スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
八月の略奪者(ラプトル)
2006-11-15 Wed 00:05
いつき朔夜 著 /イラスト 藤崎一也
新書館 ディアプラス文庫 2006年11月発行

いくつかの書評blogさんの感想を拝見して読んでみたのが、著者の前作『コンティニュー?』(ディアプラス文庫) でした。初めて読む作家さんだったのですが、主人公達の馴初めがBL的にはありがちだけど非現実的なものなのに、仕事についてや職場の人間達は中々リアルに描かれていて、面白く読みごたえがありました。次回作を楽しみにしていたのに、うっかりチェックもれしていて、これまた書評blogさんでこの本が発売になっているのを知りました。

雑誌に掲載された表題作の他、3年後のふたりを描いた書下ろしを所収しています。
「八月の略奪者(ラプトル) 」小説DEAR+ 2005年夏号掲載
高校3年の椋本浩紀は、校外見学で訪れた博物館で、体験学習に使ったアンモナイトの化石を割ってしまう。適当に謝って済まそうとした浩紀を、手を上げてまで本気で叱りつけたのは、おとなしそうに見えた学芸員の香月草一だった。「弁償」の代りに夏休み中ボランティアとして博物館で働く事になった浩紀は、指導者でもある草一にしだいに惹かれていく。人を愛することに臆病になっている草一に、自分の気持ちをきちんと伝えようとする浩紀だったが・・・。

「十二月の暴君(ティラン)」書下ろし
交際3年目、互いに忙しく会える時間は少ないが、ふたりの仲は上手くいっていた。今の幸せを無上のものと感じながらも、就職活動に臨む大学生の浩紀が、やがて普通に家庭を持つ生活を送れるようにと、別れを考え始める草一・・・。
博物館での仕事を通して、しだいに縮まっていくふたりの距離。そして、草一にとって初恋の相手でもあり、今は親友でもある木部の存在。社会人ボランティアとして博物館にやって来る彼と関わることによって、浩紀はいっそう草一への想いを確信していきます。それぞれに草一を思いやる木部と浩紀の接し方や考え方の違いからも、若々しく勇気をもって進む浩紀の真直ぐさが際立ってみえます。それに引きかえ、健気な雰囲気をたたえながら、中々臆病さから抜けられない草一。そういう所が、読者の私にとってはちょっとイライラもするけれど、年下攻めの浩紀くんにとっては、庇護欲をそそるというか可愛い所でもあるようです。

そして今回はまた博物館の学芸員という一般的ではない職業ですが、書下ろしでは環境問題や行政側との対立まで描いていて、実際に起こり得るような具体性がありました。恋愛シチュエーションだけから見ると、わりとありがちな気もしますが、仕事の問題とふたりの関係の変化を上手くからめていて、小説として面白く読ませてもらいました。細かく書き込まれている仕事関係のエピソードや会話も、ちゃんと生かされています。

個人的に身近に感じたのは、書下ろしの環境問題の舞台として登場する「屏風谷」という場所の存在です。旧日本軍の弾薬庫跡で戦後米軍に接収され、数年前に自治体に返還された場所という設定なのですが、同じような旧日本軍の弾薬庫跡が我が地元にもあるんです。こちらは自治体への返還など話にも出ていなくて、期間限定で地元市民に開放される場所に入るのも事前の名簿提出と写真入の身分証明書(パスポートや免許など)提示が必要です。でもその場所は、ニュータウンとして宅地開発された場所に隣接しながら、明治大正以前からの自然が残されています。この作品のなかでも語られているように、米軍に接収されていなければ戦後間もなく宅地開発さていただろうと思います。著者はもしや地元の方かしら?、などと思ってしまいましたが、福岡のご出身なんですね。日本各地にそんな場所が点在していんだなぁと、BLを読みながら米軍基地問題も考えたりしました。

ところで、『コンティニュー?』を読んだ時には見つけられなかったデビュー作品『G1トライアングル』も、書店にあったので一緒に買ってきました。競走馬の騎手と馬主が主人公のお話です。これも中々楽しみです。

「ゲイ&腐男子のBL読書ブログ」さん
「月と凌霄花」さん
へTBさせていただきました。
スポンサーサイト
別窓 | いつき朔夜 | コメント(8) | トラックバック(3) | ↑top
| グラス・エイジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。