スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
これから出る本
2009-08-19 Wed 21:45
いつもお立寄りするblogでも話題になっておりましたが、いよいよ明日20日、
小林典雅さんの新刊「嘘と誤解は恋のせい」(花丸文庫)が発売になるんですね。

昨年夏「美男の達人」で注目した典雅さん、次回作はいつ出るのかしら、と楽しみにしておりました。明日は仕事を午後休してダンナの実家に行かなければいけないんですが、何としても途中で本屋に寄らなければ、と思います。

それから来月は、いつき朔夜さん「初心者マークの恋だから」(ディアプラス文庫)、
椹野道流さん「右手にメス、左手に花束7」(シャレード文庫)が発売予定ですね。
いつきさん、7月に出た「征服者は貴公子に跪く 」まだ積読なのに、もう新刊出るんだとビックリです。椹野さんのメス花シリーズはつい最近6巻までまとめ読みしたところなので、続けて続編読めるなんて嬉しいです。

非BLコミックですが、よしながふみさんの「大奥」来月末に5巻が出るようですね。これも楽しみです。そして、1~10巻が入手困難になっていた諏訪緑さんの「諸葛孔明 時の地平線」が文庫本になります。来月から順次刊行のようですが、1年、いや半年でいいから早く文庫化されていたら、あんなに苦労して読まなくて済んだのに、と思います…。

そういえば酒見賢一さんの「泣き虫弱虫諸葛孔明」参巻はどうなってるんだろう…。
スポンサーサイト
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
年末、孔明さんにハマる
2008-12-31 Wed 01:16
「私説三国志」6巻に突入した処で、プチ三国志ブームから孔明さんブームにシフトして、孔明本を色々拾い読みしてます。なので只今、本編読書は少々停滞中です。

諸葛亮孔明、江森さんの作品を読むまでは、三国志で一番印象に残る人物ではあっても、深く興味を持つ程の魅力を感じない人でした。何かやけに優等生なイメージを受けるのに、天才軍師といっても後半あんまり勝ってないし、その策も凄いんだか卑怯なんだかよく解らなかったし(^^;)、結局何だか中途半端なまま五丈原だし…。
でも「私説三国志」を読んだら何故だかハマりました、孔明さんに。

そして、面白そうだと図書館で借りた「泣き虫弱虫諸葛孔明」(酒見賢一著 文芸春秋刊)では、「何故この男が稀代の軍略家と讃えられるのかさっぱり分からない」とか、「おとなげない男」とかいう序章部分の孔明評に、妙に共感しました(笑) 本編はまだ詳しく読んでないですが、酒見さんの孔明は我が道を行く奇人変人さんです。江森さんの孔明とは全く違って、自分の存在に対する悩み葛藤は一切なくて幸せそうですし、全体的にコメディーです。
おかげで「私説三国志」10巻を読んだ衝撃から復活することができました。

他に図書館で借りているのは
「三国志演義」(羅貫中著 井波律子訳 ちくま文庫)全7巻のうち6・7巻
「正史三国志」(陳寿著 裴松之注 井波律子訳 ちくま学芸文庫)全8巻のうち5巻「蜀書」
私たちが俗に三国志と言うのは、劉備玄徳の蜀漢を中心に描かれた「三国志演義」で、吉川英治版はこれにそった物語でした。著者の羅貫中は三国志の時代から1100年程後の明代初期の人だそうです。

「正史三国志」は、あの邪馬台国の記述がある「魏志倭人伝(正式には魏書東夷伝倭人条)」も書かれている歴史書です。著者の陳寿は孔明の亡くなる前年(233年)の生まれで、最初は孔明のいた蜀漢の役人だったそうで、蜀が魏に降伏した後、魏の役人を経て晋の時代に「正史三国志」を書いたようです。なので三国志とは言っても、全65巻の内30巻が「魏書」で「蜀書」は15巻だけ、しかも孔明の為政者としての資質は認めながら、軍事面については批判的です。

その陳寿三国志に注釈を付けたのが裴松之(372年生)で、様々な文献から関連記事を引用しています。裴松之自身は「作り話が多い」と評しながら引用している「蜀記」というのがあるんですが、ここでは孔明さん大絶賛されています。「三国志演義」の孔明も、こんな裴松之の注釈を下敷きに生まれたものと思われます。

今読んでいるのは、孔明小説としては正統派なのかなと思われる陳舜臣さんの「諸葛孔明」(中公文庫) です。陳舜臣さんは他に三国志本も書かれてますが(未読)、その上でまた孔明を書いていることに興味を持ちました。季刊「中央公論文芸特集」に1985年秋から1990秋まで連載されていたというので、雑誌連載開始が江森さんの「私説三国志」と同じ時期なんですね。ちょっとビックリ。

それから「劉備くん赤壁オリンピック」(白井恵理子著 メディアファクトリー2008年11月刊)
みなさんあいかわらず可愛らしくお間抜けでした。
帯に「誰も死なない三国志」とあったのが印象的です…。
続きはYAHOO!コミックで読むことが出来ます。

こんな訳で、他のBL本は近頃あまり読んでないんですが、ホワイトハートから柏枝真郷さんの新刊「ホーリー・アップル」が出ていたので買いました。「硝子の街にて」以来、久しぶりのパープル版です。

今年もあまり本の感想を書かずに一年が終わりましたが、来年もまたマイペースでやっていこうと思います。皆様一年間お世話になりました。よいお年を。
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
久々の初読み作家さん
2007-08-12 Sun 01:26
皆さんの予定が合わなくて中々日程が決まらなかったPTAの打合せ、やっと全員集まれる日が決まったと思ったら仕事でドタキャンの方が出たりしてガッカリでしたが、漸く終わりました。後はパソ作業をこなすだけ・・・。気晴らしに(?)ブログのデザインを少し変えてみました。1年半以上全く変更してなかったので、ちょっと新鮮な気持ちになれました。

気晴らしといえば、私の場合やっぱり手っ取り早いのが書店めぐり。このところブログの方も放置気味でしたが、今年になってBL作品の方も新規開拓してないのが気にかかっていました。そこで、いつも読ませていただいてる書評ブログさんで話題になっていた作家さんに食指を伸ばしてみる事にしました。

まずは、崎谷はるひさん。
イラストがコミック版『王の男』の冬乃郁也さんということで
『恋は乱反射する。』角川ルビー文庫 2006年12月発行
を2巻目もまとめて買ってみました。まだ読んでないんですが、楽しみです。

そして、愁堂れなさん。
あきらかに漁師もの、演歌の曲名でも行けそうなタイトルが気になっていた
『北の漁場』 イラスト 山田ユギ
二見シャレード文庫 2007年8月発行
若い頃読んでとっても辛かった『魚影の群れ』(吉村昭著)のトラウマで、漁師さんの話は苦手だったんですが、BLには珍しい職種だという好奇心とユギさんのイラストに惹かれて読む気になりました。こちらも今のところ未読です。

コミックでは、日の出ハイムさん。先頃新装版で出た
『ファ-ラウェ- 』
エンタ-ブレイン ビ-ズラビ-コミックス 2007年7月発行
レトロな集合住宅のようなペンネームの作家さんですが、
お話も何処か懐かしい匂いのするような初々しさが漂う恋の物語です。

初めてではないですが、久しぶりに読んでみたくなった春原いずみさんの医療関係モノ。
『神の右手を持つ男』 イラスト有馬かつみ
徳間キャラ文庫 2007年7月発行
春原さんご自身も医療関係のお仕事に従事さているそうで、描かれる現場の様子にリアリティがあった印象が残っています。私は以前読んだ春原作品で、薄給で過酷な勤務をこなす研修医の大変さを初めて知りました。

後は、続編や新刊を待っていた作家さんの作品、3冊。

『青い鳥』眠る探偵Ⅳ
榎田尤利 著 イラスト 石原理
講談社X文庫ホワイトハート 2007年8月発行

『午前五時のシンデレラ』
いつき朔夜 著 イラスト 北畠あけ乃
新書館ディアプラス文庫 2007年8月発行

『この世異聞』其ノ弐
鈴木ツタ 著 リブレ ビーボーイコミック 2007年8月発行

最後にBLではないけどBL寄りの、あさのあつこさんの作品。
『福音の少年』角川文庫 2007年6月発行
実は初読みでした、あさの作品。前から『バッテリー』が気になりつつ、長そうなので躊躇してたんですが、1冊完結を見つけたので読んでみました。登場する二人の少年が、互いの中に危険なもの感じつつその存在が気になって気になってしかたない、何だか『あふれそうなプール』の入谷と木津を彷彿とさせるようでした。

その石原理さんの『あふれそうなプール』(飛鳥新社Hug文庫)、2巻はいつ発売になるんでしょう? と思っていたんですがこちらで確認したら8月30日になったようです。最初6月に出る予定だったのに、2ヶ月も延びたのは何故なんでしょう。今度はちゃんと出るのかな・・・。
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
木原さんの積読本がまた増えた。
2007-06-22 Fri 02:02
またまた仕事帰りにいつもの書店に寄ってみました。そういえば『あふれそうなプール』の2巻ってまだ出ないのかしら、と思って探したんですが1巻があるのみ・・・。帯にしっかり2巻発売6月10日と書いてあるのに、見当たりません。時間に余裕があったので、ひょっとして売り切れてるのかと少し離れた書店にも寄ってみることにしました。

結局2巻はこちらにも無く、仕方ないので色々物色していたら、新刊でもないのに『TOKYO Otome Road- 東京おでかけガイド』(山本文子著 マッグガーデン2006年7月発行)が平積みされてました。「池袋・秋葉原・新宿・渋谷・中野を中心に、乙女が通うステキショップをご案内」という内容なんですが、何かやっぱりブームなんでしょうか、腐女子とかって・・・。

で、それは別に買わなかったんですが、木原音瀬さんの『脱がない男』(リブレBBN)が上下揃って置いてあったので、迷った末に買ってしまいました。何となく木原さんの本が読めないでいるので、この作品も今までは下巻しか見かけないのを理由にスルーしてたんですが、並んで平積みされてるのを見て思わず手に取ってしまいました。

それにしても、昨年末に出た蒼竜社ホリーノベルズ『吸血鬼と愉快な仲間たち』以来、買っても読んでない木原作品・・・。ネット買いした『HOME』(2003年5月オークラ出版)、古書店で見つけた『Don't Worry Mama』(2005年3月ビブロスBBN)と『FLOEWR』(1999年2月ビブロスBBN)、それからリブレ復刊『WEED』(2007年5月)と新刊で買った『秘密』(2007年4月蒼竜社ホリーノベルズ)と積読のままなのに、また買ってしまいました。

そしてホリーノベルズは新刊が出るようです。明日23日発売予定の『牛泥棒』。続いて8月には『吸血鬼と愉快な仲間たち2』(仮)発売予定だそうです。たぶん読み始めたら次々読んじゃうんだろうと思うんですが、何故だか読み始められない(^^;) 次の新刊に期待か(何を?) 我ながら意味不明のまま、とりあえず買ってしまう木原作品でした。

で、『脱がない男』ってリブレさんなんです。そうです、キャラ名刺プレゼント中なんですよ。ここの書店はA4用紙にコピーした見本を出してくれました。今日は覚悟が出来てたので、冷静でした(笑) 思いきって、山田ユギさんの日下の名刺をいただいちゃいました。やっぱりちょっと恥ずかしくてドキドキしちゃいましたが・・・。そもそもBL本かってる事自体ドキドキものなんでしたが、慣れとはおそろしいですね。

当初の目的の『あふれそうなプール』2巻は、帰ってからこちらで確認したところ、7月に発売が延期になったようです。なーんだ。

別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
仕事帰りの書店にて・・・。
2007-06-19 Tue 22:21
先週末の仕事帰り、いつもの様に職場近くの書店に寄って、『のだめカンタービレ』18巻と、BBN新刊の英田サキさん『いつわりの薔薇に抱かれて』を買いました。今、リブレ1周年記念フェアとして「キャラ名刺プレゼント」というのを実施しているんですね。そんな事ちっとも知らなかったので、書店のカウンターでいきなり「どれか1枚お選び下さい」と名刺を広げられ、動揺して思わず「いりません・・・」と速攻でお断りしてしまいました(笑) どんなキャラの名刺があったのか見る余裕さえありませんでしたので、後でこちらで確認しました。読んだ事あるの山田ユギさん「誰にも愛されない」と鈴木ツタさん「この世、異聞」だけでしたが、日下の名刺ならちょっと欲しかったかも・・・。

しかし今ではだいぶ慣れたとはいえ、BL本を書店のレジカウンターに出すだけでも結構緊張するのに、ビックリしましたわ(^^;) そして、リブレさんにビビらせられたのはこれだけはありません。いつもおじゃましてるblogさんでも話題になってましたが、アンソロジー「エロとじ」・・・。発売予定の情報が出たとき、英田さん、榎田さん、木原さんと、気になる作家さんが名を連ねていたので、タイトルはアレだけどちょっと楽しみにしていました。が、BBN新刊の近くに平積みされた現物って・・・。これを、これをレジに持って行けと言うんですか、リブレさん!? これは何か、その勇気がある読者だけに読む事を許す、という踏み絵の様なものでしょうか、リブレさん(笑) ごめんなさい。思わず後退りしそうになった私に、読む資格はありません・・・。

コミックコーナーに「エロほん」も平積みされてましたけど、「エロとじ」を見た後だったので衝撃度はさほどでもなかったです。まあ、手に取る事は出来ませんが・・・。でも、昨日またこの書店に寄ったら、「エロとじ」の平積み低くなっていました。我が地元にもつわものはいるのですね。

で、昨日は何を買ったかというと角川の雑誌「The Ruby VOL.2」です。これってVOL.1が出たの昨年秋でしたが、季刊にしても半端だし、不定期刊行なのか、年2回なのか、どうなんでしょうね。まあ、それはさておき、何故これを買ってしまったのかというと、「映画化決定!!『タクミくんシリーズ』」という表紙を見てつい(^^;) だってそう言われたら気になりますよね、やはり。だから買ったのに「くわしい情報は、ルビー文庫の挟み込みチラシ、雑誌CIELなどでお知らせしていますので、チェックしてね!」って、表紙に書いといて、その仕打ちは何なんですか、角川さん(怒)

それにしても、映画化するんですね。実写なんでしょうね・・・。この夏には『そして春風にささやいて』が毎年恒例"夏の百冊"として表紙も新たになって発売されるそうです。シリーズ最初のこのお話が高校2年の新学期で、「The Ruby VOL.2」掲載のお話で、やっと3年生の長い夏休みも終わって2学期に突入しました。この作品が小説JUNEで発表されてから20年くらい経つんですが、当時はここまで長く続く(物語時間1年半が)とも、映画化される日が来ようとも思わなかったでしょうね。

この日はもう1冊、今市子さんの『夜と星のむこう』1巻(少年画報社)も買いました。まだ読んでないんですが、BLじゃないのかな。でも楽しみです。
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
BL求めて書店を歩く
2007-03-11 Sun 19:31
先日新宿まで出たついでに紀伊國屋書店さんに寄って来ました。時間がある時は上から下まで見てまわるのですが、この日はとりあえずBL本を探そうと別館の"F o r e s t"へ(笑) 
さすがに都心の大きな書店さんは新刊本の入荷数も凄いですね。人気本が発売日夕刻までに売り切れてしまう事もある我が地元書店とは大違いです。それに地元ではもう見つけられない数年前の発行本も置かれてるのが良いですね。

BLじゃないですが、柏枝真郷さんの『ライバル(2)』(講談社ホワイトハート文庫)出たんですね。それから月村奎さんのデビュー作復刻『WISH』(新書館ディアプラス文庫)も買いました。デビュー作って気になるんですよ。特にBLはちょっと特殊なジャンルなので、作家としてと同時にその方のBL的原点を拝見できるような気がします。

昨年以前発行の作品では、1月20日の書込みへのコメントで美緒さんがご紹介下さった深山くのえさんの『紅蓮のくちづけ』(漫画イラスト西炯子 小学館パレット文庫SP版2006年11月発行)を見つけたました。地元の書店にはもう置いておらず、ネット買いしようかなと思っていたところだったので、嬉しかったです。まだ読んでませんが、歌舞伎で上演された作品のノベライズなので興味深々です。イラストだけでなく、物語の導入部分は西炯子の漫画になっています。

あと、何で買いそびれてたんだろうと思ったのが『好きじゃないけど愛してる4』(南野ましろ著 芳文社花音コミックス2003年10月発行)です。あの続きはどうなったんだろうと、ずーっと思っていたんですが、チェック漏れでした。姉の子である赤子を連れて高校に通う受け君と、同級生の攻め君のバカップルぶりを描いたほのぼのコメディなんですが、能天気なカップルとクールな赤ん坊が何だか好きです。それにしても、4巻が出たことに2年半も気がつかなかったのは何故(^^;)

その他、地元で買った2月3月の新刊本で読んだのは、
秀香穂里『愛執の鎖』(笠倉出版クロスノベルズ)
英田サキ『DEADHEAT』(徳間キャラ文庫)
ホームラン・拳『三十一夜』(角川あすかコミックス)

未読なのは、
木原音瀬『WELL』(蒼竜社ホーリーノベルズ)
榎田尤利 『交渉人は黙らない』(大洋図書シャイノベルズ)
剛しいら『愛を売る人』(成美堂クリスタル文庫)

木原さんは『吸血鬼と愉快な仲間たち』もまだ読んでないんです。実は『リベット』以来未読の旧作も読めてない・・・。お話が痛過ぎたとかの理由ではなくて、カバーを外した後の衝撃から立ち直れてないのかもしれません。そこに描かれていたふたりの一時の幸せな時間・・・。よかったと思う自分と、何故これが必要なのだろうと疑問に思った自分。BLにいった何を求めていたのか、自分の中でちょっと混乱してました。あの時はこのままBL離れ出来ちゃうかもと思ったくらいなのですが、結局今日もBLを読んでいます(笑) そろそろ木原さんも読めるかしら。
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
BL小説は積読本がまた増えました。
2006-12-29 Fri 03:21
先日は漫画について書いた「今年発売で読んだ作品」ですが、11月以降に買った小説についても触れておきます。が、漫画と違って、買ったけれど読んでいない作品も多いです。

まずは購入予定で読んだ本は、
いつき朔夜『八月の略奪者』 新書館ディアプラス文庫 11月
烏城あきら『君にもわかるISO』 二見書房シャレード文庫 11月
秋月こお『嵐の予感』 角川ルビー文庫 11月
ごとうしのぶ『薔薇の下で』 角川ルビー文庫 11月
榎田尤利『きみがいなけりゃ息もできない』(復刻)ビーボーイノベルズ 11月

そして予定通り購入したけどまだ読んでないのは、
木原音瀬『吸血鬼と愉快な仲間たち』蒼竜社ホリーノベルズ 12月

書店で見つけて思わず買ったけれどまだ読んでないのが、
高遠琉加『観賞用愛人』大洋図書シャイノベルズ 9月
月村 奎 『秋霖高校第二寮 (3)』 ディアプラス文庫 10月発行
橘紅緒『朱い熱 私立櫻丘学園寮』大洋図書シャイノベルズ 12月

高遠琉加さんは初めての作家さんですが、
『世界の果てで待っていて』大洋図書シャイノベルズ 2005年9月
を読んでみたいと思っていて、見つからないので新作を買ってみました。
その後古書店でこちらも見つけましたが、どちらも未読です。

月村奎さんも初めてで、ダヴィンチの「このBLに芥川賞」で知った方です。ノミネートされていた『そして恋がはじまる(徳間キャラ文庫 2000年8月)が良かったので、古書店で見つけた
『家賃』ディアプラス文庫 1月と、ちょっと古いのに今年の増刷が書店にあった
『エンドレス・ゲ-ム』新書館ディアプラス文庫 2002年12月
も読んでみました。わりと年の差カップルというか大人と子どもが多いですね。たまたまそういう作品ばかり選んでしまったのかもしれませんが。『秋霖高校第二寮 (3)』は1巻目をゲットできていないので、まだ読んでいません。

そういえば、橘紅緒さんも今年初めて読んだ方です。「私立櫻丘学園寮」シリーズは前2作とも読んでいます。上の作品で完結するらしいのですが、前のお話をちょっと忘れてるので、思い出しつつ読んでみようと思います。どれも読むのは来年になってしまうかもしれません。
別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑top
ホワイトハート発売日
2006-07-03 Mon 23:16
今日は講談社X文庫ホワイトハート新刊の発売日でした。
その中に、ずっと新刊本を待ちわびていた柏枝真郷さんの「硝子の街にて」シリーズの22巻もありました。タイトルは『友-FELLOW-』、シリーズ完結編です。文庫書下ろしで10年続いたお話で、私が読み始めたのはまだ5巻か6巻の頃だったと思います。その時に既刊分を一気に読んで、その後はいつも新刊待ちでした。

人気シリーズなので、職場近くの書店ではすぐ売切れてしまいます。発売日、会社帰りに寄ったら既にアウトだった事があるので、今日はお昼休みに書店に行きました。同じくホワイトハート新刊、榎田尤利さんの『傀儡の巫女』(眠る探偵Ⅲ)と一緒に買って来ましたが、2冊とも帰りだったら危なかったかしれません。近頃何となくBL系文庫の棚が縮小ぎみな感のあるその書店、そもそも入荷冊数が少ないのかもしれない、と少しばかり憂えています。

売切れが心配で新刊本2冊も買ってしまいましたが、我家にはまだ読んでない本もたくさんあります・・・。BL系では、『エス』シリーズや『夜が蘇る』が中々心に迫った英田サキさんの『さよならを言う気はない』(大洋図書セイノベルズ)と、ルビーじゃない一般の角川文庫から出てる『キャバレー』の続編であるという栗本薫さんの『流星サドル』(成美堂出版クリスタル文庫)。

そして、よそ様のBL書評を拝見して是非読んでみたいと思い、2冊まとめて買ってしまったのが、木原音瀬さんの『箱の中』と『檻の外』(蒼竜社ホリーノベルズ)。今まで知らなかった作家さんなんですが、お薦め本として紹介してる方が多いので、楽しみにしています。ついでに木原さんのデビュー作も入っている『セカンド・セレナーデ』(ビブロス)も買ってしまいました。初めて読む作家さんって、デビュー作がとっても気になるんです、特にBL系は。

他にも一般書が何冊かあるので、しばらく新しい本は買わないで楽しめそうです。

別窓 | 書店徘徊・BL全般 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。