スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
男だけの育児
2006-08-04 Fri 22:56
ジェシ・グリーン 著  伊藤悟 訳
飛鳥新社 2001年6月発行

読んだのは、5年も前の発行当時になりますが、とても印象に残る作品でしたので紹介します。著者のジェシさんは、ニューヨークで活躍されているゲイのライターで、パートナーのアンディさんとともに、彼が養子に迎えた二人の男の子を育てています。

この『男だけの育児』は、まだ赤ちゃんだった最初の息子を迎えたばかりのアンディさんと出会うところから始まります。ゲイのジェシさんは、ゲイなのに子持ちのアンディさんと出会うまで、自分が親として子育てをするなど、考えたこともありませんでした。ゲイのカップルと養子の息子、3人の家庭を作り上げていく過程と、二人目の息子を迎えるまでの苦労などを通して、親になるとはどういう事かを描いた自伝的作品です。

翻訳者の伊藤さんは、以前の記事にも書いた「すこたん企画」を、パートナーの梁瀬さんと主宰されています。この本も、すこたん企画のサイト内にある『男だけの育児』コーナーを見て知りました。

異性愛者の夫婦が養子を迎えるのとは違い、法的な伴侶のいないゲイの男性が養子を迎えるには、様々な困難がありました。法律が、親としての資質を問うからです。子ども達に愛情を持って真摯に向き合い、恋人同士としても互いを思いやるアンディさんとジェシさんは、カップルとしても親としてもすごく努力しています。それなのに、法律は親としての二人に中々厳しいです。産んだという事実だけで、何の問題もなく親として世間に認められている異性愛者の私たちは、自分の親としての資質を検証したことがあるのだろうか・・・。実父母からの虐待が多々ある中、何だか矛盾を感じました。

BLにも子育てをする話はよくあります。大概はどちらかの実子か、兄弟など血縁者の子どもという設定が多く、血が繋がらない養子を育てる話はあまりないように思います。しかも、子ども達はよく出来た子が多いですよね、父親の同性の伴侶にも懐くし。現実の子育ての問題とは関係なく、BLの子育ては家族のいる幸せの象徴のようなものです。養子を迎えるとなると、話は複雑になりますので、ノベルズや文庫本またはコミック本1冊で、カップル二人の関係の他にそれまで描くのは無理でしょうね。

そんなBL系作品の中で、他人を養子に迎えて二人で育て上げた物語があります。羅川真里茂さんの漫画『ニューヨーク・ニューヨーク』です。BLテイストですが、著者自身はBLではなく普通の漫画として世に出した作品のようです。ゲイの方にも支持されているようで、実はこの作品も上記のすこたん企画のサイトで紹介されいたの見て読みました。同性を伴侶とした事を家族に受け入れてもらえるまでの苦悩から、養子を育て、二人の人生を全うするまでを描いた、胸に迫るお話でした。文庫版の解説(2巻の)は、伊藤悟さんが書かいていらっしゃいます。

ちなみに、『男だけの育児』を読んだ直後の感想と、当時はコンスタントに発行されていた小説JUNEの「私だけの探美図書館」の記事を『男だけの育児』コーナーに載せていただいております。
スポンサーサイト
別窓 | セクシュアルライツ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
「セクシュアルライツ」について
2006-01-27 Fri 21:42
人間には男と女がいて、男は「男らしく」女は「女らしく」成長し、思春期を迎えて恋をし、やがて結婚して家庭を築き、子どもを育てる。私は、それが、あたりまえの事だと思って大人になりました。しかし、そのあたりまえを実践することが、誰にとっても「ほんとうに自分らしい生き方」なのでしょうか?そのことについて、あらためて考える機会を与えてくれたのが、同性愛者の立場から、その正しい情報を伝えようと活動されている「すこたん企画」でした。何故こんなにボーイズラブ(BL)なるモノが密かに隆盛を極めているのか。そもそも何故自分がそのBLにハマったのか。著者も読者も大多数が異性愛者の女性であるのに、どうして男性同性愛に仮託した物語を必要とするのか。それを考える手掛かりとして、現実の男性同性愛者が置かれている状況はどうなのかを知りたいと思いました。その時に出あったのが、すこたん企画の伊藤悟さんが書かれた『同性愛の基礎知識』(1996年あゆみ出版発行)でした。この本は残念ながら出版社の倒産で絶版になってしまいましたが、2000年11月に全面的に加筆・修正し、最新情報を加えた改訂版として『同性愛がわかる本』が明石書店から出版されています。

この本を手始めに、サイト情報から講演などにも出かけ、関連の本なども読んでみて、同性愛者だけではなく、トランスジェンダー(心の性と体の性が一致していない)、インターセックス(男女の中間的体である)など、一様ではないセクシャル・マイノリティー(少数派)の方々がいることも知りました。彼らが、少数派である事を自覚し、そういう自分らしさを大切にして生きていこうとする姿に、自分が、漠然と多数派にいることで「自分の性と生・自分らしさ」を見据えることから逃げていたのだ、と気付きました。

“人間と性”教育研究協議会(性教協)の代表幹事をなさっておられた故・山本直英さんは、「セクシュアル・ライツ」(性は人権)という考えを、性教育の中できちんと伝えることを提唱されていました。生前の山本さんがそのお話をなさっているのを、たまたまNEWS23か何かで聞いたのですが、とっても共感を覚えました。まさに「性と生」は、自分自身の存在の本質に関わる重要な問題です。セクシャル・マイノリティーの方や、ジェンダー(社会的文化的性別)からの解放を願う方からのメッセージ、多数派である異性愛者の抱えている問題などを知って、もう一度「自分にとっての性と生とは?」そして「自分らしさとは?」を問い直させられる事になりました。

BLに出会った事が、それを考えるきっかけになったのですから、BLにハマったのは自分にとって意味のある事だったのだと、今は思っています。
別窓 | セクシュアルライツ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。