スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
美男の達人
2008-07-24 Thu 23:11
小林典雅 著 / イラスト 高峰顕
白泉社花丸文庫 2008年6月25日発行

小林典雅さん、初読み作家さんです。この作品、書店に平積みされていた発売当初、ちょっと意表を突くタイトルと印象に残るペンネームで目に留まったんですが、ここしばらく何となく花丸文庫から遠ざかっていたのでスルーしちゃってました。ところが先日「30半ばにしてやおいにハマる」のlucindaさんのレビューを拝見して、これは面白そう是非読んでみたいと書店を探しました。いつもの書店は既に売切れだったんですが、もう一軒の方に何とか一冊あったのでラッキーでした。
郵便局勤務3年目の上遠野瑛士は、メル友の女性に振られた職場の先輩に無理やりさそわれ、モテたい男性の為の「美男塾」なるものの説明会に行くことになってしまった。当初入塾するつもりなど無かった瑛士だったが、説明会で出会った男性講師夏秋の美しさと優しさに「胸の奥がキュンと痛んだような」衝撃をうけ、その講師に会いたいが為だけに塾に通うと決めた。講義を聞く度に更に募るこの気持ちは、ただの憧れなのか、それとも・・・。
怒涛の講義内容とともに語れらる、モテたい男達の事情と、夏秋に向けるられる瑛士の想いの行方は・・・。
というお話なのですが、本書裏表紙のあらすじ部分は、「美男塾」塾頭の箭内氏による塾の説明と、そこで起こった面白い事件 ― 猫かぶりの男性講師(夏秋)に一目惚れした爽やか好青年の塾生(上遠野瑛士)の話 ― を題材に当塾の有用性を是非ご覧あれ、という内容の紹介文になっているんです。これって編集さんのアイデアなんでしょうか? ナイスです!

とにかく、皆さんおっしゃる様に講義の内容が面白いです。出来るものなら一般男性諸氏にも是非一読願いたいものだと思ってしまうくらい、女性がパートナーとなる男性に求めている事柄が具体的に語られています。世の中に「美男塾」に相当するものが実在するならば、参考図書に推薦したくなちゃうくらいの内容です。その分、限りある頁数のなかで、本題であるはずの瑛士と夏秋の恋がしっかり語られたのかというと多少の疑問は残りますが(特に夏秋の気持ちがどういう過程で瑛士に向かって行ったのか・・・)、それでも読み終わった後に不思議な余韻の残る満足感がありました。

自分がBL系の作品に何を求めているのか、その答えの一端があの講義内容の中に見え隠れしていた様な気もします。恋愛・結婚・仕事のパートナーに対して、言いたいけど言えない気遣い思いやりの数々がこの講義の中に詰まっていて、「よくぞ言ってくださった」と思う一方で、現実にはなぜ言えないのかを解っている自分もいる訳です。BLというジャンルだからこそ、あの講義内容が堂々と語られ且つ読者を楽しませてくれるのだとも思いました。それから、男性諸氏にも是非一読を、と言いながら自分を省みなくちゃなぁ、と思わせられるところもありましたね。例えばこんな夏秋先生のお言葉、
女性は表情豊かに相手の話に共感しながら相槌を打ったりするのが得意なんですが、男は感情を露にするように育てられてないし、感情の絡む情報を処理するのに女性より時間がかかるので、女性同士ならすぐ感情移入してもらい泣きするような話でも素っ気ない表情で論理的で批評的な返答をしてしまったりします。
このために、男性も心の中でちゃんと感情が動いているのに、女性にそれが伝わらず誤解されてしまう、という部分。本当にその通りだよ、と胸のすく思いがすると同時に、逆説的にそういう男性の事も理解してあげなくちゃってことなのね。と素直に反省したりしました。

それともう一つ
とりあえず何かお店で買う時は必ずレジの人に「こんにちは、お願いします」「どうもありがとう」最低でもこの二つは声をかけるということをやってみましょう。
・・・・ただ立ってるだけで女性のほうから声をかけてもらえるのは福山雅治くらいと悟りを開き、恥ずかしくても頑張って自分から話しかけてみましょう。モテたかったら自分からアプローチという鉄則を忘れないでください。
前半は男女問わず必要な事かもと思いつつ、後半は意図せずに瑛士焚付けちゃって夏秋先生墓穴掘ってるよ、と笑えました。思えば彼の講義全体が対瑛士的には墓穴堀だったのか(笑) でもそのおかげで新しい恋に向かう気になれたんだから、塾頭の箭内氏の思惑通り「美男塾」の成果が実証されたって事なんですね! 
・・・小林典雅さん、福山雅治ファンなのかしら、何をしても許される美男の例えとしたこの他にも登場してました(^^)

ところで、lucindaさんも紹介されてますが「典雅なる一族・拡大増殖キャンペーン」というのを開催されいるブログがあります。私も思わず賛同したくなりました。シャレード文庫の「老舗旅館に嫁に来い!」「棒投げ橋で待ってて」もネットで注文したので、楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | 小林典雅 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。