スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
劉備くん 青天の赤壁
2009-04-25 Sat 16:31
白井恵理子 著 メディアファクトリー2009年4月発売

小説JUNEに1987年から連載していた「STOP劉備くん!」の続編というか、同じく三国志の英雄たちが、可愛らしいチビキャラで時事ネタなどのギャグを披露してくれる4コマ漫画です。今作の初出は「YAHOO!コミック」での連載分が中心で、このシリーズは既に下記2巻も刊行されています。

「劉備くん'08春 桃園畑でつかまえて」2008年2月刊
「劉備くん それゆけ赤壁オリンピック」2008年11月刊

「青天の赤壁 」には、現在「YAHOO!コミック」掲載分に加え未発表の最新作も収められていますが、何と半分以上が「レッドクリフ」ネタです。しかも「II」ネタまであります! 今月10日に公開されたばかりなのに、白井さん何時ご覧になって描かれたんでしょうね、ビックリです。やっぱりそこは突っ込み処だよね、というネタが満載で、映画を観た方は楽しめること請け合いです。

それからキャラ紹介の絵も後半は「レッドクリフ」仕様で、白井三国志のキャラ達を映画の扮装で描いて下さってます。何というか、白井三国志キャラの「レッドクリフ」コスプレみたいな感じですので、一見の価値ありです。現在「YAHOO!コミック」掲載分は「レッドクリフ」仕様の趙雲子竜くん、カッコ可愛いです。白井キャラでは、いつも劉備の息子阿斗様を背負っていて、まじめな良い子です。「私説三国志」で孔明さん好きになった私ですが、「劉備くん」で趙雲ファンにもなりました。「レッドクリフ」の趙雲も格好良かったです。

さて「青天の赤壁 」、ネタは「レッドクリフ」でも本編は白井キャラになっていますので、皆さん相変わらずお間抜けでいつもの性格です。映画ではあんなに素敵に描かれている周瑜も、こちらでは妻の尻に敷かれている可哀想な人なので、つまり小喬もそういう奥様です。こちらでは恐妻家の曹操も、小喬の行動には辟易です(^^;)  映画を観て落込む劉備・曹操・孫権の三英雄も哀れを誘います(笑)

そんな訳で、映画を未だご覧になって無い方は、よく解らなかったりネタばれだったりするお話もありますので、ご注意下さいませ。何せ映画と「演義」では色々と別のエピソードがありますので。ちなみに「II」の感想は母屋のblogにも書いてます。
スポンサーサイト
別窓 | 白井恵理子 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
STOP劉備くん!
2008-12-11 Thu 01:40
白井恵理子 著
2005年11月 メディアファクトリー発行

1991年7月角川書店あすかコミックス発行「STOP劉備くん!」をもとに、
未収録作品、2005年発行「コミック三国志マガジン」収録作品を加えて編集。
初出は小説JUNE1987年2月号よりの連載。

新宿に出た(角川シネマに「羅生門」を観に行った)ついでに、紀伊國屋書店Forestに寄って、中村明日実子さん「同級生」と木下けい子さん「君によりにし」を買いました。「同級生」今更な感じですが、ずっと気になっていて、地元書店にはもう置いてなかったので、ここならあると思って。ネット買いもできますが、店頭で見つけると嬉しいものです。

そして店内には、映画「レッド・クリフ」公開中のためか三国志フェアのコーナーがありました。覗いたら、この復刻版「STOP劉備くん!」があったので、懐かしくて思わず手が出ちゃいました。あと「私説三国志」の未購入分を1冊。こちらも地元書店には置いてなくて、今までに入手したものは全てネット注文だったのですが、さすがというか当然このコーナーには全巻そろってました。私の様に「レッド・クリフ」で読もうと思った方が絶対いらっしゃるはず。「私説三国志」は未だ1巻目しか読み終わってないんですが、只今三国志がプチマイブームです。

「STOP劉備くん!」、この1巻目収録分は未読だと思いますが、小説JUNE読んでいた頃は掲載分を楽しみにしていました。三国志の英雄たちが、ほとんど2頭身の可愛らしいチビキャラで、時事ネタ込のギャグを披露してくれる4コマ漫画です。この復刻1巻の最初のお話も、関羽が兵糧詐欺に引っ掛る「俺俺文」。「ATMで大至急兵糧を振り込んでくれ」ってどうやって振り込むんだよソレ(…でも兵糧は取られたらしい^^;)

巻頭に「超ウルトラダイジェスト版『三国志』あらすじ」というのがあって、黄巾の乱→劉備と義兄弟の桃園の契~五丈原→仲達のクーデターにより晋時代へ、までが見開き1頁で描かれてます。あの長大なお話も大筋はこうなのねと、もの凄く大雑把ではありますが、解りやすい内容でした。しかも劉備玄徳さまは、単なる棚ボタ成功野郎ですが…。超ウルトラダイジェスト版はこちらからもご覧になれます。

昔々NHKの人形劇で観た劉備玄徳は、仁義を重んじる人格者に思えたけれど、その後ひょっとして正義感の強いただのお人良しなのではと、私にはイマイチ魅力が理解できない英雄になっていたんですが、白井さんの劉備くん解釈、なるほどと納得しました。周りに魅力的な人々が集まって来て、時に「殿、しばしお待ちを!」と言ってくれたりしたのが良かったんですかね。棚ボタ=天の采配、それも英雄の証かもしれませんし・・・。

そして、店には無かった「劉備くん それゆけ赤壁オリンピック 」、ネット注文しちゃいました。マイプチ三国志ブーム、何処へ行くのやら(笑)
別窓 | 白井恵理子 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。