は若かった印象がりますね。高校生、中学生から、あとは主婦も多かった」「最初の読者がスライドして、年齢層が広がった感じがします。娘さんと親子で読んでる方もいらっしゃるので」「全体では年齢層が多少上がってきています。今上限は60歳代くらいまできましたね。40歳代はもう普通です」
と答えています。これまでに読んだ小説のあとがきに「手紙をくれる読者は小学生から50歳代くらいまで」、と書いていた作家の方が何人かいらっしゃいましたが、発行年が5年くらいは前の作品だったので、それぞれの読者が継続してBLを読み続けているとすれば、上限はそろそろ60歳代に達している事になりますね。

「やおい論」的サイトでも紹介している、富山大学人文学部人文学科社会学コースの研究室の「やおい少女の来し方行く末」や文教大学人間科学部臨床心理学科の「『女性向け男性同性愛ファンタジー』についての調査研究結果報告」では、やおい」に関するアンケートの集計結果を発表しています。回答者は、1998年にコミケ参加者に実施された前者が、平均年齢21.9才(14才~46才)、2004年に大学内でアンケート用紙を配布して実施した後者が、平均年齢19.2才(12才~29才)だったそうです。

二つとも、限られた場所でのアンケートなので、全国的な平均とは多少違っているでしょうね。そもそも私の様な子持ち主婦は、コミケにも行く機会は中々ないですし、大学生の知合いも少ないです。娘が大学の方がいたとしても、母にこのアンケートを頼む娘さんがそんなに沢山いたとも思えません。

そうすると、私のお仲間である40~50代くらいの主婦BLファンというのは、どれくらいの割合で生息しているものなのでしょう。出版社に届く作者へのファンレターも、実際の読者の何割くらいの方が出されるものなのでしょう。ネットのファンサイトやブログを回ってみても、皆さんどうも20~30代の方が多い様な印象を受けます。40~50代くらいになると、BL関連の情報を集めるのにネットは使っても、自分でBLについてのサイトをやってみる人は少ないのかもしれません。そうすると、意外と読者へファンレターを書く率はお若い方より高い可能性もありますね。
ちょっと前に『「冬ソナ」にハマった私たち 』(林香里 著 文春新書)という本を読んだのですが、この本で取上げられている「冬ソナ」ファンは、40歳代以上の女性が殆どでした。彼女達は、私と違って、異性愛の物語にもまだドリームを感じる事のできる方々です。でもひょっとすると、自分自身の現実にはあり得ないだろうラブファンタジーを求める彼女たちの中には、BLというモノをもし知ったら、結構こちらにハマる方達もいるのではないでしょうか。実際の所どうなのかははっきり解りませんが、40~50代の女性には、潜在的BLファンがまだ結構いるのでないかと感じます。

別窓 | JUNE・やおい・BL | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。