スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
DEADLOCK
2007-07-28 Sat 01:12
英田サキ 著 イラスト 高階佑  徳間キャラ文庫
『DEADLOCK』 2006年9月発行
『DEADHEAT』DEADLOCK2 2007年2月発行
『DEADSHOT』DEADLOCK3 2007年6月発行

角川さんの限定カバー作戦に乗ってしまった『そして春風にささやいて』に続いて、徳間さんの小冊子作戦でもう一冊買ってしまったのがこのシリーズ最初の『DEADLOCK』。いつも通ってる書店さんで、平積み最後の一冊だったのを見たら誘惑に勝てずについ(笑)
ニューヨークで麻薬捜査官をしていたユウト・レニックスは、ある日突然同僚殺しの容疑で捕らえられた。冤罪を訴えるが認めらず、15年の実刑を受ける事になったユウトに、FBIが接触して来た。刑務所に潜伏しているテロリストを探し出せば、交換条件として刑務所から出してやると言うのだ。

様々な罪状で収監されている様々な人種の受刑者達。黒人グループのリーダーで暴力的なBB、刑務所内で商売をする気さくなミッキー、思いやりのあるネトと弟のトーニャ、落着いて理知的なネイサン、そして無愛想だが腕が立って皆の信頼も得ているユウトの同室者ディック・・・。偽名を使って受刑者になっているコルブスなるテロリストは、背中に火傷の跡があるという。果たしてユウトはコルブスを探し出すと事が出来るのか。

BBに目を付けられ度々災難に遭うユウトを気にかけてくれるディック。ユウトは次第に彼に惹かれていくのだが、彼の背中には火傷の跡が・・・。そして刑務所内の人種対立が暴動に発展する中で、ユウトはネイサンとディックの秘密を知る事になる。CIAの密命を受け、自らも偽名を使ってコルブスであるネイサンを追っていたディック。FBIの側であるユウトとは対立関係になるが、それと知りつつも二人はお互いの想いを確かめ合う。だがそれが二人の別れの時でもあった・・・。

暴動に乗じて脱獄したコルブスと、彼を追って行ったディック。一方、真犯人逮捕で刑務所を出られたユウトは、刑務所で接触したコルブスの情報を持つことでFBIの捜査官に採用される事になった。本名も知らぬまま別れたディックとも、コルブスを追っていれば必ず会えるはず。そして、ディックを殺人者にさせない為にも、彼より先にコルブスを見つけ出し捕らえなければならない。その想いを胸に、ユウトのコルブスを追う新たな闘いが始まった・・・。
ここまでが『DEADLOCK』のあらすじ。そして2巻以降は、FBIの捜査官として犯罪学者のロブという協力者と共にコルブスを追うユウトと、過去に仲間を殺された復讐を胸にCIAの人間としてコルブスを狙うディック、そして二人に挑戦するようにテロを企てるコルブスとの、ある種三角関係の様な緊迫した物語が繰り広げられて行きます。

昨年初めて『DEADLOCK』を読んだ時は、途中までBLであることをすっかり忘れて読みふけってしまいました。この物語、ユウトとディックがBLな関係ではなくて、ライバル意識の中に友情とシンパシーを感じる関係に留まっていたとしても、充分に面白いのではないでしょうか。BLキャラとしてはユウトより椎葉の方が魅力的だけれど、お話としては『エス』より好きかも知れません。

それに『DEADSHOT』で敵役のコルブスの生い立ちを謎解きのように入れたことで、彼の存在の切なさが描かれたのも良かったです。コルブスという名さえ本名ではなかった彼が、本当の自分をユウトに知って欲しかったのではないか、という事。そしてユウトも、ディックを殺人者にさせない為だけでなく、コルブス自身の為にも彼を助けたかったのではないかという事。そして、追う者追われる者として、互いを必要としていたかのようなディックとコルブスの関係の中にも一種の情愛を感じました。ラスト、ユウトが問いかけるディックへの言葉、私はコルブスの為に泣きました。

ところで、最初に書いた『DEADLOCK』の小冊子は、懲罰房から帰ったユウトから麻薬捜査官だった事を告げられた直後のディックの気持ちを綴ったお話です。物語の結末を読んだ後だと、何だか懐かしいような気持ちになります。それにしても、あのシェルガー刑務所って、殺人犯とかも収監してる刑務所なのに、学生寮みたいですよね。アメリカの刑務所ってあんなに囚人任せの自治なんでしょうか? あれじゃユウトやマシューが簡単にレイプされり、殺人や暴動が起きても仕方ないような気が(^^;)
スポンサーサイト
別窓 | 英田サキ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
いつわりの薔薇に抱かれて
2007-06-26 Tue 22:42
英田サキ 著 / イラスト 石原理
リブレ出版ビーボーイノベルズ 2007年6月発行

『エス』や『夜』シリーズを連想させる「極道系×刑事」モノですが、
前シリーズとはちょっと違う趣向の物語です。
一流ホテルの最高級スイートルームに宿泊する香港の青年実業家、アレックス・ウォン。部屋には専属のバトラー(執事)がついているのだが、他人に周りをうろつかれたくないとサービスを断ろうする。だがアレックスの部屋を担当するバトラー高峰は、何としても担当を外される事なく執事として彼の側にいる必要があった。高峰は、香港マフィアのトップであろうと目されるアレックスを監視する為、ホテルの従業員として潜入している現役の刑事だったのだ。

アレックスから難題を言いつけられる事に苛立ちながらも、執事としての自分を試されいるのだと平静を装って仕事に勤しもうとする高峰に、指導役のベテランバトラーは、刑事である事を忘れ「ウォンさまを大切な恋人だと思って接して下さい」と諭す。職務遂行のため、その忠告を実行しようと覚悟を決めた高峰だったが、アレックスが安眠のために協力してくれと言い出した事とは・・・。
アレックスから信頼を得ていくに従い、高峰の彼への感情は職務とは別のものに変化していく・・・。
香港マフィアの若きトップというと、『夜が蘇る』に登場した息子を誘拐されたママの兄を思い出します。でも、このお話では、アレックスがどの位凄いマフィアで、本国や日本のその筋にどれ程の影響力を持っているのか、今ひとつよくわかりません。舞台の殆どがホテルのスイートルームという私的で優雅な空間であるからなのでしょう。同じように、バトラーに徹しようと覚悟した後の高峰からも刑事らしさが感じられなくなります。中盤までは、ある種の大きな権力を持ちながら暗い影を背負い寂しさをまとうご主人様と、優しく誠実な執事とのラブストーリーです。

しかしその二人がマフィアと刑事として向き合わなければならくなる時、蜜月の時間は終わりを告げます。それでも高峰は刑事としてアレックスの為に出来る事に全力を尽くそうとします。ハッピーエンドではないのかもしれませんが、互いの立場を理解した上で、二人はその想いを共有出来たのではないでしょうか。

「何日君再来」いつの日、君また帰る・・・。父に捨てられ辛い子ども時代を送ったアレックスが、母親から聴かされていた歌。その話を聞いた高峰が口ずさむ場面で、思わず私も一緒に歌っちゃいました。昭和10年代、日中戦争下の「リリーマルレーン」と言われたというこの歌は、アレックスへの想いとともに高峰にとっても大切な歌になりましたが、英田さんもお好きだったんですね。実は、物語よりもこの歌のエピソードが印象の残っちゃいました。

春に放送されたドラマ『李香蘭』で上戸彩さんも歌ってましたが、私はその昔のドラマ化で李香蘭役だった沢口靖子さんの歌で初めて聴き、好きになりました。今では、テレサ・テンさんの中国語のアルバム『夜来香』に入っているのを聴いています。『いつわりの薔薇に抱かれて』とは直接関係ありませんが、この歌については、中薗英助さんの「何日君再来物語」に詳しく書かれています。
別窓 | 英田サキ | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
夜に咲き誇る
2007-04-16 Mon 23:13
英田サキ 著 イラスト 山田ユギ
プランタン出版プラチナ文庫 2007年4月発行
『夜が蘇る』(2005年8月発行)、『夜に赦される』(2006年9月発行)の続編です。
前作までのあらすじ
探偵事務所で働いている秋津には、かつて警視でありながら羽生という極道の情人がおり、彼が殺された事でキャリア警察官の道を捨てた過去があった。亡くなった羽生を忘れられずにいる秋津に近づいてきたのは、組の幹部である極道の久我だった。久我の想いにほだされ、次第に惹かれていく秋津だったが、羽生の死についての衝撃に事実を知る。それでも事情を理解し、ついに秋津は極道として頂点を目指す久我ととも生きる事を決心をする・・・。

そして『夜に咲き誇る』は、自身が極道になるのではないものの、久我と生きる為に極道の世界に足を踏み入れた秋津の葛藤の物語。
秋津と暮らす事に喜びを感じ、組長にも紹介する程でありながら、実は秋津に危険な極道の世界へ深く関わって欲しくないと思っている久我。一方、全てをかけて極道である久我をサポートすると決意した秋津は、恋人としてだけではなく、極道世界を共に生きるパートナーとしても、久我に認められ受け入れられる事を望んでいた。

折りしも、跡目相続の時期が迫っているなか、最有力候補である久我に対し、年少の成上がり者と快く思わぬ古参幹部もおり、その立場は微妙なものがあった。強引に我が道を突き進もうとする久我を心配した秋津は、独断で対立する幹部のもとを訪ねた。極道として筋を通せと迫られた秋津の取った行動は・・・。秋津の思いは久我に届くのか・・・。
著者の英田さんは、極妻(?)となった秋津を「いつかまた書いてみたい」と前作のあとがきに書いておられましたが、とりあえず完結なのかなと思っていたので、続編か出たのはちょっと驚きでした。前作でも、過去を吹っ切れり覚悟を決めた秋津は格好良かったですが、更に男前な行動する秋津を見せていただきました。誰にも変えられなかった久我の態度を体を張って改めさせ、揺ぎ無き次期組長への道をつけさせた秋津。さすが姉さん女房、と言いたいところですが、女じゃないから出来た事ですよね。これぞBLの真髄だと思いました。

それはさておき、最近の加齢による記憶力悪化のせいか、どうも久我・秋津と『エス』シリーズの宗近・椎葉が時折ゴッチャになってしまって困る今日この頃です。特にそれぞれ初めて、秋津が久我の、椎葉が宗近の、マンションを訪れた場面。去年『エス』既刊3冊の後に『夜が蘇る』を読んだ時ははっきり区別出来てたはずなのに、『夜に赦される』の時点で「色事師の槙が出てきたのはこっちの話だっけ?」と怪しくなり、『エス・残光』で再び「どっちだっけ?」と思ったものでした。それから5ヶ月、酒場で槙に再会した場面で、またまた「それは、こっちだったんだ」と再確認する始末・・・。そもそも、羽生と秋津の関係を知って久我が秋津に興味を持った事を思い出せば、何故そこに槙が登場する必要があったのかも思い出せるハズなんです。が、椎葉も秋津と同様に仕事絡みの情報が欲しくて、相手が極道だと百も承知の上でやって来る、という似たシチュエーションなのでどうも記憶があやふやになるようです。

でも秋津と椎葉は結構タイプが違いますよね。現役警察官だけど、椎葉の方が何だか危うい雰囲気があってハラハラさせられたし、何だか乙女でした。考えたら年も大分上のせいか、暗い過去に傷つきながらも秋津は中々しっかり者でしたね。勇み足で危険な目にも遭ってるけど、精神的にドツボに嵌らない強さがあって、久我を甘えさせる度量もあるわけですから、大したものです。久我は秋津のお陰で極道の世界で上を目指せそうですが、宗近は足洗って正解でしたね。
別窓 | 英田サキ | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。